永遠なるカミーノ―フランス人作家による〈もう一つの〉サンティアゴ巡礼記

永遠なるカミーノ

フランス人作家による〈もう一つの〉サンティアゴ巡礼記

  • ジャン=クリストフ・リュファン(著)、今野喜和人(訳)/2020年2月
  • 2500円(本体)/四六判並製242頁
  • 装丁:長田年伸

スペイン国境に接したフランスの町を発ち、メインルート〈フランス人の道〉ではなく、比較的マイナーな〈北の道〉と〈プリミティボの道〉を経て、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラまで踏破する。ゴンクール賞受賞のベストセラー作家による、ユーモアと批評精神に満ちた稀有なサンティアゴ巡礼記。
(ISBN 9784861106743)

目次|contents

組織
出発点
なぜ?
カミーノ恋愛事情
旅立ち
街中の野蛮人
秘密の野宿一泊目
キャンパー巡礼者の幸運と不運
孤独
セナルーサでの晩課
マラソンもサンティアゴも同じ戦いだ!
ビルバオ
カンタブリアの渡し船で
パイプラインの神
汚された名所たち
導師の巣窟で
海岸との別れ
カンタブリア―つましさの学校
カミーノの蒸留器の中で
時代の底のアストゥリアス
バッカスと聖パウロ
キリスト教世界の見事な一断面
アルフォンソ二世とブッダの足跡を辿って
出会い
カミーノの頂点で
森の中の出現
ガリシア! ガリシア!
古代ローマの夜
道に迷う
フランス人の道
最後の試練
到着

著者・訳者|author and translator

【著者】ジャン=クリストフ・リュファン(Jean-Christophe Rufin)
1952年フランス生まれ。医師、作家。「国境なき医師団」主要メンバー。1997年『太陽王の使者』でゴンクール処女長篇小説賞、2001年『ブラジルの赤』でゴンクール賞を受賞。その後も様々な国と時代を舞台にしたドラマチックな小説をコンスタントに執筆し、その多くがベストセラーになっている。本作の後に出版した『赤い首輪』(2014年)はモーリス・ジュヌヴォワ賞を受賞し、映画化もされた(邦題『再会の夏』、2019年日本公開)。

【訳者】今野喜和人(こんの・きわひと)
静岡大学人文社会科学部教授。東京大学人文科学研究科博士課程満期退学。博士(文学)。専門はフランス文化および比較文学文化。著書に『啓蒙の世紀の神秘思想―サン=マルタンとその時代』(東京大学出版会、2006年)、編著に『翻訳とアダプテーションの倫理―ジャンルとメディアを越えて』(春風社、2019年)、翻訳にサン=マルタン『クロコディル―18世紀パリを襲った怪物』(国書刊行会、2013年)など。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

「出会い」という名の劇場―演劇に生きて

「出会い」という名の劇場

演劇に生きて

  • 岡田正子(著)/2017年5月
  • 2100円(本体)/四六判上製286頁
  • 装丁:矢萩多聞

劇場に集う、すべての人へ
五十年にわたってフランス戯曲の演出・翻訳を中心に活動を続けてきた著者。
演技メソッド「ベラ・レーヌ・システム」の秘訣や、ニコラ・バタイユ、観世寿夫、坂東玉三郎など、多彩な劇界の人々との交流を振り返るとともに、演劇人としての信念を綴る。
(ISBN 9784861105517)

目次|indexes

〈第一章〉ベラとともに
心のなかのせりふ
日本でのベラの歩み
ベラ・システムによる作品へのアプローチ
〈第二章〉さまざまな出会い
坂東玉三郎――舞台の魔術
深川定次――超一流の職人
ジャン・ルイ・バローと観世寿夫――遠大なビジョン
ニコラ・バタイユのプロフィール――ベラ・システムの立証
不条理劇に対する二コラ・バタイユの解決法――様式・技法・想像力
〈第三章〉『私は太田、広島の川――朝は、夜の闇に包まれた』を巡って
『私は太田、広島の川』を支えてくれた人たち
アレーグルの劇的構造
最後の役作り――追悼・西本裕行
土地の力を借りて――『私は太田、広島の川』広島公演
上演台本:『私は太田、広島の川――朝は、夜の闇に包まれた』

著者|author

岡田正子(おかだ・まさこ)
演出家・翻訳家。1929年、東京生まれ。文化学院(大学部文科)卒。52年に渡仏、ベラ・レーヌ・システム(演技の基礎訓練)を学び、宝塚歌劇団等での演劇講師や、本邦初演のフランス戯曲の翻訳・演出を手がける。96年、フランス政府より芸術文化勲章(シュヴァリエ)、2011年、フランス劇作家・劇作曲家協会よりボーマルシェ賞を授与。主な著書に『ベラ・レーヌ・システム』(フランス演劇クレアシオン)など。

この本を注文する

AMAZONで注文する HONTOで注文する 楽天ブックスで注文する

画文集 旅の貼り絵(コラージュ)

画文集 旅の貼り絵(コラージュ)

  • 安田彰(著)/2017年5月
  • 1750円(本体)/菊判上製234頁
  • 装丁:桂川潤

鎌倉、富士山、ニューヨーク、モスクワ……
旅や遊びに興じれば、新たな世界と自分に出会う。
日本や世界各地の名所や風習、彩りある人々のくらしを生きた文化として見つめ、詩情あふれる貼り絵を添えてつづる。
(ISBN 9784861105463)

目次|indexes

まえがき
美しき日本
ヨーロッパの窓から
ニューヨークだより
読書の木陰
和の万華鏡
たかが趣味、されど趣味
あとがき

著者|author

安田彰(やすだ・あきら)
1946 年東京生まれ。1969 年東京外国語大学ロシア語科卒業後、株式会社日本交通公社(現JTB)入社。海外旅行・国内旅行業務に携わり、モスクワ、ニューヨークに駐在。アメリカ法人JTB Americas副社長、JTB 人事部長・取締役、JNTO(日本政府観光局)理事等を経て、2009 年より亜細亜大学経営学部教授(トラベル&ツーリズム)。主要著書に『観光ホスピタリティ読本』(JTB 総合研究所)ほか。

この本を注文する

AMAZONで注文する HONTOで注文する 楽天ブックスで注文する

母のアルバム

母のアルバム

  • 伊藤政子・田中典子(著)/2016年12月
  • 1800円(本体)/A5判上製152頁
  • 装丁:長田年伸

娘、妻、母――ある「女性」の物語

幼い頃の実家の呉服屋の賑わい、戦中の女学校時代の勤労動員、
実らなかった恋、結婚生活の苦労……。知的障害のある子供を
持った母の人生。
昭和・平成を生きたひとりの女性の軌跡を写真と文で綴る。
(ISBN 9784861105234)

目次|indexs

Ⅰ 子供から娘へ(0歳-20歳)
Ⅱ 結婚し母になる(21歳-28歳)
Ⅲ 京子と共に(29歳-33歳)
Ⅳ 娘たちの成長(34歳-58歳)
Ⅴ 夫と歩む(59歳-72歳)
Ⅵ 老いていく(73歳-83歳)

著者|authors

伊藤政子 (いとう・まさこ)
1930(昭和5)年、神奈川県生まれ。三崎小学校(尋常科)、横須賀高等女学校(現横須賀大津高等学校)、共立女子専門学校(被服科)卒業。23歳で伊藤巖と結婚、24歳で典子、29歳で京子を出産。2014年、83歳没。
田中典子 (たなか・のりこ)
1954(昭和29)年、東京生まれ。早稲田大学大学院修士課程修了(英文学)。ランカスター大学博士課程修了(言語学、Ph.D.)。明海大学教授を経て、現在、清泉女子大学教授。著書に『父のアルバム』(2015年、春風社)など。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

山ふたり― 関東・尾瀬・熊野編

山ふたり

関東・尾瀬・熊野編

  • 三輪敏広・三輪和恵(著)/2016年5月
  • 2400円(本体)・A5判並製・320頁+カラー口絵8頁
  • 装丁・レイアウト:矢萩多聞/カバーイラスト:たけなみゆうこ

山を愛してやまなかったふたりの記録、最終章
予想外のトラブルもふたりなら楽しい。夫婦で歩く山。今回は、天城・丹沢、奥秩父、大菩薩嶺、四阿屋山、両神山、谷川連峰など。
(ISBN 9784861105104)

目次|indexes

関東の山
残雪に一等三角点のある天城・丹沢を訪ねる/ 大菩薩連嶺を縦走する/30年来の憧れ、奥秩父/ 晩秋の武甲山、四阿屋山、両神山…など
尾瀬の山
尾瀬ケ原ハイキング・燧ケ岳登山/奥利根源流の秘峰・平ガ岳へ…など
熊野古道
初冬の熊野古道 小辺路を歩く/熊野古道 小辺路 高野山~本宮…など

著者|authors

三輪敏広(みわ・としひろ)
昭和16年北海道生まれ。昭和47年診療放射線技師となる。同年和恵と結婚、1男3女あり。平成12年5月多発性骨髄腫と診断され、平成18年7月病没。
三輪和恵(みわ・かずえ)
昭和24年石川県生まれ。昭和47年敏広と結婚。夫唱婦随、はがき絵が趣味。
著書に『多発性骨髄腫を生きる1』『多発性骨髄腫を生きる2』『夫婦お遍路(上)』『夫婦お遍路(下)』『白山に行こう―夫婦で歩いた山の記録1』『白山でのんびりと―夫婦で歩いた山の記録2』『白山をみつめて―夫婦で歩いた山の記録3』『山ふたり―北海道・東北・九州編』『山ふたり―北アルプス編』『山ふたり―中央・南アルプスほか編』『山ふたり―鈴鹿・大峰・四国・山陰編』『山ふたり―新潟・富山・福井・長野編』(以上、すべて春風社)がある。

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

山ふたり―新潟・富山・福井・長野編

山ふたり

新潟・富山・福井・長野編

  • 三輪敏広・三輪和恵(著)/2016年5月
  • 2400円(本体)・A5判並製・288頁+カラー口絵8頁
  • 装丁・レイアウト:矢萩多聞/カバーイラスト:たけなみゆうこ

山を愛してやまなかったふたりの記録、最終章
ふたりで山を歩けば、つらいことも病も忘れて元気になれる。夫婦で歩く山への旅。最終巻は、妙高連峰、雨飾山、権現岳など。
(ISBN 9784861105111)

目次|indexes

新潟の山
猛暑の妙高連峰ハイキング/初冬の権現岳を登る/ 紅葉の黒姫山/ 米山、越後駒ガ岳へ…など
富山の山
紅葉を求めて 白木峰、小白木峰、金剛堂山/片貝山荘から僧ケ岳 毛勝山/信仰の山からレジャーの山・牛岳…など
福井の山
「日本百名山」の一峰 荒島岳を訪ねる/若狭富士を登る…など
長野の山
高妻山・戸隠山/日本武尊の神話が伝わる四阿山…など

著者|authors

三輪敏広(みわ・としひろ)
昭和16年北海道生まれ。昭和47年診療放射線技師となる。同年和恵と結婚、1男3女あり。平成12年5月多発性骨髄腫と診断され、平成18年7月病没。
三輪和恵(みわ・かずえ)
昭和24年石川県生まれ。昭和47年敏広と結婚。夫唱婦随、はがき絵が趣味。
著書に『多発性骨髄腫を生きる1』『多発性骨髄腫を生きる2』『夫婦お遍路(上)』『夫婦お遍路(下)』『白山に行こう―夫婦で歩いた山の記録1』『白山でのんびりと―夫婦で歩いた山の記録2』『白山をみつめて―夫婦で歩いた山の記録3』『山ふたり―北海道・東北・九州編』『山ふたり―北アルプス編』『山ふたり―中央・南アルプスほか編』『山ふたり―鈴鹿・大峰・四国・山陰編』『山ふたり―関東・尾瀬・熊野編』(以上、すべて春風社)がある。

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

父のアルバム

父のアルバム

  • 田中典子(編)・伊藤 巖(写真・文)/2015年9月
  • 1800円(本体)A5判上製・146頁(写真枚数60枚)
  • 装丁:長田年伸

愛された記憶は、その後さまざまな困難に出遭った時、大きな力になってくれた。
娘の成長を写真と文で綴ったアルバム。
そこに残された家族の断片は、懐かしい「昭和の家族」を映し出す。
今より「不便」だが不便とも思わなかった時代のささやかな記録が、大切な何かを教えてくれる。
(ISBN 9784861104671)

 

編者|editor

田中典子(たなか・のりこ)
昭和29年、東京生まれ。早稲田大学大学院修士課程修了(英文学)。ランカスター大学博士課程修了(言語学、Ph.D.)。現在、清泉女子大学教授

写真・文|photographer&author

伊藤巖( いとう・いわお)
大正8年、東京生まれ。昭和16年、早稲田大学商学部卒。昭和17年、日本鋼管株式会社入社。昭和28年、34歳で結婚、翌年典子誕生。61歳で退職。82 歳没。

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

神奈川ゆかりの作家たち

神奈川ゆかりの作家たち

  • 最賀進(著)/2015年7月
  • 1500円(本体)/四六判並製・130頁
  • 装丁:矢萩多聞

読んで、味わい、ぶらっと神奈川。日本文学再発見。
多くの文豪が訪れ、暮らし、愛した神奈川。
神奈川ゆかりの文豪20人の代表作5編を選び、魅惑の書き出しを掲載。
ゆかりの地のエピソードをほのぼのとしたイラスト付きエッセイで紹介。作家名とゆかりの地を印した地図付。
(ISBN 9784861104626)

 

本書登場の作家とゆかりの地
川端康成(由比ヶ浜)/芥川龍之介(鵠沼海岸)/夏目漱石(塔頭帰源院)/尾崎紅葉(江ノ島)/吉川英治(伊勢佐木町)/泉鏡花(岩殿寺)/有島武郎(旧横浜税関庁舎)など…20名

著者|author

最賀進(さいが・すすむ)
1930年東京都品川区生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、文藝春秋入社。宣伝事業局長を経て、1988年定年退職。その後、(有)SAIGAハウスを設立、広告代理業を営み、現在に至る。

イラスト|illustrator

得地直美(とくち・なおみ)
イラストレーター。書籍、雑誌を中心に活動。主な仕事に『本屋図鑑』(夏葉社)、『突撃! よこはま村の100人―自転車記者が行く』(春風社)など。

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

映画はやめる―パトリス・ルコント、自作を語る

映画はやめる

パトリス・ルコント、自作を語る

  • パトリス・ルコント(著)/ユベール・プロロンジョ(聞き手)/桑原隆行(訳)/2015年3月
  • 3800円(本体)/四六判上製・500頁
  • 装丁:矢萩多聞

映画ファン必携の書。本邦初訳!
『髪結いの亭主』『橋の上の娘』そして新作『暮れ逢い』。
傑作を生み出しつづけてきた巨匠パトリス・ルコントが映画にかける思いをインタビュー形式で語る。
業界に入ったきっかけや、新たなジャンルへの意気込み、女優ヴァネッサ・パラディら共同作業者についてなど、その映画術と創作生活をふりかえる。

(ISBN 9784861104336)

★好評既刊★
ショートカットの女たち
リヴァ・ベラ
愉しみは最後に

目次よりtable des matières

初めての映画から閉め出され
スプランディッドに救われて
ミシェル・ブランと三本はない
新しいことに移るための刑事もの映画
作家の誕生
三つの成功から三つの失敗へ
一度笑いものになってもいつまでも人から馬鹿にされるわけではない
…など

著者|auteur

パトリス・ルコント(Patrice Leconte)
フランスの映画監督。『レ・ブロンゼ』、『仕立て屋の恋』など喜劇から恋愛劇、アニメーション映画まで幅広く製作。近年では小説家としても活躍している。

聞き手|interrogateur

ユベール・プロロンジョ(Hubert Prolongeau)
フランスのジャーナリストにして作家。

訳者|traducteur

桑原隆行(くわはら・りゅうこう)
福岡大学教授。著書に『フェティシズムの箱』(大学教育出版)。『ショートカットの女たち』、『リヴァ・ベラ』などルコントの小説を邦訳し、国内に紹介している。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

人生の請求書

人生の請求書

  • 石橋幸子(著)/2014年7月
  • 1300円(本体)/A5判上製150頁
  • 装丁:南伸坊

小さな出版社を立ち上げた女性専務の、切なく可笑しくたくましいおひとりさま人生
九十九里の漁村から東京へ出て、誰にもよりかからず、一途に生きてきた。仕事のこと、ふるさとのこと、家族のこと。日常のなかに淡く降り積もるものをつづる。
(ISBN 9784861104107)

推薦文・岸田秀氏
貧しい漁村に生まれ、ぐうたらな親父のもとで育ち、普通の高校へも行けなかった女の子。あちこち寄り道したあと、出版社を立ち上げ、還暦を過ぎて、幼い頃からの人生を振り返った。断片の寄せ集めのようでありながら、一貫した人生観が滲み出ており、どこでこのような深みのある思想と流麗な文章を身につけたのか不思議な気がする。

著者|author

石橋幸子(いしばし・ゆきこ)
千葉県九十九里の漁村生まれ。15歳で働きはじめ、いくつかの職を経て出版社に勤務。会社の倒産を機に同僚2人と春風社を起こし、以後15年間、社の経営を力強く支える。好きな仕事は請求書の作成。現在、専務取締役兼営業部長。

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する