『大学英語教育の質的転換』の書評が『日本教育新聞』に掲載されました

『日本教育新聞』7月1日号に『大学英語教育の質的転換―「学ぶ」場から「使う」場へ』(佐藤響子、Carl McGary、加藤千博 編)の書評が掲載されました。評者は大久保俊輝先生(亜細亜大学特任教授)です。「学校を変容させた実践の記録」  書評は日本教育新聞のNIKKYOWEBでもご覧になれます。