素描・杉原千畝

  • 小谷野裕子(著)/2017年3月
  • 1800円(本体)/四六判並製216頁
  • 装丁:長田年伸

平和への願い、祈りと希望―
第二次世界大戦時に多くのユダヤ人を救った外交官・杉原千畝。
彼の心のふるさとや、暮らしたさまざまな国の風景や人々を訪れ、
丹念に集めた新たな知見をもとに、杉原の人柄を描き出す。
(ISBN 9784861105289)

目次|indexes

はじめに
前篇―希望の声―(1986-2002)
「彼らも聴いたその声」(『金色の瞑想』より)
後篇―慈しみのまなざし―(2003-2017)

著者|author

小谷野裕子(こやの・ゆうこ)
1946年中国大連生まれ。
1967年京都女子大学短期大学部英文科卒業。
夫の留学と駐在に伴い、家族でアメリカに住む。
著書に英文エッセイ集From a town on the Hudson(1996年、タトル社)、From the Country of Kimonos(2006年、春風社)およびその日本語版として『金色の瞑想―もうひとつの日本・こころの旅』(2008年、春風社)がある。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する