絵本から「子ども福祉」を考える

絵本から「子ども福祉」を考える

  • 青木文美(編)/2016年7月
  • 3400円(本体)・A5判並製・412頁
  • 装丁・レイアウト:長田年伸

子どもの育ちを支えるすべての大人に!
68冊の絵本を紹介&解説

現代の子どもはどんな環境におかれ、どんな問題をかかえているのか。
子どもたちのためにまわりの大人ができることは何か?
絵本の世界から、10のテーマを切り口に「子ども福祉」の視点を身につける、類例のない解説書。
(ISBN 9784861105142)

目次|indexes

〈子ども福祉〉、この聞き慣れない言葉から―序にかえて
1 ようこそ!私たちの世界へ “日常”という平凡が織り成す〈あたり前〉〈子どもと文化編〉
2 人生のはじまりこそ力強く!子どもは生まれた時からシュケンジャー(主権者)〈子どもと社会編〉
3 生きていく力を与えてくれるかけがえのない存在〈子どもと家族編〉
4 なにはともあれ、子どもの暮らしの質はおとな次第〈子どもと暮らし編〉
5 ぬくもりが“そこ”にあるから、僕たちはまた明日も会うんだ!〈子どもと人編〉
6 ひとりひとりが主役! ひとつの地球にたくさんの命〈子どもと自然編〉
7 子どもの日々は危険もいっぱい。“よその子だから”とためらわず、みんなで子どもを守ろう!〈子どもと危険編〉
8 子どものこころとからだはワンダーランド! ―驚きと発見が育む自分らしさ〈子どもと心・体編〉
9 見えないけれどあるんだよ〈子どもと学び編〉
10 キラリの時間――呼吸する私たちのかがやき〈子どもと命編〉
おわりに

著者|authors

青木文美(あおき・ふみ)編
愛知淑徳大学福祉貢献学部福祉貢献学科子ども福祉専攻准教授。専門は児童文学。

執筆者:青木文美、岡田泰枝、小野美和、加藤望、黒川文子、白石淑江、末田邦子、谷口純世、羽根由美子、本山ひふみ
コラム執筆者:小倉斉、川合伸幸、都筑学、永井聖剛(ともに50音順)

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

教育実践の昭和

教育実践の昭和

  • 横須賀薫(著)/2016年6月
  • 2000円(本体)・四六判並製・224頁
  • 装丁:桂川潤

国分一太郎、斎藤喜博、東井義雄
昭和教育史に名を残す三人の「教育実践家」、そのカリスマ性の源泉を探る
圧倒的な影響力をもった三人の教育実践家の、カリスマ性の由って来たるところとは何だったのか。
三者固有の領域と共通点を丹念に追いかけ未来へと繋ぐ渾身の論考。
(ISBN 9784861105128)

目次|indexes

1 わたしはなぜ教育の道を志したか―「まえがき」に代えて
2 教育学の自立について
3 「概念くだき」の歴史と問題
4 教育実践の昭和
5 「林竹二の授業」をめぐって
6 斎藤喜博における「教授学」―「カンファレンス」と「介入授業」の間
あとがき―それを書いたころのことなど
初出一覧

 

著者|author

横須賀薫(よこすか・かおる)
1937年生まれ。東京大学教育学部卒、同大学院博士課程単位取得退学。1983年、宮城教育大学教授となり、2000年同大学学長に就任、2006年退職、2007年十文字学園女子大学特任教授・学事顧問に就任、学長代行を経て2011年より同大学学長。
2003年から中央教育審議会専門委員を務め、2010年6月から教員の資質向上特別部会委員も務める。
著書に『斎藤喜博研究の現在』(共著、2012年、春風社)など

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

歴史教科書とナショナリズム―日本とドイツ

歴史教科書とナショナリズム

日本とドイツ

  • 原口健治(著)/2016年5月
  • 2700円(本体)・四六判上製・314頁
  • 装丁:桂川潤

国家・国民は過去の「過ち」をどのように受け止め、責任を負い、未来へ伝えてゆけばよいのか?
「新しい教科書をつくる会」は、従来の日本の歴史教科書を「自虐的」と批判する。しかし、ドイツの歴史教科書には、日本の戦争記述とは比べものにならないほど、ナチズムを厳しく追及する記述が多く含まれる。これを「自虐的」と呼ぶべきだろうか。
日独の比較を通して、歴史教科書問題の背景にある、国家・国民像とアイデンティティのあり方を考える。
(ISBN 9784861105067)

目次|indexes

第1章 『新しい歴史教科書』の歴史/教育観:ドイツの歴史教科書と何が違うのか
Ⅰ.  歴史教科書の環境
Ⅱ. 歴史観・歴史教育観
1. 近現代史・戦争とナチズムの位置づけ
2. 共感の歴史
Ⅲ. 「わが」国の歴史
第2章 「歴史教科書問題」とは何か:私たちが迫られている選択
Ⅰ. 歴史教科書問題と「イデオロギー」, または「政治教育」としての歴史教育
Ⅱ. 「我々」と「他者」のかかわりの中での「歴史教育問題」:沖縄戦の記憶をめぐって
Ⅲ. 日独の戦没者追悼と歴史教育理念
1. ノイエ・ヴァッヘ:ドイツにおける戦没者の公的追悼
2. 首相の靖国神社参拝と援護法の思想
3. 「全国戦没者追悼式」が隠蔽するもの
4. 戦没者追悼と歴史教育
第3章 歴史教科書とナショナリズム:「日本人」というアイデンティティと自由
Ⅰ.  「自虐」とは何か
Ⅱ. 「集団の罪」論
Ⅲ. 過去の罪と現在の責任
Ⅳ. 愛国心と自由
Ⅴ. アイデンティティの複数性:アマルティア・センのアイデンティティ論
Ⅵ. 「日本人」の論じ方
1. 萱野稔人『ナショナリズムは悪なのか』
2. 井崎正敏『〈戦争〉と〈国家〉の語り方:戦後思想はどこで間違えたのか』
3. 加藤典洋『敗戦後論』
Ⅶ. 「抵抗」論
むすび  「自虐」と「歴史修正主義」からの解放のために
参考資料:ドイツ歴史教科書に基づくドイツ近現代史スケッチ
おわりに

 

著者|author

原口健治(はらぐちけんじ)
青山学院大学法学部教授。専門はドイツ文学。
訳書に『ハインリヒ・マン短篇集2』(1999年、松籟社、共訳)がある。

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

日本統治下台湾の教育認識―書房・公学校を中心に

日本統治下台湾の教育認識

書房・公学校を中心に

  • 呉宏明(著)/2016年4月
  • 3500円(本体)・四六判上製・330頁
  • 装丁:矢萩多聞

占領期の台湾ではどのような初等教育が行われていたのか?
台湾の伝統的な教育機関である「書房」と、日本統治時代に日本語教育を推進する目的で設立された「公学校」の変遷を様々な資料から考察。当時の初等教育の実相を明らかにする。
(ISBN 9784861105050)

目次|indexes

はじめに
第1章 台湾における書房教育
第2章 日本統治下台湾における書房と公学校(1)
第3章 日本統治下台湾における書房と公学校(2)
第4章 日本統治下台湾における書房と公学校(3)
第5章 『帝国議会』における植民地教育をめぐる議論
第6章 日本統治下台湾の日本人教員―台湾総督府講習員をめぐって
第7章 日本統治下台湾における民族主義教育の思想と運動―『台湾民報』・『台湾新民報』を中心に
第8章 近代日本の台湾認識―『台湾協会会報』・『東洋時報』を中心に
第9章 日本統治下台湾における台湾人父兄の教育要求―『台湾民報』・『台湾新民報』を中心に
第10章 日本統治下台湾における台湾教育会
第11章 伊沢修二と視話法―楽石社の吃音矯正事業を中心に
おわりに
初出一覧

著者|author

呉宏明(くれ・こうめい)
1946年、岡山県生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士課程修了。京都精華大学人文学部教授。
著書に、『こうべ異国文化ものしり事典』(編著、神戸新聞総合出版センター2006年)、クリス・シュート『義務教育という病い―イギリスからの警告』(訳書、松籟社、2003年)、『南京町と神戸華僑』(共編、松籟社、2015年)など。

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

現代の学校を読み解く―学校の現在地と教育の未来

現代の学校を読み解く

学校の現在地と教育の未来

  • 末松裕基(編著)/2016年4月
  • 2300円(本体)・A5判並製・383頁
  • 装丁:長田年伸

いま学校で何が起きているか、教育は社会を照らす希望となるか―
学校の社会的意義が揺らぎつつある現代。
若き教育学者たちが、教育現場の最前線から教育の未来を描く視点を提示し、ありうべき学校を構想する。
(ISBN 9784861105043)

目次|indexes

はじめに
第Ⅰ部 現代の学校はどうなっているか?
第1章 現代の学校の課題と可能性(末松裕基)
第2章 「教科書を教える学校」から「カリキュラムを開発する学校」へ(安藤福光)
第3章 新しい学校と教師の学習(篠原岳司)
第4章 ゼロからの理念型学校づくり―君に熱意や志はあるか(畑康裕)
第5章 超学校社会―“学校まみれの社会” と学校を超える社会(林寛平)
第Ⅱ部 現代の学校を考える視点とは?
第6章 近代/現代の学校を批判的に考える―学校を変えるためのリアリズム(生澤繁樹)
第7章 学校の仕事の拡大史(雪丸武彦)
第8章 制度としての学校(荒井英治郎)
第9章 ドイツの学校は国家とどう付き合ってきたか(辻野けんま)
第10章 学校は世界の子どもを救えるか(橋本憲幸)
おわりに
索引

【執筆者(掲載順)】
末松裕基/安藤福光/篠原岳司/畑康裕/林寛平/生澤繁樹/
雪丸武彦/荒井英治郎/辻野けんま/橋本憲幸

編著者|author and editor

末松裕基(すえまつ・ひろき)
1980年生まれ。東京学芸大学教育学部講師。専門は学校経営学。筑波大学大学院博士課程人間総合科学研究科教育学専攻単位取得退学。以後、筑波大学準研究員、2008年、上越教育大学大学院学校教育研究科講師を経て、2012年より現職。著書に『学校づくりとスクールミドル』(学文社、2012年、共著)などがある。

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

世界初 市民性教育の国家規模カリキュラム―20世紀初期アメリカNEA社会科委員会報告書の事例から

世界初 市民性教育の国家規模カリキュラム

20世紀初期アメリカNEA社会科委員会報告書の事例から

  • 渡部竜也(編訳)/2016年3月
  • 4722円(本体)・A5判上製・236頁
  • 装丁:矢萩多聞

社会科誕生から100年
20世紀初頭に合衆国で誕生し、その後さまざまな民主主義国家で実施された「社会科教育」。
全米教育委員会(NEA)が世界に先駆けて発表した「市民性教育」(=地域社会の成員であることを意識すること)の重要性を説く二つの報告書を翻訳、後の社会科教育への影響を論じる。
(ISBN 9784861104909)

目次|indexes

訳者まえがき
「コミュニティ・シヴィックスの教授」(1915年)―NEA中等教育再編審議会特別委員会報告
まえがき
第Ⅰ部 コミュニティ・シヴィックスの授業のねらいと方法
第Ⅱ部 福祉の諸要素を扱うことについての提案
第Ⅲ部 目録提案
「中等教育における社会科」(1916年)―NEA中等教育再編審議会社会科委員会報告
まえがき
第Ⅰ部 導入
第Ⅱ部 第7学年から第9学年の社会科
第Ⅲ部 第10学年から第12学年の社会科
第Ⅳ部 スタンダード―教師の準備
訳者解説 世界で最初の市民性教育の国家規模カリキュラム―その特質と今日的意義

 

著者|author

渡部竜也(わたなべ・たつや)
東京学芸大学教育学部准教授。広島大学大学院教育学研究科博士課程後期修了。博士(教育学)。訳書に『変革的知識人としての教師―批判的教授法の学びに向けて』(ヘンリー・A・ジルー著、春風社)、『コモン・グッドのための歴史教育―社会文化的アプローチ』(キース・C. バートン、リンダ・S. レヴスティク著、共訳、春風社)、『教師のゲートキーピング―主体的な学習者を生む社会科カリキュラムに向けて』(スティーブン・J・ソーントン著、共訳、春風社)などがある。

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

コモン・グッドのための歴史教育―社会文化的アプローチ

コモン・グッドのための歴史教育

社会文化的アプローチ

  • リンダ・S・レヴスティク、キース・C・バートン(著)/渡部竜也、草原和博、田口紘子、田中伸(訳)/2015年3月
  • 6000円(本体)/A5判上製・496頁
  • 装丁:矢萩多聞

歴史教育にかかわる全ての人に
子どもたちが社会に参与してゆくために、小学校から高校までの歴史の授業で何ができるのか。
アメリカ、北アイルランド、ニュージーランドなどを例に、多様性を受け入れつつ民主主義に参加するための歴史教育のあり方を問い直す。
米国気鋭の教育学者たちによる著書、本邦初訳。
(ISBN 9784861104459)

 

目次より|indexes

第1章 歴史教育についての社会文化的な見方
第2章 参加民主主義と民主主義的人道主義
第3章 自己認識のスタンス
第4章 分析的探究のスタンス
第5章 道徳的反応のスタンス
第6章 陳列展示のスタンス
第7章 物語の構造と歴史教育
第8章 個人の功績と動機の物語
第9章 国家の自由と進歩の物語
第10章 探究
第11章 見解認識としての歴史的エンパシー(感情理解)
第12章 ケアリングとしてのエンパシー(感情理解)
第13章 教師教育と歴史教育の目的

著者|authors

リンダ・S・レヴスティク(Linda S. Levstik)
キース・C・バートン(Keith C. Barton)

訳者|translators

渡部竜也(わたなべ・たつや)
東京学芸大学教育学部准教授。著書に『アメリカ社会科における価値学習の展開と構造―民主主義社会形成のための教育改革の可能性』(風間書房、2015年)、訳書に『教師のゲートキーピング』(共訳、春風社、2012年)、『変革的知識人としての教師』(春風社、2015年)などがある。
草原和博(くさはら・かずひろ)
広島大学大学院教育学研究科教授。著書に『地理教育内容編成論研究―社会科地理の成立根拠』(風間書房、2004年)などがある。
田口絋子(たぐち・ひろこ)
鹿児島大学教育学部准教授。著書に『現代アメリカ初等歴史学習論研究―客観主義から構築主義への変革』(風間書房、2011年)がある。
田中伸(たなか・のぼる)
岐阜大学教育学部准教授。著書に「現代アメリカ社会科の論理と展開―社会認識教育論から文化認識教育論へ』(風間書房、2011年)がある。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

キリスト教人格教育論―個人の尊厳を見つめて

キリスト教人格教育論

個人の尊厳を見つめて

  • 吉岡良昌(著)/2014年10月
  • 2300円(本体)/四六判上製・248頁
  • 装丁:江森恵子(クリエイティブ・コンセプト)

二十七年に及ぶ、キリスト教に基づく人格教育の探究と実践
すべての教育は個人の尊厳を基盤とするべきでありその実践にはキリスト教の人間理解と価値観が不可欠であることを、デカルト、内村鑑三、エリクソンらの主張に触れながら、歴史的に立証する。ミッションスクールの意義も問う提言の書。
(ISBN 9784861104176)

目次より|indexes

第Ⅰ章 日本における精神的機軸と人格教育
A 明治維新の精神的機軸の探求
・岩倉使節団による大事業
・森有礼の教育思想
・新渡戸稲造の人格教育…など
B 戦後日本の人格教育の課題
・ダグラス・マッカーサーの貢献
・教育基本法「人格の完成」の成立…など
第Ⅱ章 人格教育の原理と展開
A 人格教育の原理
・神のみが真の教育者である
・人格の定義:関係による存在
B 人格教育の展開
・デカルト哲学の教育的意義
・コメニウスの人格教育論
・エリクソン理論に基づく人格形成論…など

 

著者|author

吉岡良昌(よしおか・よしまさ)
1947年生まれ。教育学博士。東洋英和女学院大学人間科学部教授。著書に『キリスト教教育研究――信仰に基づく人間形成』(聖恵授産所出版部、1994)、『いのちを育む教育学』(春風社、2008)など。

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

物語が始まるとき―共創教育の現場から

物語が始まるとき

共創教育の現場から

  • 青木幸子(著)/2014年9月
  • 1800円(本体)/四六判並製・226頁
  • 装丁:長田年伸

ドラマづくりによるコミュニケーションでより良い学校空間を共に創る!
不世出の演出家・竹内敏晴の影響を受け、高校・大学の授業にドラマ手法を持ち込んでいる熱血教師による、現場の記録。教師と学生が互いの人生を話し、聴き、ドラマづくりをする手法が学校空間を活性化してゆく。
これまでに実際つくったラジオドラマの脚本も併録。
(ISBN 9784861104152)
日本図書館協会選定図書

目次より|indexs

第1部 教師として生きる―私の「言葉が劈かれるとき」
・友を、言葉を失ったとき~夜はかっぱえびせんが響くと~
・畏友Sをめぐる物語~人は物語によって生かされるのだ~
・子どものころに出会った先生~風に耳をすますということ~
…など
第2部  ラジオドラマが生まれる
・始まりは萩高校~あれは国語の授業ではない~
・ラジオドラマ「風船爆弾」が生まれた場所~山口中央高等学校~
・農高はラジオドラマの宝庫だった~アタシは農高の牛~
…など
第3部 語りの生まれる教室
・対話で深める学びのレッスン~私のお姉ちゃん~
・あなたに…(わすれてしまったこと)~レクイエム~
・声が、言葉が響くとき、そこに物語が生まれる
…など

著者|author

青木幸子(あおき・さちこ)
現在、昭和女子大学総合教育センター准教授。1956年山口県生まれ。九州大学教育学部を卒業後、山口中央高等学校等で、国語科教師として勤務。激務の合間を縫って研究・執筆し、九州大学大学院芸術工学府で学位を取得。共著に『学びを変えるドラマの手法』、『学びへのウォーミングアップ』(旬報社)ほか。本書は初の単著。

 

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

アメリカ教育福祉社会史序説― ビジティング・ティーチャーとその時代

アメリカ教育福祉社会史序説

ビジティング・ティーチャーとその時代

  • 倉石一郎(著)/2014年9月
  • 3000円(本体)/四六判並製・368頁
  • 装丁:長田年伸

20世紀初頭アメリカ発! 既存の学校システムからはじかれた子どもたちのための教師のかたち
不登校や貧困、差別などで学校教育から置き去りにされた子どもたち。彼らのためのケアが確立していなかった時代、その救済・支援に奔走した教師たちがいた。
現代日本にも通じる教育の問題点に1世紀早く気づき解決しようとした人々の実態に迫る。
(ISBN 9784861104169)

★『ソシオロジ』第61巻1号(186号)に書評が掲載されました。評者は玉井眞理子先生(関西大学)です。

目次|indexs

序章 「ビジティング・ティーチャーの時代」の今日的意義
第1章 すべてのはじまり―ニューヨーク市公教育協会(PEA)に集った女性たち
第2章 「誰からも嫌われた男」からニュー・ヒロイン登場へ
第3章 精神薄弱児向け特別学級へのコミットメント
第4章 「精神衛生」ブームの中での全米への拡大―1920年代
第5章 大恐慌ですべてが「終わった」のか―1930年代から戦時体制へ
第6章 第二次世界大戦後の南部諸州における制度化の展開―黒人の不可視化と人種隔離下での活動
終章 改めて、「ビジティング・ティーチャーの時代」を問う

著者|author

倉石一郎(くらいし・いちろう)1970年兵庫県生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科准教授。専攻は教育社会学。同大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。博士(人間・環境学)。東京外国語大学教員をへて2013年より現職。著書に、『包摂と排除の教育学:戦後日本社会とマイノリティへの視座』(生活書院、2009年、第4回日本教育社会学会奨励賞(著書の部)受賞)など。共著書、論文多数。

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する