東アジアにおける南島研究―南島史学会創立50周年記念論集

東アジアにおける南島研究

南島史学会創立50周年記念論集

  • 南島史学会(編)/2021年6月
  • 5900円(本体)/四六判上製302頁
  • 装丁:中島衣美

沖縄を中心に東・東南アジア諸地域の歴史・民俗・人類・考古学等を研究する南島史学会の創立50周年記念論集。論考11篇を収録。

(ISBN 9784861107429)

目次|contents

序論  

Ⅰ 人・モノ・文化の移動
第一章 一九世紀台湾をめぐる帆船と汽船航運の趨勢 松浦章 
第二章 台湾の画家陳進と日本画(膠彩画)の文化交渉 中谷伸生 
第三章 日本統治時代台湾人留学生の政治参加―明治大学卒業生の活動を中心にして 卞鳳奎 
第四章 一九〇四年セントルイス万国博覧会と『ボントック頌歌』 森谷裕美子 

Ⅱ 歴史の盛衰
第五章 福建省沿岸部に分布する城郭遺跡の類型化とその特徴―琉球列島に所在する城郭遺跡検証過程での想定枠充実の試み 山本正昭 
第六章 琉球王権発祥地の一考察―沖縄北部地域を中心として 比嘉隆 
第七章 十二世紀の占城王鄒亜那・ジャヤ インドラヴァルマン四世について―中国資料と占城碑文より 土肥祐子 

Ⅲ 情報の伝搬
第八章 明治七年 台湾出兵をめぐる世論―左院あて建白を中心に 春名徹 
第九章 南海Ⅰ号墨書陶磁器の「姓」と「花押」をめぐる問題 石黒ひさ子 
第一〇章 明清の琉球通事―制度と実態に関する諸問題 池谷望子
第一一章 沖縄における死と観光―二人称から三人称、そして一人称の死の旅へ 塩月亮子

あとがき

執筆者一覧

お詫びと訂正

本文中に編集上の不手際で、帯の文章に以下のような誤りが生じました。謹んでお詫びして訂正いたします。
(誤)をはかる南東史学会の、
(正)をはかる南島史学会の、

編者|editor

南島史学会
1972年(昭和45)に発足。沖縄地方を中心とする歴史・民俗・民族・人類・考古・宗教・言語等の諸学、並びに東アジア・東南アジアその他諸地域との史的交渉に関する学術研究の促進、およびその知識の普及をはかることを目的とする。機関誌『南島史学』は80号を超える。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

現場に立つから、おもしろい―世界をつなぐ、ひと・モノ・しくみ

現場に立つから、おもしろい

世界をつなぐ、ひと・モノ・しくみ

  • 江戸川大学現代社会学科(監修)、土屋薫・阿南透・大塚良治・川瀬由高・佐藤秀樹(編)/2021年4月
  • 1800円(本体)/四六判並製224頁
  • 装丁:矢萩多聞

複雑化する現代社会の諸課題に向き合うヒントは現場(フィールド)にある。食、観光、スポーツなど身近なテーマを入り口に多角的視点を育む、現代社会学の入門書。
(ISBN 9784861107405)

目次|contents

本書のトリセツ(土屋薫)

第1部:地域社会(ひと)
第1章 卵かけご飯を食べたら怒られた――フィールドで出会う他者と自己(川瀬由高)
第2章 環境問題に描く夢――バングラデシュの地域社会から(佐藤秀樹)
第3章 地域をつくるパートナーシップ――千葉県流山市における鉄道事業者の戦略的提携(大塚良治)

第2部:資源(モノ)
第4章 ニューツーリズムと観光革命――体験と交流の創出に向けて(崎本武志)
第5章 どうやって自分の知らない世界(ところ)にたどり着くか?――寄り道を「たしなむ」レジャー社会学(土屋薫)
第6章 クマ見て森を見ず――餌(えさ)資源から見た持続可能性(中島慶二)

第3部:制度(しくみ)
第7章 日本が導くプロスポーツ文化――プロ野球とエンタテインメント(広岡勲)
第8章 だから日本サッカーの「今」がある――世界標準へ向けた歴史的検証(末永尚)
第9章 文化のちから――法と政策から考える現代社会(関根理恵)
第10章 アマビエはコロナに克てるか?――疫病退散の民俗学(阿南透)

現代社会を知るための30のキーワード
執筆者一覧

編者|editors

土屋薫(つちや・かおる)
江戸川大学社会学部現代社会学科教授。専門はレジャー社会学。研究テーマは観光創造、オープンガーデン、関係人口など。

阿南透(あなみ・とおる)
江戸川大学社会学部現代社会学科教授。専門は民俗学。研究テーマは祭り、イベント、年中行事など。

大塚良治(おおつか・りょうじ)
江戸川大学社会学部現代社会学科准教授。専門は観光学、経営学。研究テーマは、鉄道ビジネス、観光まちづくりなど。

川瀬由高(かわせ・よしたか)
江戸川大学社会学部現代社会学科講師。専門は文化人類学、中国研究。研究テーマはコミュニティ論、農村研究など。

佐藤秀樹(さとう・ひでき)
江戸川大学社会学部現代社会学科講師。専門は環境教育、環境社会学、国際協力・社会支援。研究テーマは市民参加型の環境保全活動、SDGsなど。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

ナショナリズムの空間―イスラエルにおける死者の記念と表象

ナショナリズムの空間

イスラエルにおける死者の記念と表象

  • 今野泰三(著)/2021年3月
  • 3600円(本体)/四六判上製294頁
  • 装丁:長田年伸

イスラエルにおける死と記念の諸相
「ユダヤ民族」とその「祖国」が創出され、聖性と肉体が与えられてきた過程を明らかにする。

(ISBN 9784861107221)

目次|contents

はじめに
第1節 問題の背景と本書の目的
第2節 本書の構成

第1章 ネイションと空間
第1節 はじめに
第2節 ネイションと空間
第3節 小括

第2章 イスラエルにおける死者の記念
第1節 はじめに
第2節 イスラエルの景観における死者の記念
第3節 軍用基地・ショアーとヒロイズムの記憶局・戦没者記念碑
第4節 小括

第3章 一九六七年戦争以降のイスラエルの占領・入植政策
第1節 はじめに
第2節 一九六七年戦争とイスラエルの支配地域の拡大
第3節 占領地における入植地建設
第4節 小括

第4章 民族宗教派のイデオロギーと死者の記念と表象 
第1節 はじめに
第2節 民族宗教派とメシア主義
第3節 調査の方法と対象
第4節 死/死者を巡るナラティブと表象
第5節 小括

おわりに
謝辞
参考文献

著者|author

今野泰三(いまの・たいぞう)
中京大学教養教育研究院准教授。専攻・専門はパレスチナ/イスラエル研究、平和学、政治地理学
主な著作に「宗教的シオニズムの構造的基盤に関する歴史的考察――ハ・ミズラヒとハ・ポエル・ハ・ミズラヒの多元的・状況対応的性格」(『ユダヤ・イスラエル研究』第34号、2021年刊行予定)、「入植地問題とオスロ・プロセスを巡る論争――和平交渉と入植地建設はなぜ同時に進んだのか」(『日本中東学会年報』第32号第2巻、2017年)、『オスロ合意から20年―パレスチナ/イスラエルの変容と課題』(共編著、人間文化研究機構プログラム・イスラーム地域研究東京大学拠点、2015年)など。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

病いと薬のコスモロジー―ヒマーラヤ東部タワンにおけるチベット医学、憑依、妖術の民族誌

病いと薬のコスモロジー

ヒマーラヤ東部タワンにおけるチベット医学、憑依、妖術の民族誌

  • 長岡慶(著)/2021年3月
  • 4000円(本体)/四六判上製416頁
  • 装丁:中本那由子

病いとともに、いかにして生きるのか
二〇世紀後半からチベット医学は、専門資格化や薬の大量生産といった制度化が進んだが、そこでの医療実践は「伝統/近代」や「制度的医療/土着医療」のように断片化しているのではなく、それぞれの実践が部分的に重なり合い、医療・身体・環境が複雑に絡まり合っている。
伝統治療者、薬師、僧、村人、薬草、制度、神霊、インフラ。様々な人とモノが協働するなか、ヒマーラヤ東部のタワンの人々が経験する体の節々の痛み、胃炎、毒盛りや神霊による祟りといった病いと、そこであらわれている不確かで複数的な身体を、気鋭の人類学者がフィールドワークをもとに丹念に描く。

(ISBN 9784861107108)

目次|contents

まえがき
凡例

序章

第Ⅰ部 チベット医学の開発
第1章 チベット医学の制度化とアムチ
第2章 チベット薬の標準化とタワンの人々

第Ⅱ部 ナツァの病いとチベット医学の実践
第3章 タワンの暮らしとナツァ治療
第4章 チベット医学の診療実践

第Ⅲ部 神霊と妖術における病いと薬
第5章 神霊ルーによる病いと開発
第6章 憑依と宗教薬
第7章 毒盛りと妖術と民間薬

終章
あとがき
参考文献
索引

お詫びと訂正

本文中に編集上の不手際で以下のような誤りが生じました。謹んでお詫びして訂正いたします。
『病いと薬のコスモロジー』正誤表

著者|author

長岡慶(ながおか・けい)
日本学術振興会特別研究員(CPD、関西大学)。専門は医療人類学、環境人類学、南アジア研究。主な著作に、Repairing Everyday Ruptures: Tibetan Medicine in Tawang, India. (Yogesh Raj ed. Ruptures and Repairs in South Asia Historical Perspectives. Martin Chautari、2013年)、「チベット医学の歴史的展開と東ヒマーラヤにおける実践」(小杉泰編『環インド洋地域における宗教復興・テクノロジー・生命倫理』京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科附属イスラーム地域研究センター:京都大学現代インド研究センター、2013年)、「神霊ルーをめぐるローカリティの再編――インド北東部モンパ社会の事例から」(岩尾一史・池田巧編『チベット・ヒマラヤ文明の歴史的展開』臨川書店、2018年)など。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

愛と共生のイスラーム―現代エチオピアのスーフィズムと聖者崇拝

愛と共生のイスラーム

現代エチオピアのスーフィズムと聖者崇拝

  • 石原美奈子(編著)/2021年3月
  • 6300円(本体)/A5判上製552頁
  • 装丁:中本那由子

宗教、民族、国の違いを越えてともに祈る
西アフリカからエチオピア西部にやってきたひとりのスーフィー(イスラーム神秘主義者)が、「無償の奉仕」を通して、オロモの人々を中心に様々な民族・宗教に属する人々からカリスマ的な聖者として崇敬されるようになった過程、そしてそのカリスマ性が、次世代の人々の営みによって受け継がれていく様子を描き出した民族誌。

(ISBN 9784861107306)

目次|contents

地図
凡例
プロローグ
序章

第Ⅰ部 西部オロモ社会とイスラーム
第1章 オロモの社会と宗教
第2章 ジンマ地方のイスラーム化:「商人」と学者

第Ⅱ部 カリスマの誕生:アルファキー・アフマド・ウマルの人生誌
第3章 聖者性の醸成:西アフリカからエチオピアへ
第4章 聖者性の発現:ミンコ村からクサイェ村へ
第5章 聖者性の存続に向けて

第Ⅲ部 カリスマの日常化:ティジャーニー教団の「土着化」
第6章 聖者と精霊:イスラーム化と霊媒師の役割
第7章 ティジャーニー教団の展開と「イスラーム化」
第8章 「聖性」の政治学:ヤア聖者廟村の形成と変容

第Ⅳ部 「カリスマ」を取り巻く社会環境の変容
第9章 ヤアの今日的状況:土地取引と民族対立の最中で(松波康男)
第10章 引き継がれるアルファキーの「仕事」:トリ集落とアブドゥルカリーム(吉田早悠里)

終章

エピローグ
インフォーマント一覧
用語
参照文献
索引

著者|authors

石原美奈子(いしはら・みなこ)
南山大学人文学部・教授。文化人類学。主な著作に、『現代エチオピアの女たち―社会変化とジェンダーをめぐる民族誌』(編著、2017年、明石書店)、『せめぎあう宗教と国家―エチオピア 神々の相克と共生』(編著、2014年、風響社)、Muslim Ethiopia: The Christian Legacy, Identity Politics, and Islamic Reformism(共著、2013年、Palgrave Macmillan)、ファーガソン,J.『反政治機械―レソトにおける「開発」・脱政治化・官僚支配』(共訳、2020年、水声社)など。

松波康男(まつなみ・やすお)
明治学院大学社会学部・准教授。社会人類学。主な著作に、「「南スーダンにおける紛争解決合意(ARCSS)」署名を巡るIGAD加盟国の関与」(『アフリカレポート』57、2019年)、『現代エチオピアの女たち―社会変化とジェンダーをめぐる民族誌』(共著、2017年、明石書店)、『フィールドワークの安全対策』(共著、2020年、古今書院)など。

吉田早悠里(よしだ・さゆり)
名古屋大学大学院人文学研究科・准教授。文化人類学。主な著作に、『誰が差別をつくるのか――エチオピアに生きるカファとマンジョの関係誌』(2014年、春風社)、Greetings from the Austrian-Hungarian Monarchy, the Ethiopian Empire and Beyond: The Picture Postcards of Friedrich Julius Bieber (1873-1924)(2021年、LIT Verlag)、Bieber, F. J. Reise nach Äthiopien: Tagebücher 1904, 1905, 1909(編著、2021年、LIT Verlag)、ファーガソン,J.『反政治機械―レソトにおける「開発」・脱政治化・官僚支配』(共訳、2020年、水声社)など。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

アジアの海を渡る人々―一六・一七世紀の渡海者

アジアの海を渡る人々

一六・一七世紀の渡海者

  • 上田信、中島楽章(編)/2021年3月
  • 5000円(本体)/四六判上製488頁
  • 装丁:桂川潤

「陸」の歴史から「海」の歴史へ
中国、日本、ポルトガル、スペインなどの史料から、渡海者と外交・紛争の事例を多角的に分析。16~17世紀のアジア海域秩序の変転の諸相を明らかにする、グローバル・ヒストリーの試み。

(ISBN 9784861107290)

目次|contents

はじめに(中島楽章)
総説(上田信)
第Ⅰ部 中国と日本のあいだを往来した人々
第1章 最末期の遣明船の動向と「倭寇図巻」(須田牧子)
第2章 宋素卿東渡日本考―寧波事件の歴史的前提(山崎岳)
第3章 ある明代の知識人の日本認識―鄭舜功と『日本一鑑』(袁茂萍)
第4章 嘉靖期―隆慶期海禁緩和までの倭寇政策とその変容―『籌海図編』から見る(藤井美奈)
第5章 中世後期日本人の海洋活動と東南アジア交易(鹿毛敏夫)
第Ⅱ部 ポルトガル・スペイン・メキシコからの来訪者
第6章 渡海者から献策家(アルビトリスタ)へ―新キリスト教徒商人ドゥアルテ・ゴメス・ソリスの意見と企図(疇谷憲洋)
第7章 アルメニア商人は琉球に来たのか?―大航海時代の金銀島伝説と琉球(中島楽章)
第8章 メキシコ・クエルナバカ市カテドラル―長崎二六聖人の壁画をめぐって(宮田絵津子)
第9章 悲惨な海難事件の生存者たち―一六二五年ポルトガル船ノッサ・セニョーラ・デ・ギア号の広東遭難(李毓中)
第Ⅲ部 朝貢と外交
第10章 敵を知るなら味方から―朝鮮通信使はいかにして明使節から日本情報を「入手」したのか(米谷均)
第11章 台湾鄭氏と東南アジア―鄭氏最後の生命線(久礼克季)
第12章 日本文学のなかの鄭成功(寇淑婷)
第13章 琉球王国における漢詩の受容と展開(王尊龍)
執筆者紹介

訂正

第6章タイトルの「アトリビスタ」は正しくは「アルビトリスタ」です(目次、本文および帯)。
お詫びして訂正いたします。

編者|editors

上田信(うえだ・まこと)
立教大学文学部教授。専門領域は中国史・アジア社会論。著作に『海と帝国―明清時代』(講談社、2005年)、『シナ海域蜃気楼王国の興亡』(講談社、2013年)、『貨幣の条件―タカラガイの文明史』(筑摩書房、2016年)など。
中島楽章(なかじま・がくしょう)
九州大学人文科学研究院准教授。専門領域は中国社会史、東アジア海域史。著作に『明代中国の紛争と秩序―徽州文書を史料として』(汲古書院、2002年)、『徽州商人と明清中国』(山川出版社、2009年)、『大航海時代の海域アジアと琉球―レキオスを求めて』(思文閣出版、2020年)。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

メディアとしてのミュージアム

メディアとしてのミュージアム

  • 町田小織(編)/2021年3月
  • 2500円(本体)/四六判並製302頁
  • 装丁:矢萩多聞

「ミュージアムは覚醒する」樺山紘一(印刷博物館館長・東京大学名誉教授)
「つむぐ」「つくる」「つなぐ」「つどう」「つかう」という5つのキーワードをもとに、現代のミュージアムの在り方を再考する。
【東洋英和女学院大学社会科学研究叢書9】
(ISBN 9784861107399)

目次|contents

序章 メディアとしてのミュージアム(町田小織)
第Ⅰ部 メディアとしてのミュージアム―対話と共創の場
第1章 つむぐ 過去、現在、未来を司る運命の糸(町田小織)
コラム1 バルカン・バロック Balkan Baroque(1997)(町田小織)
第2章 つくる ハンセン病回復者が暮らす離島を「人権の島」に―国立療養所大島青松園にグランドオープンした社会交流会館(池永禎子)
コラム2 ダークツーリズム(町田小織)
第3章 つなぐ つながりに気づく場所(稲庭彩和子)
コラム3 あわい(町田小織)
第4章 つどう 世代・地域・文化を超えて(半田昌之)
コラム4 クロアチア地震とICOM(町田小織)
第5章 つかう 印刷博物館からのプロポーザル(樺山紘一)
コラム5 モニュメントの意味(町田小織)
第Ⅱ部 ミュージアムと国際社会―表現の自由、政策、プロパガンダ
第6章 展示のイデオロギー―表現の自由の葛藤(町田幸彦)
コラム6 サラエボ国立図書館(町田小織)
第7章 大日本帝国の「近代美術館」―徳寿宮と李王家美術館に見る「植民地主義的労働」(コウオジェイ マグダレナ)
第8章 ユーゴスラビアというパズル―旧ユーゴ内戦に関するミュージアムからみる記憶、想起、共感(町田小織)
第8章参考資料 「1995年~1996年の記憶」を記録した1999年を振り返る(町田小織)
終章 時空を超えて―「パンドラの箱」の彼方(町田小織)

編者|editor

町田小織(まちだ・さおり)
東洋英和女学院大学国際社会学部国際社会学科専任講師

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

文化的に生きる権利―文化政策研究からみた憲法第二十五条の可能性

文化的に生きる権利

文化政策研究からみた憲法第二十五条の可能性

  • 中村美帆(著)/2021年3月
  • 4500円(本体)/A5判上製392頁
  • 装丁:長田年伸

コロナ禍において文化芸術分野がイベント自粛要請の影響を直に受ける中、「不要不急なものとして文化は後回しにされても仕方ないものなのか」「文化は社会にとって必要なのか」という問いが、改めて突き付けられた。
日本国憲法第二十五条第一項には「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とある。本書では、文化政策を研究する筆者が、憲法第二十五条を、文化芸術に係る政策を実施する際の理論的基盤である「文化権」という理念の根拠規定として読むことの可能性と課題、そして本条文に「文化」という文言が含まれることの意義を明らかにする。

(ISBN 9784861107245)

目次|contents

図表一覧

はじめに 生存権における「文化」の意義

第一部 憲法第二十五条における「文化」
第1章 憲法第二十五条に関するこれまでの議論と課題

第二部 日本国憲法と「文化」
第2章 憲法第二十五条の成立の経緯
第3章 日本国憲法成立過程における「文化」
第4章 附帯決議「文化国家」概念にみえる敗戦直後の「文化」観

第三部 生存権と「文化」
第5章 戦前の生存権の思想史における「文化」
第6章 憲法第二十五条の「文化」の意義
第7章(結論) 文化政策からみた憲法第二十五条――文化権としての可能性

おわりに 文化と人権

謝辞

参考文献一覧
初出一覧
付表
索引

お詫びと訂正

本文中に編集上の不手際で以下のような誤りが生じました。謹んでお詫びして訂正いたします。
『文化的に生きる権利』正誤表

著者|author

中村美帆(なかむら・みほ)
専攻・専門は文化政策研究。静岡文化芸術大学文化政策学部准教授。東京大学法学部卒、同大学院人文社会系研究科文化資源学研究専攻博士課程単位取得満期退学、博士(文学)。日本学術振興会特別研究員(DC2)、静岡文化芸術大学講師を経て、現職。
著作に「文化国家」「文化権」(小林真理編『文化政策の現在1 文化政策の思想』東京大学出版会、二〇一八年)、「文化政策とソーシャルインクルージョン―社会的包摂あるいは社会包摂」(小林真理編『文化政策の現在2 拡張する文化政策』東京大学出版会、二〇一八年)、「文化政策と法」(小林真理編『文化政策の現在3 文化政策の展望』東京大学出版会、二〇一八年)など。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

エチオピア帝国再編と反乱(ワヤネ)―農民による帝国支配への挑戦

エチオピア帝国再編と反乱(ワヤネ)

農民による帝国支配への挑戦

  • 眞城百華(著)/2021年3月
  • 4200円(本体)/A5判上製374頁
  • 装丁:中島衣美

「埋もれた声」を追う
1943年、エチオピア帝政期で最大規模の農民反乱が発生した。エチオピアの支配民族であったティグライ人が起こした「ワヤネ」と呼ばれるこの反乱の背景にあった、政府とティグライ人の対立、ティグライ農民と貴族の関係、エチオピアをめぐるイタリアやイギリスなど列強の意図を、文書史料調査と多数の現地聞き取り調査から探るとともに、会合を通して反乱を組織化する、主体的な農民たちの姿を描く。

(ISBN 9784861107214)

目次|contents

序章
第1章  エチオピアとティグライの政治と社会
第2章  ティグライ州の行政改革と中央政府の介入
第3章  アファール襲撃事件――慣習の復活と帝国軍による鎮圧
第4章  ワジラット事件――州政府と農民の武力衝突
第5章  ワヤネの組織と展開
第6章  ワヤネ――「反乱」への転化
第7章  ワヤネの帰結と中央集権化の確立
終章   ワヤネと農民

参考文献
インフォーマント一覧
用語解説
索引

著者|author

眞城百華(まき・ももか)
上智大学准教授。エチオピア史、アフリカ研究。
主な著作に、「民族の分断と地域再編――ティグライから見たエチオピアとエリトリアの100年」(小倉充夫編著『現代アフリカ社会と国際関係――国際社会学の地平』、有信堂、2012年)、「戦う女性たち――ティグライ人民解放戦線と女性」(石原美奈子編著『現代エチオピアの女たち――社会変化とジェンダーをめぐる民族誌』明石書店、2017年)、「北東アフリカにおける脱植民地化と国際秩序の再編――イタリア植民地処理と地域対立の萌芽」納家政嗣・永野隆行編『帝国の遺産と現代国際関係』勁草書房、2017年)など。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

現代民俗学考―郷土研究から世界常民学へ

現代民俗学考

郷土研究から世界常民学へ

  • 佐野賢治(編)/2021年3月
  • 13000円(本体)/A5判上製1068頁
  • 装丁:桂川潤

「現代社会における民俗研究の意義」「仏教民俗研究の新視角」「“モノ”語り―民具・地域博物館・文化創生」「民俗比較と国際常民文化研究」の4分野、42編の論稿から成る、佐野賢治古稀・神奈川大学退職記念論集。
(ISBN 9784861107085)

目次|contents

まえがき―新時代の民俗学  佐野賢治   

Ⅰ 現代社会における民俗研究の意義
フレデリック・ルシーニュ   住民・地域社会による民俗学知識の自主的利用―「主体化」の理論と総合的現代民俗学の可能性
渡部鮎美   過疎・高齢化地域に住み続ける生活像の形成―新潟県十日町市松代・松之山地域の出稼ぎ者を事例に
高倉健一   ヘリテージツーリズムと聖地巡礼―観光スタイルの日中比較
鈴木英恵   次世代につながる獅子舞―復活と中断を繰り返す芸能の特徴
白井正子   地域をつなぐ成島八幡神社の継承と民俗―棟札の語る文化
會澤健裕   姉崎正治の“民間信仰”研究―「信夫山」と高山樗牛、鷹野弥三郎をめぐって
大友真希   民具と民藝をつなぐもの
藤川美代子   「よい石花菜」とは何か―台湾東北角におけるGelidiaceaeの採集・加工・売買をめぐる民族誌的研究
小泉優莉菜   ポスト・キリシタン試論
サイモン・ジョン   日本における端午の節句―浜松まつりの事例からみる内外の対立

Ⅱ 仏教民俗研究の新視角
佐野賢治   “福田”考序説―日本的仏教受容の一側面
小村純江   現在の鎌倉地域における妙見―民俗学的視点から
西田英明   相模大山縁起成立の歴史的背景
大橋克已   佐久に遺る一遍の踊念仏―念仏儀礼の継承と変容
近石哲   禅宗篤信地域における民俗宗教序説―奥州市にみる御内法(隠し念仏)信仰の特徴と軌跡
大田黒司   天草における民俗信仰の諸相とその背景
小野寺佑紀   熊野灘沿岸における石経の習俗―尾鷲市須賀利の石経を事例として
古谷野洋子   沖縄県宮古地方のミロク信仰―ミロク御嶽の信仰と「沖縄ミロク会」の活動から
八田悠吏那   弥勒から「ミルク」―家神信仰の聖空間と韓国式仏教文化との関係について
根敦阿斯尓   チベット仏教におけるラマ僧の役割―フフホト市域の出家と継承の事例を中心に
英萄   内モンゴル牧畜地域におけるチベット仏教寺院について―通遼市ジャロード・ホショーを中心に
張曉林   チベット仏教美術タンカの現状―青海省同仁県を中心に

Ⅲ “モノ”語り―民具・地域博物館・文化創生
内山大介   会津鋸の生産と流通―鋸鍛冶と金物卸商の近現代
小椋裕樹   東北地方の木地製作用手引ろくろ―ユニークな構造の背景を探る
坂井美香   かちかち山考―昔話を民俗学的に読む、試論
市東真一   呪具としての団扇―唐招提寺うちわ撒きを事例に
對馬陽一郎   福島県只見地方の武術文書
萩谷良太   鹿島信仰と常総の地域社会―色川家の日記を通して
岡本夏実   地域博物館における民具収集―近年の事例より
磯本宏紀   地域の総合博物館における民俗展示と民俗学―博物館での隣接領域との接点と基盤
大西万知子   地域博物館と文化創生 戦争の記憶を語り継ぐ―記憶の場所としての広島平和記念資料館
阿部宇洋   農村文化研究所と佐野賢治―置賜に残したもの

Ⅳ 民俗比較と国際常民文化研究
蒋明超   薩摩の石敢當の中国伝来の可能性―倭寇や唐人町を中心に
余志清   「宗族再興」からみる中国少数民族の移住伝説と族譜―貴州省プイ族の事例を中心に
程亮   狐仙祭祀の普遍性と地域性―湖北省と東北・華北地方との比較を中心に
王海翠   豚頭供物に見る中国農村の民俗信仰―中国河北省邯鄲市唐荘村を中心に
白莉莉   文化の翻訳から文化の外訳へ―モンゴル族の祭祀文化の外訳を事例に
那仁畢力格   蒙古と漢族の合同祭儀
張高娃   モンゴル人と星の民間信仰―内モンゴルを中心として
ホビト   モンゴルの旧月名について―漢文資料・モンゴル占星術の古文書及び従来研究を中心に
鍋田尚子    ベトナム・フエ地域における陰暦一月九日の新年儀礼
李德雨   在外韓国人の食文化の実在と比較民俗学的試論

あとがきにかえて―佐野ゼミ風景から  編集委員会   

佐野賢治教授年譜・業績   

執筆者紹介   

編者|editor

佐野賢治(さの・けんじ)
一九五〇年静岡県生まれ、つくば市在住。東京教育大学文学部、筑波大学歴史人類学研究科修了後、愛知大学・筑波大学教員を経て現在、神奈川大学歴史民俗資料学研究科教授、(公財)農村文化研究所長、日本民具学会長、野外文化教育学会副会長を務め、比較民俗研究会を主宰。日本学術会議連携会員、文化庁文化財専門委員、神奈川大学日本常民文化研究所長、日本ユネスコ協会連盟未来遺産委員会委員などを歴任。編著書に、『虚空蔵菩薩信仰の研究』(吉川弘文館、一九九六)、『星の信仰』(渓水社、一九九四)、『現代民俗学入門』(吉川弘文館、一九九六)、『西南中国納西族・彝族の民俗文化』(勉誠出版、一九九九)、『ヒトから人へ』(春風社、二〇一一)、『宝は田から』(春風社、二〇一六)など。文学博士。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する