子どもの〈内面〉とは何か

言語ゲームから見た他者理解とコミュニケーション

  • 杉田浩崇(著)/2017年10月
  • 3700円(本体)/四六判上製358頁
  • 装丁:桂川潤

通常の理解の枠組にはまらない存在である子ども、
特に心的能力がないとされる重度障害をもつ子どもの〈内面〉を知ることはできるか。
コミュニケーションの不確実性、子どもにとっての教育の両義性をウィトゲンシュタインの理論から明らかにし、その方途を示し出す。
(ISBN 9784861105562)

目次|indexes

序章 問題の所在と研究方法
第一章 内面に関する一人称的アプローチの批判
―生命倫理学における還元論的な人格概念をめぐって
第二章 内面に関する三人称的アプローチの批判
―脳科学の可能性をめぐって
第三章 言語ゲームにおいて表出される〈内面〉の位置価
第四章 アスペクトとして顕現する〈内面〉のダイナミズム
第五章 「理由の論理空間」とその裂け目―他者理解の規範的な側面
第六章 〈内面〉に関する語りの道徳と倫理の両義的関係
―ダイアモンドの「現実の難しさと哲学の難しさ」をめぐって
終章 他者理解の機制―表出される〈内面〉とその倫理学的様態
引用および参考文献
謝辞
索引

著者|author

杉田浩崇(すぎた・ひろたか)
1984年滋賀県生まれ。愛媛大学教育学部講師。
広島大学教育学研究科博士課程後期修了(博士(教育学))後、広島大学教育学研究科助教を経て、現職。専門は教育学、教育哲学。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する