ことばのポトラック

ことばのポトラック

  • 大竹昭子(編)/2012年3月
  • 1800円(本体)/変型判並製400頁
  • 装丁:矢萩多聞/装画:たけなみゆうこ

3・11以後、詩人、作家、写真家が東京のライブハウスに「持ち寄り(ポトラック)」、発表した新作詩・エッセイ・小説・写真を完全収録。震災・原発事故のショックのさなかで言葉を手さぐりし、人々と被災地に向けてつむいだアンソロジー! 谷川俊太郎、穂村弘、岡井隆、角田光代、片岡義男、佐々木幹郎、畠山直哉、古川日出男、堀江敏幸、ル・クレジオほか超豪華な執筆陣!
(ISBN 9784861103100)

ブログ「ことばのポトラック」こちら
大竹昭子さんのブログ「大竹昭子のカタリココ」こちら

目次より|indexs

かなしみをのりこえるために
ことばという橋をわたって
女詩会
声がつなぐ短歌
東北を想う、東北を歌う
ふるさとと写真
詩と散文のあいだ

編者|editor

大竹昭子(おおたけ・あきこ)
文筆家。1950年東京生まれ。紀行、写真、エッセイ、小説、美術館散歩、街歩きなどジャンルにかまわず、書きたいものを書いてきた。2007年にトークと朗読の会「カタリココ」をスタート、大震災後に「ことばのポトラック」を提唱し継続中。近著は、写真に関するものに『この写真がすごい』『彼らが写真を手にした切実さを』、小説に『図鑑少年』『随時見学可』『ソキョートーキョー』。最新刊は書評エッセイ『読むとだれかに語りたくなる』。

著者|authors

Ayuo、石川美南、稲葉真弓、大竹昭子、岡井隆、温又柔、角田光代、片岡義男、唐作桂子、河瀨直美、清岡智比古、くぼたのぞみ、栗木京子、小池昌代、佐々木幹郎、ヴァルデマル・サンチアゴ、アツコ・バルー、レナ・ジュンタ、管啓次郎、スズキコージ、関口裕昭、デビット・ゾペティ、高橋ブランカ、高橋睦郎、谷川俊太郎、旦敬介、長島有里枝、畠山直哉、ピエール・バルー、東直子、平田俊子、文月悠光、古川日出男、穂村弘、堀江敏幸、閒村俊一、ミーヨン、南映子、森村泰昌、J.M.G.ルクレジオ、早稲田短歌会

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

風景は光に揺れて

風景は光に揺れて

  • 土屋千鶴/2011年11月
  • 1429円(本体)/四六判・並製・176頁
  • 装丁:長田年伸

時を超えた風景の軌跡を大胆かつ繊細に紡ぐ。
土屋作品では、人間と風景とは正面から互角に対峙している。風景が人間と同じような、生き物の一つとして対象化されているといってもいい。[解説(岡部史)より]
(ISBN 9784861102936)

目次より│indexs


物語の始まり
風景
道行

曲線
丘の家族
蜜柑の香

学校坂
父母
明滅
解説(岡部史)
あとがき

著者│author

土屋千鶴(つちや・ちづる)
1953年11月14日、三重県生まれ。
1972年、京都女子大学文学部国文学科入学。
在学中、「京女大短歌会」に入会し作歌を始める。
1979年、「塔」短歌会入会。
現在、横浜高等教育専門学校講師「国語学」担当。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

詩集 貘のマラソン

詩集 貘のマラソン

  • いとうのぼる/2011年4月
  • 1300円(本体)/四六判並製・120頁
  • 装丁:矢萩多聞/装画:宇田川民生

生のときが澄み、したたる言葉が詩となる。ゆたかなときへ誘う詩群。
(ISBN 9784861102707)

「秋田さきがけ」(2011年4月24日)に書評記事が掲載されました。

目次|indexs


見えないもの


貘の遠吠え
君の残したもの
いじめにあう君へ
親と居ない安全
流派…自己流
土と僕と不揃い野菜
……他多数

著者|author

いとう・のぼる
日本詩人連盟会員。1945年生まれ。秋田県出身。
民間企業に勤務のかたわら、サトウハチロー「木曜手帖」で詩を学ぶ。
作詩を田口徹・嶋ただし他に提供。田口徹・本間ゆかり他が歌う。
詩集『貘のマラソン』は『貘の昼寝』『貘の散歩』に続き貘シリーズ三作目。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

ベイビーリズム

ベイビーリズム

  • せきあき子(著)/2010年9月
  • 1200円(本体)/四六判・並製・88頁
  • 装丁:後藤葉子

「踊る粒である私は/同時に/光であり、海であり/小石であり、コップであり/そこのあなたであり、/森である。/そんな自由を手にしています」。世界と私を見つめることから生まれたかろやかな詩画集。
(ISBN 9784861102387)

目次|indexes

LOVE
midnight sun
街路樹に聞け
ベイビーリズム
白いあさって
ぬくもり
月のいかり

立ったまま埋めてくれ
みち
soil
問い
しあわせは
あおぐ

まる
職業
バックグラウンドミュージック

著者author

せきあき子(せき・あきこ)
1976 年埼玉生まれ、立教大学文学部心理学科卒。
治癒や教育のほんとうを知りたくて絵や詩を書き始める。
現在、イラストレーター、切り絵作家としても活動中。
川崎市麻生区にて、レインボーヒルズKiRiEクラブを主宰。
ブログ「つねならむーん

「踊る粒である私は/同時に/光であり、海であり/小石であり、コップであり/そこのあなたであり、/森である。/そんな自由を手にしています」。世界と私を見つめることから生まれたかろやかな詩画集。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

イグルス村の鐘の音

イグルス村の鐘の音

  • 柴田頼子 著/2007年8月
  • 1429円(本体)/四六判並製・150頁

「柳揺れ睡蓮二つ薄日さす漫ろ歩きぬモネの庭園」。旅と音楽を愛する著者が、パリ市内から中国の高山まで世界31ヶ国の情景を軽やかに詠う。チェロ奏者ロストロポーヴィッチ氏との交流も。異国情緒あふれる歌集。
(ISBN 9784861101212)

目次|indexs

Ⅰ ボストン生活
Ⅱ イグルス村の生活
Ⅲ 旅
柴田頼子さんと私 みなみらんぼう

著者|author

柴田頼子(しばた・よりこ)
昭和一三(一九三八)年三月一五日、宮崎市に出生。
四歳から小学四年生まで福岡市に、小学五年生から短大(宮城学院女子短期大学保育科。現、宮城学院女子大学)卒業まで仙台に住む。ひこばえ幼稚園(杉並区)、宮城学院幼稚園、Y・W・C・A(仙台市)、みどり幼稚園(新潟市)の幼稚園教師を務める。一九六〇年、柴田昭と結婚。二男一女を儲ける。仙台市に一〇年、秋田市に六年(このあいだに、一年間ボストンとインスブルック郊外のイグルス村に住む)、新潟市に三〇年余り住む。現在、長男は松本、娘一家(孫二人)はボストン、次男は新潟に在住。
一九九五年から、趣味のトレッキング、旅行と共に歌をつくる。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

風に祈りを―リホール・バラドゥーリン詩集

風に祈りを

リホール・バラドゥーリン詩集

  • リホール・バラドゥーリン 著/越野剛 訳/2007年8月
  • 1500円(本体)/四六判並製・168頁

ノーベル文学賞候補のベラルーシ最高の詩人が人生・自然・愛をうたう。チェルノブイリ原発事故の被災地と被爆地長崎の架け橋として翻訳されました。「耳を澄ましてごらん。心が洗われるよ」(推薦・鎌田實)
(ISBN 9784861101229)

著者|author

リホール・バラドゥーリン (Ryhor Barudlin)
一九三五年、ベラルーシのヴィテプスク地方ヴシャチャの農場に生まれる。ベラルーシ国立大学を卒業後、新聞社や出版社の編集部員として働く。バラドゥーリンの作品は約四十の言語に翻訳され、二十二の言語で詩集が出版されている。「ベラルーシの国民的詩人」として多くの賞を授与され、故郷ヴシャチャの名誉市民である。二〇〇六年、ノーベル文学賞候補にノミネートされた。

訳者|translator

越野剛(こしの・ごう)
一九七二年、札幌に生まれる。二〇〇二年、北海道大学大学院文学研究科博士課程単位所得退学。二〇〇一-〇三年、在ベラルーシ日本大使館専門調査員。現在、学術振興会特別研究員。論文に「核時代の文学:アレシ・アダモヴィチと大江健三郎」『スラブ学論叢』(二〇〇三)、翻訳にカラトケヴィチ「黄金と紺青の一日」『ポケットの中の東欧』(二〇〇六)など。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

葛飾旦暮

葛飾旦暮

  • 倉田岩魚男/2007年4月
  • 2000円(本体)/四六判・並製・161頁

枯れることのない心の泉が葛飾の路地をひたす。
(ISBN 9784861101106)

著者|author

倉田 岩魚男
詩人・俳人。1931年3月24日、東京府豊多摩郡北井荻町にて出生。本名は倉田羊三。詩を書く文学青年であった。新聞記者を目指すが父庚一の戦死で断念。凸版印刷に入社。組合執行部常任委員。同人誌『さぼてん』発行。昭文社を経て社会福祉法人ユーカリ福祉会の理事長に就任。保育・教育の道に進む。53歳の時に脳卒中で倒れ左半身不随に。障害者運動にも取り組む。2006年1月、脳梗塞を起こし再入院。言語麻痺となる。松戸市在住。江戸川音頭・小金慕情・保育園園歌など作詞多数。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

谷川健一 全歌集

谷川健一 全歌集

  • 谷川健一 著/2007年3月
  • 3800円(本体)/A5変形判上製・328頁
  • 装丁:難波園子

歌人=民俗学者の歌業を集成。既刊歌集『海の夫人』『青水沫』『海境』の全作品に加え、未発表作を多数収録。独自の歌風によって詠い上げられる、“見えざるもの”への憧憬と祈り。
(ISBN 9784861101045)
日本図書館協会選定図書

目次|indexs

『海の夫人』  (第1歌集)
『青水沫』   (第2歌集)
『海境』    (第3歌集)
『余花』    (第4歌集、未刊)

著者|author

谷川健一(たにがわ・けんいち)
1921年熊本県生まれ。東京大学文学部卒。柳田、折口を継ぐ、民俗学の泰斗。
著書『白鳥伝説』『青銅の神の即席』『南島文学発生論』ほか多数。歌人としても知られる。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

山桜花

山桜花

  • 廣利千惠子著/2006年7月
  • 1429円(本体)/四六判並製・168頁

「再びの会いは叶わず病窓に広ごる畝傍の山桜花」重症心身障害児の養護教育に携わってきた著者が病に侵されながら教育への情熱と生命への畏敬を詠いつづけた遺作歌集。
(ISBN 4861100771)

著者|author

廣利千惠子(ひろとし・ちえこ)
昭和24岐阜県生まれ。大阪府立金剛コロニー重度棟の指導員として重度障害児の指導に当たる。その後、大阪府立八尾養護学校や藤井寺養護学校で重度障害児の教育に約30年間携わる。そのかたわら大阪教育大学大学院で研究活動をおこない、平成12年度より大阪教育大学と大阪樟蔭女子大学で教鞭を執る。平成13年、健診で癌を発見、手術後1年で再発。入退院を繰り返し、さまざまな療法を試みるも平成17年4月19日、安らかに永眠。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

羊と隕石

羊と隕石

  • 上田丘/2005年4月
  • 1500円(本体)/四六判並製・172頁
  • 装丁:矢萩多聞

「今夜も又 疲れた犬がうろつき 吠える」。解剖台の上で藍色のスーツの女と中也が出会う。象徴とビートにみちたポップでシュールな恋愛詩集。
(4861100356)

目次|indexes


死の王国/So, Dance!/愛と岩/怠惰/She Is Machine/せつなき風景/詩人達と恋人達/In Which/秋夜狂歌/哲学

Her Body/巨像と女/目の前の現実/Momentum/破滅の申し子/彼女の部屋に有った物/胸/玩具/光と闇の向こう/幻の塔/罪/関係/焦燥/片想い/デートの第一声/やけくそ /詩人的な美学(美意識)/僕が言った事

監視の中/A Sonnet/疲れた犬(A Sonnet に加えて)/穴/Mr. Hare’s Reading/憤懣/翼をもがれてもがく白鳥/視点/混乱と平静/Bless My Colour/世の中―甘えられるほど甘くない物―/Bye-bye/孤独とパレード/街へと

休日/カップルと恋/The Time Passes By/大衆とジャズ・ポップス/甘い意見と彼女/出掛けた後に/気を取り直して(休息)/瑞々しさと平凡/忙しい生活/風邪気味/或る晴れた日/休息の無い人の詩/世の中/料理と孤独
あとがき

著者|author

上田丘(うえだ・たかし)
1975年生まれ。川崎市在住。

担当編集者から

詩人の上田氏はぼくと同年。ふだんは自分より(かなり)年上の著者と仕事をすることが多いので、同世代の書き手は新鮮だった。呑みながら何度も打ち合わせを重ね、ゲラをやりとりした。
「夜は君等のものではない」という詩句がある。夜に溶け込むことのできた年齢を過ぎ、そろそろ「おじさん」と呼ばれるようになった男の、寂しさと煩悩としょうもなさとが滲む詩集で、愛着がある。[-内藤-]

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

2 / 3123