エチオピア帝国再編と反乱(ワヤネ)

農民による帝国支配への挑戦

  • 眞城百華(著)/2021年3月
  • 4200円(本体)/A5判上製374頁
  • 装丁:中島衣美

「埋もれた声」を追う
1934年、エチオピア帝政期で最大規模の農民反乱が発生した。エチオピアの支配民族であったティグライ人が起こした「ワヤネ」と呼ばれるこの反乱の背景にあった、政府とティグライ人の対立、ティグライ農民と貴族の関係、エチオピアをめぐるイタリアやイギリスなど列強の意図を、文書史料調査と多数の現地聞き取り調査から探るとともに、会合を通して反乱を組織化する、主体的な農民たちの姿を描く。

(ISBN 9784861107214)

目次|contents

序章
第1章  エチオピアとティグライの政治と社会
第2章  ティグライ州の行政改革と中央政府の介入
第3章  アファール襲撃事件――慣習の復活と帝国軍による鎮圧
第4章  ワジラット事件――州政府と農民の武力衝突
第5章  ワヤネの組織と展開
第6章  ワヤネ――「反乱」への転化
第7章  ワヤネの帰結と中央集権化の確立
終章   ワヤネと農民

参考文献
インフォーマント一覧
用語解説
索引

著者|author

眞城百華(まき・ももか)
上智大学准教授。エチオピア史、アフリカ研究。
主な著作に、「民族の分断と地域再編――ティグライから見たエチオピアとエリトリアの100年」(小倉充夫編著『現代アフリカ社会と国際関係――国際社会学の地平』、有信堂、2012年)、「戦う女性たち――ティグライ人民解放戦線と女性」(石原美奈子編著『現代エチオピアの女たち――社会変化とジェンダーをめぐる民族誌』明石書店、2017年)、「北東アフリカにおける脱植民地化と国際秩序の再編――イタリア植民地処理と地域対立の萌芽」納家政嗣・永野隆行編『帝国の遺産と現代国際関係』勁草書房、2017年)など。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する