変革的知識人としての教師

批判的教授法の学びに向けて

  • ヘンリー・A・ジルー(著)/渡部竜也(訳)/2014年1月
  • 5333円(本体)/A5判上製428頁
  • 装丁:矢萩多聞

権力にとって都合のいい人々を育てる場になってしまった教室の知を疑い、学校の在り方を変革する教師像を探る。パウロ・フレイレの影響を受け、批判的教育学の基礎を築いたジルーの著書、初の邦訳。
(ISBN 9784861103759)

目次|indexs

第1部:学校教育の言語についての再考察
第2部:リテラシー、文章力、声の政治学
第3部:教えること、知的作業、文化の政治学としての教育
第4部:批判と可能性の言語に向けて

著者|author

ヘンリー・A・ジルー
1943年生まれ。ボストン大学、マイアミ大学、ペンシルバニア州立大学の教授を歴任。著書にSchooling for Democracy: Critical Pedagogy in the Modern Ageなどがある。

訳者|translator

渡部竜也(わたなべ・たつや)
1976年生まれ。東京学芸大学教育学部講師。共訳書に『教師のゲートキーピング―主体的な学習者を生む社会科カリキュラムに向けて』(スティーブン・J・ソーントン著、春風社2012)がある。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する