漱石論集こゝろのゆくえ

  • 斉藤恵子(著)/2021年11月
  • 4500円(本体)/四六判上製函入576頁
  • 装丁:矢萩多聞

我われは何者か
ライフワークとして60年間漱石を読み込んできた畢生の論集。漱石はいかに読まれ、論じられてきたのか、その魅力と時代の諸相に迫る。
(ISBN 9784861107634)

目次|contents

はじめに
第1章 ジェイン・オースティン『高慢と偏見』―微苦笑の真理
第2章 夏目漱石のスウィフト論について
第3章 『趣味の遺伝』の世界
第4章 漱石と外国文学
第5章 一九世紀ヨーロッパ文学と『三四郎』
第6章 漱石とピトロクリ
第7章 「アマランス」考
第8章 評釈『薤露行』
第9章 内と外からの夏目漱石
第10章 世紀末と漱石
第11章 漱石研究文献批評
第12章 夏目漱石研究の現状
第13章 書評 岡三郎著『夏目漱石研究』
第14章 書評 江藤淳著『漱石とアーサー王傳說―『薤露行』の比較文学的研究』
第15章 書評 森亮著『小泉八雲の文学』
     書評 小島信夫著『私の作家遍歴』
第16章 書評 塚本利明著『漱石と英文学―『漾虚集』の比較文学的研究』
第17章 書評 池田美紀子著『夏目漱石 眼は識る東西の字』
第18章 池田美紀子書評訂正・補遺
第19章 二つのKOKORO―マクレラン訳と近藤いね子訳
第20章 シンガポールの『こゝろ』シンポジウム
第21章 『こゝろ』は日本でどのように読まれてきたか
第22章 『こゝろ』と聖書の世界
終 章 「いのち」と「こころ」
あとがき

初出一覧
参考文献一覧
付録 Kokoro and the Biblical World
人名索引/漱石作品索引

著者|author

斉藤恵子(さいとう・けいこ)
大妻女子大学名誉教授。専攻は英文学、比較文学、比較文化。1936年大連市生まれ。1959年お茶の水女子大学英文科卒業。1963年東京大学教養学部教養学科イギリス分科卒業。1973年東京大学大学院比較文学比較文化専攻博士課程単位取得満期退学1979年4月~1999年3月共立女子大学家政学部・文芸学部勤務。1999年4月大妻女子大学比較文化学部長就任。2009年大妻女子大学退職。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する