空海に学ぶキャリアデザイン

  • 益田勉(著)/2020年10月
  • 3500円(本体)/四六判並製268頁
  • 装丁:桂川潤

宗教的・文化的に日本を代表する偉人・天才としての空海ではなく、「衆生」の一人として自らの航路を切り開いていった空海の人生を辿る。

(ISBN 9784861107054)

目次|contents

まえがき
第1章 空海とキャリアデザイン
第2章 二十四歳の転機
第3章 空海の山林修行
第4章 長安の一年
第5章 不惑の歳の前後
第6章 東寺と高野山
第7章 十住心思想とキャリアデザイン(1)
第8章 十住心思想とキャリアデザイン(2)
参考・引用文献
あとがき

著者|author

益田勉(ますだ・つとむ)
1952年静岡県生まれ。1976年に東京大学文学部卒業、株式会社リクルート入社。1999年に同社退職、人事教育コンサルタント開業。2002年に筑波大学大学院修了、修士(経営学)。2008年より文教大学人間科学部講師。2019年に高野山大学大学院修了、修士(密教学)。現在、文教大学人間科学部教授。
著書に『キャリアの探索と形成――キャリアデザインの心理学』(文教大学出版事業部、2011年)、『日々の生活に役立つ心理学』(共著、川島書店、2014年)、論文に「キャリア選択行動に対するキャリア志向性の影響」『経営行動科学』2002年、「キャリア・アダプタビリティと組織内キャリア発達」『人間科学研究』2008年、「高齢者のキャリア意識」『人間科学研究』2016年、「空海のキャリア選択(1)――24歳の転機」『人間科学研究』2019年、ほか。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する