レリギオ

〈宗教〉の起源と変容

  • 三上真司(著)/2015年7月
  • 3000円(本体)/四六判並製・390 頁
  • 装丁:矢萩多聞

religioに隠された秘密とは?
「宗教」を意味するreligion の語源であるラテン語「レリギオ」religio は、本来なにを意味したのか。
聖書、アウグスティヌスから、ニーチェ、アレントらの議論までをたどり、その謎に迫る。
(ISBN 9784861104527)

横浜市立大学新叢書「発刊の辞

☆書評サイト「HONZ」で紹介されました☆

目次より|indexes

第1章 Religioの本来の意味と二つの極
第2章 Religioの原初の極―その起源と意義
第3章 家族「宗教」の消滅と一神教の生成
第4章 ディオニューソスあるいはreligioの分裂

著者|author

三上真司(みかみ・しんじ)
1958 年(昭和33)年生まれ。横浜市立大学国際総合科学部教授。主な著書・翻訳書に『もの・言葉・思考―形而上学と論理』(東信堂2007)、『正典の再構築』(彩流社2004)など。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する