世界初 市民性教育の国家規模カリキュラム

20世紀初期アメリカNEA社会科委員会報告書の事例から

  • 渡部竜也(編訳)/2016年3月
  • 4722円(本体)・A5判上製・236頁
  • 装丁:矢萩多聞

社会科誕生から100年
20世紀初頭に合衆国で誕生し、その後さまざまな民主主義国家で実施された「社会科教育」。
全米教育委員会(NEA)が世界に先駆けて発表した「市民性教育」(=地域社会の成員であることを意識すること)の重要性を説く二つの報告書を翻訳、後の社会科教育への影響を論じる。
(ISBN 9784861104909)

目次|indexes

訳者まえがき
「コミュニティ・シヴィックスの教授」(1915年)―NEA中等教育再編審議会特別委員会報告
まえがき
第Ⅰ部 コミュニティ・シヴィックスの授業のねらいと方法
第Ⅱ部 福祉の諸要素を扱うことについての提案
第Ⅲ部 目録提案
「中等教育における社会科」(1916年)―NEA中等教育再編審議会社会科委員会報告
まえがき
第Ⅰ部 導入
第Ⅱ部 第7学年から第9学年の社会科
第Ⅲ部 第10学年から第12学年の社会科
第Ⅳ部 スタンダード―教師の準備
訳者解説 世界で最初の市民性教育の国家規模カリキュラム―その特質と今日的意義

 

著者|author

渡部竜也(わたなべ・たつや)
東京学芸大学教育学部准教授。広島大学大学院教育学研究科博士課程後期修了。博士(教育学)。訳書に『変革的知識人としての教師―批判的教授法の学びに向けて』(ヘンリー・A・ジルー著、春風社)、『コモン・グッドのための歴史教育―社会文化的アプローチ』(キース・C. バートン、リンダ・S. レヴスティク著、共訳、春風社)、『教師のゲートキーピング―主体的な学習者を生む社会科カリキュラムに向けて』(スティーブン・J・ソーントン著、共訳、春風社)などがある。

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する