一九四〇年代素人演劇史論

表現活動の教育的意義

  • 小川史(著)/2021年3月
  • 5000円(本体)/A5判上製336頁
  • 装丁:長田年伸

演劇を通して表現することをめぐる、自発的・主体的なあり方とは?
明治末期に民衆芸術として生まれ、昭和期の戦時体制で用いられた素人演劇の変遷を、その特性や社会状況から克明に考究。演劇と表現活動に含まれる教育的な意味を検討し、生活に根ざした表現による自他理解の様相を描き出す。

(ISBN 9784861107177)

目次|contents

はじめに
序論
第1節 研究の課題と意義
第2節 先行研究および資料
第3節 本書の構成
第1章 素人演劇の前史
第1節 地域への新劇の波
第2節 坪内逍遥の公共劇
第3節 素人演劇の戯曲分析
第2章 戦時下における素人演劇運動――自発性をめぐる総動員体制のジレンマ
第1節 素人演劇運動の誕生
第2節 演劇行政の展開
第3節 素人演劇運動の展開
まとめ
第3章 素人演劇運動の理論
第1節 理論の全般的傾向
第2節 生活協同化の推進
第3節 生活感情の表現
第4節 「生活訓練」の場としての舞台
まとめ
第4章 戦時下素人演劇運動の実際
第1節 地域における素人演劇運動の実態
第2節 素人演劇の戯曲に見る「新体制」の提示
第3節 素人演劇の指導と練習過程
第4節 上演における統合の様態――「観衆の導き方」から「国民の導き方」へ
まとめ
第5章 敗戦直後の素人演劇と表現の獲得
第1節 敗戦をめぐる経験の差異
第2節 敗戦直後の風景
第3節 民衆の精神的危機と演芸
第4節 農村における演劇活動――表現の獲得
まとめ
第6章 戦後労働者の素人演劇――自立演劇の展開過程
第1節 自立演劇をめぐる教育的な問題状況
第2節 自立演劇の成長と転換
第3節 自立演劇をめぐる諸問題
まとめ
第7章 演劇を通した表現と関係性への問いかけ――自立演劇の実践
第1節 労働者にとっての経験と表現
第2節 自立演劇の指導をめぐる問題
第3節 労働者の演劇実践
第4節 日常と関係性の捉え直し
まとめ
結論
あとがき

著者|author

小川史(おがわ・ちかし)
横浜創英大学こども教育学部教授。専門分野は社会教育史・演劇教育。早稲田大学大学院教育学研究科博士課程修了、博士(教育学)。主な著書・論文に『野の語り部――桑の里にひびきあう今むかし』(筑波書房)、「戦時下における素人演劇運動の研究――自発性をめぐる総動員体制のジレンマ」(「早稲田教育評論」18(1))、「平澤計七の戯曲にみる労働者の主体と暴力」(「社会教育学研究」51(2))。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する