宗教と開発の人類学―グローバル化するポスト世俗主義と開発言説

宗教と開発の人類学

グローバル化するポスト世俗主義と開発言説

  • 石森大知・丹羽典生(編)/2019年6月
  • 4000円(本体)/四六判上製448頁
  • 装丁:中本那由子

教育・医療・福祉の各分野から社会全体の変革まで、宗教団体や宗教者による開発への関与が顕在化する現代。
アジアとオセアニア各地の開発の現場から、宗教との関係を問い直す。
(ISBN 9784861106514)

目次|contents

序章 宗教と開発をめぐる新展開―ポスト世俗化時代の人類学に向けて(石森大知)
第Ⅰ部 宗教と世俗関係の生成・揺らぎ
第1章 開発実践からみた宗教と世俗の境界―現代タイの上座仏教僧によるヘルスケア活動の現場から(岡部真由美)
第2章 関与と逃避の狭間で―ミャンマーにおける出家者の開発実践の変遷と行方(藏本龍介)
第3章 社会的想像のなかの教会・首長・政府―サモア独立国の自殺防止活動を事例とした世俗化をめぐる議論への批判的再検討(倉田誠)
第4章 マングローブ岸の回心とコミットメント―フィジーにおけるダク村落事業からみたオセアニア神学(丹羽典生)
第Ⅱ部 ソーシャル・キャピタルとしての宗教
第5章 宗教とソーシャル・キャピタル論の再検討―ソロモン諸島における教会主導の植林プロジェクトの顛末(石森大知)
第6章 自己のためか、他者のためか―タイ南部インド洋津波被災地におけるイスラーム団体の支援活動をめぐって(小河久志)
第7章 貧困地域におけるキリスト教の社会運動の展開―釜ヶ崎キリスト教協友会を事例に(白波瀬達也)
第Ⅲ部 宗教の公共性をめぐる諸相
第8章 ムスリムによる公益活動の展開―中国雲南省昆明市回族社会の事例から(奈良雅史)
第9章 中国のチベット社会における僧院と教育―多面化する「世俗」のなかで(小西賢吾)
第10章 よりよい生を求めて―インドにおける不可触民の解放実践と仏教(舟橋健太)
第11章 女神に付与された複数の公共性―北インドの宗教的な慈善団体とヒンドゥー寺院(田中鉄也)
あとがき
執筆者紹介
索引

編者| editors

石森大知(いしもり・だいち)
神戸大学大学院国際文化学研究科・准教授。博士(学術)。専門は文化人類学、オセアニア地域研究。著書に、『生ける神の創造力―ソロモン諸島クリスチャン・フェローシップ教会の民族誌』(世界思想社、2011年、単著)、『多配列思考の人類学―差異と類似を読み解く』(風響社、2016年、共編著)、『文化とコミュニケーション』(北樹出版、2016年、共編著)など。

丹羽典生(にわ・のりお)
国立民族学博物館学術資源研究開発センター・准教授。博士(社会人類学)。専門は社会人類学、オセアニア地域研究。著書に、『〈紛争〉の比較民族誌―グローバル化におけるオセアニアの暴力・民族対立・政治的混乱』(春風社、2016年、編著)、『現代オセアニアの〈紛争〉―脱植民地期以降のフィールドから』(昭和堂、2013年、共編著)、『脱伝統としての開発―フィジー・ラミ運動の歴史人類学』(明石書店、2009年、単著)など。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

ニュージーランドTODAY

ニュージーランドTODAY

  • ニュージーランド学会(編)/2019年4月
  • 2000円(本体)/四六判並製252頁
  • 装丁:矢萩多聞

98トピック+2コラムを各見開き2頁でわかりやすく解説。
駐日ニュージーランド大使が推薦する、最新NZ情報の決定版!
(ISBN 9784861106446)

目次|contents

はじめに
01 自然
02 動植物
03 住民
04 政治
05 産業
06 経済・行政・司法
07 環境政策
08 社会的弱者への脅威
09 子育てと家庭
10 先住民マオリ
11 スポーツと文芸
12 ニュージーランドで観る、学ぶ、働く
コラム
あとがき
もっとニュージーランドを知るために
執筆者紹介

編集委員| editors

青柳まちこ(あおやぎ・まちこ) 立教大学名誉教授。
池田久代(いけだ・ひさよ) 元皇學館大学教授。
太谷亜由美(おおたに・あゆみ) 関西大学経済学部、龍谷大学経済学部・社会学部非常勤講師。
近藤真(こんどう・まこと) 岐阜大学名誉教授。
塩田晴康(しおた・はるやす) ニュージーランド学会事務局長。
芝田英昭(しばた・ひであき) 立教大学コミュニティ福祉学部教授。
マシウス、ピーター・J(Matthews, Peter J.) 国立民族学博物館研究部教員。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

アフリカ漁民文化論―水域環境保全の視座

アフリカ漁民文化論

水域環境保全の視座

  • 今井一郎(編)/2019年3月
  • 3700円(本体)/A5判上製304頁
  • 装丁・レイアウト:中島衣美

経済活動が活発化するなかで、いかに持続可能な漁業を行うことができるか?
内水面(河川・湖)から海面におけるアフリカ漁民の多様な実態を、知恵や技術、経済活動、資源管理の側面から明らかにする。アフリカの水辺に暮らす人々の民族誌。【カラー口絵12頁】

「いかに水産資源を適正に利用・管理し、持続可能な社会を形成していくか。本書では、第一線の研究者たちが、アフリカの漁民たちの在来知を丹念に掘り起こしつつ、グローバルな動きの中での現状と課題を明らかにしている。」――吉田憲司(国立民族学博物館 館長)氏推薦!
(ISBN 9784861106439)

目次|contents

序章 アフリカ漁民文化の研究(中村亮・今井一郎)
第Ⅰ部 アフリカ漁民の知恵と技術
第1章 アルバート湖岸に生きる漁民の知恵―逆境を制御するための実践(田原範子)
第2章 ケニア共和国沿岸南部の魚かご漁における漁具と漁法(田村卓也)
第3章 ガーナ共和国首都アクラにおけるガ漁師の延縄漁(古澤礼太)
第Ⅱ部 アフリカ漁民の経済活動
第4章 ザンビア・カリバ湖の商業漁業―アクターの変化と資源をめぐる諸問題(伊藤千尋)
第5章 急成長するザンジバルのダガー産業と地域経済の活性化(藤本麻里子)
第6章 市場のアフリカ漁民たち―コンゴ共和国ブラザビル市のローカル・マーケットの観察から(大石高典・萩原幹子)
第Ⅲ部 アフリカ漁民の資源管理の課題
第7章 アフリカ内陸湿地の漁師たち―マラウイ国チルワ湖の調査から(今井一郎)
第8章 ドローン空撮によるマラウイ共和国の内水面漁業調査(山田孝子)
第9章 ギニア沿岸部における製塩業と水域環境保全の実態(中川千草)
第10章 アフリカ漁民社会の地域振興と資源管理の課題―タンザニア南部キルワ島の「魚景気」から(中村亮)
あとがき
執筆者紹介
索引

編者|editor

今井一郎(いまい・いちろう)
関西学院大学総合政策学部教授。博士(理学)。京都大学理学博士。専門は生態人類学であり、アフリカ大陸の内水面域における漁撈活動について調査研究するほか、ネパール・ヒマラヤ地域の自然と民族の関係についても研究を進めている。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

食から描くインド―近現代の社会変容とアイデンティティ

食から描くインド

近現代の社会変容とアイデンティティ

  • 井坂理穂・山根聡(編)/2019年2月
  • 3700円(本体)/四六判上製400頁
  • 装丁:矢萩多聞

肉食か菜食か。飲酒か禁酒か。誰がつくるのか? 誰と食べるのか?
国、地域、宗教、カースト、ジェンダー…食にあらわれる「自己」と「他者」。
イギリス植民地時代から現代まで、文学・歴史学・文化人類学にまたがり、インドの食をめぐる刺激的論集!
(ISBN 9784861106330)

目次|contents

序章 食から描くインド―近現代の社会変容とアイデンティティ(井坂理穂)
I 食からみる植民地支配とナショナリズム
第一章 一九世紀後半の北インドにおけるムスリム文人と食―郷愁と動揺(山根聡)
第二章 インドのイギリス人女性と料理人―植民地支配者たちの食生活(井坂理穂)
第三章 ナショナリズムと台所―二〇世紀前半のヒンディー語料理書(サウミヤ・グプタ、上田真啓 訳)
第四章 現代「インド料理」の肖像―はじまりはチキンティッカー・マサーラーから(山田桂子)
Ⅱ 食をめぐる語り
第五章 一口ごとに、故郷に帰る―イギリスの南アジア系移民マイノリティの紡ぐ食の記憶と帰属の物語(浜井祐三子)
第六章 買う・つくる・味わう―現代作家が描く食と女性(小松久恵)
Ⅲ 変動する社会と食
第七章 もの言う食べ物―テランガーナにおける地域アイデンティティと食政治(山田桂子)
第八章 飲むべきか飲まぬべきか―ベンガルール市でのフィールドワークから(池亀彩)
第九章 ハラール食品とは何か―イスラーム法とグローバル化(小杉泰)

編者|editors

井坂理穂(いさか・りほ)
東京大学大学院総合文化研究科准教授。専門は南アジア近代史。
山根聡(やまね・そう)
大阪大学大学院言語文化研究科教授。専門はウルドゥー文学、南アジア・イスラーム論。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

グローバル都市を生きる人々―イラン人ディアスポラの民族誌

グローバル都市を生きる人々

イラン人ディアスポラの民族誌

  • 椿原敦子(著)/2019年2月
  • 3700円(本体)/四六判上製312頁
  • 装丁:中島衣美

イラン革命を機にアメリカ・ロサンゼルスへ亡命・移住してきたイラン人たち。
王党派、宗教マイノリティ、かつて革命の一翼を担った左翼勢力……異なる移住の経緯を持つ人々が、グローバル都市ロサンゼルスで出会う。
日々移動しながら分散して暮らすイラン出身者の民族誌。
(ISBN 9784861106309)

目次|contents

序章 グローバル都市の人類学
第一章 離合集散のフロー
第一節 転地の過程
第二節 ノードとしてのロサンゼルス
第三節 ディアスポラ・ナショナリズム
第二章 宗教と世俗の再構成
第一節 「ユダヤ人」と「ユダヤ教徒」
第二節 ムスリムで「ある」こと
第三章 排除と包摂のランドスケープ
第一節 ペルシア・パレス
第二節 ペルシア・スクエア
終章
参考文献
あとがき

著者|author

椿原敦子(つばきはら・あつこ)
1974年、岐阜県生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(人間科学)。現在、龍谷大学社会学部講師。
主な著書・論文に「移民と/移民の景観」『景観人類学』(2016年、時潮社)、“Putting ‘Tehrangeles’ on a Map: A Consideration of Space and Place for Migrants.” (2011, Bulletin of the National Museum of Ethnology)など。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

寛容な社会―アメリカ合衆国における言論の自由と過激派の言論

寛容な社会

アメリカ合衆国における言論の自由と過激派の言論

  • リー・C・ボリンジャー(著)、池端忠司(訳)/2018年12月
  • 4100円(本体)/A5判並製390頁
  • 装丁:長田年伸

言論の自由はどこまで保障されるのか。私たちの目指す寛容とは何か。
ユダヤ系住民を標的としたアメリカ・ナチ党によるデモが裁判によって保護された「スコーキ事件」などを取り上げ、アメリカ合衆国憲法修正第一条が保障する言論の自由の価値や目的を考察。
ヘイト・スピーチの規制をめぐる日本国内の問題にも示唆を与える。
(ISBN 9784861105937)

目次|contents

謝辞
序(アメリカ合衆国の言論の自由に関する判例・学説において見過ごされている新たな原理論の発見)
第1章 自由の奴隷か
(スコーキ事件の示唆とウィグモアの問題提起を真剣に受け取ること)
第2章 古典モデルとその限界
(啓蒙運動期からの言論の自由擁護論の意義と限界)
第3章 要塞モデルとその限界
(私たちの不寛容な心に対処する言論の自由の北壁的理論の意義と限界)
第4章 寛容な心を求めて
(ミクルジョンの信念の肯定とホームズの信念への不信からの寛容論とは)
第5章 寛容という立場内の弁証法
(基盤の異なるミクジョンとホームズの寛容論の対立と総合の必要)
第6章 線引きと曖昧さの長所
(一般的寛容の理論から導き出される新たな解釈原則)
第7章 正しい表明方法の探究
(一般的寛容の理論から導き出される言論の自由に関する判決の正しい書き方)
第8章 一般的寛容の理論に向けてのアジェンダ
(一般的な寛容の理論が取り組む困難とタブー理論の克服)
訳者あとがき(ボリンジャーの原本を取り上げる日本の文献の紹介)
索引

著者|author

リー・C・ボリンジャー(Lee C. Bollinger)
1946年生まれ。アメリカ合衆国の憲法学者。第19代コロンビア大学学長。

訳者|translator

池端忠司(いけはた・ただし)
神奈川大学法学部教授。共著に『憲法理論とその展開』(信山社2017)がある。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

まちづくりのエスノグラフィ―《つくば》を織り合わせる人類学的実践

まちづくりのエスノグラフィ

《つくば》を織り合わせる人類学的実践

  • 早川公(著)/2018年12月
  • 3700円(本体)/A5判上製320頁
  • 装丁:中島衣美

まちづくりは何をつくるのか?
日本各地でおこなわれる「まちづくり」活動。「寂れた商店街」が「元気になった」とはどういうことか? 人びとの実践を支える論理と、そこに共有される新たなリアリティ。
筑波山麓地域でのフィールドワークから、人類学的まちづくり実践を提示する。
(ISBN 9784861106262)

目次|contents

はじめに
序章 再帰的近代、人類学的実践、「まちづくり」
第1章 「まちづくり」への人類学的アプローチに向けて
第2章 再帰的近代化としての「まちづくり」
第3章 筑波山麓地域の生活世界
第4章 「あの頃の北条」をめぐる空間づくり
第5章 地域資源を活用した特産品づくり
第6章 まちづくり実践の「発明品」
終章 人類学的まちづくり実践とは
おわりに
参考文献・参考資料

著者|author

早川公(はやかわ・こう)
1981年宮城県松島町生まれ。筑波大学第三学群国際総合学類卒業、同大学院人文社会科学研究科国際政治経済学専攻修了。博士(国際政治経済学)。専門社会調査士。博士課程修了後、民間企業勤務およびNPO法人代表を経て、現在、仁愛大学人間学部講師。
専門は、文化人類学/応用人類学、まちづくり/地域づくり論、地域志向教育論。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

基礎的自治体と町内会自治会―「行政協力制度」の歴史・現状・行方

基礎的自治体と町内会自治会

「行政協力制度」の歴史・現状・行方

  • 日高昭夫(著)/2018年10月
  • 4200円(本体)/A5判上製416頁
  • 装丁:江森恵子(クリエイティブ・コンセプト)

町内会自治会は、任意の住民自治組織なのか? 地方自治システムなのか?
自治体行政学の立場から町内会自治会論を整理し、歴史統計と全国調査を駆使して行政協力制度の現況と課題を明らかにする。
歴史的、実証的分析に基づき、貴重な学術的資料と改革の方向を提供。
(ISBN 9784861106118)

目次|contents

序章
第1章 町内会自治会の性格
第2章 「行政協力制度」研究の意義と方法
第3章 町内会自治会の状況と自治体の対応―全国自治体調査の概要
第4章 行政協力制度の現状と課題―全国自治体調査による実態分析
第5章 市制町村制下の行政区長制度とその展開―行政協力制度の原型の形成過程
第6章 行政協力制度の事例研究
第7章 防犯灯と町内会自治会―地域公共サービスの担い手の可能性と限界
第8章 行政協力制度の行方―自治体改革と表裏一体の改革へ
参考文献一覧
巻末資料1 基礎自治体と自治会・町内会等との関係に関する全国自治体調査(調査票)
巻末資料2 調査協力自治体一覧
巻末資料3 基本集計結果
あとがき
索引

著者|author

日高昭夫(ひだか・あきお)
1952年 宮崎県生まれ
1977年 中央大学法学部法律学科卒業
1981年 中央大学大学院法学研究科博士前期課程修了(法学修士)
現在 山梨学院大学法学部政治行政学科教授(法学部長・副学長を歴任)
総務省自治大学校ほか自治体職員研修講師
[主な著書]
共編著『コミュニティ事典』春風社2017年
共著『政治行政入門 新版』公人の友社2017年
共著『日本の政府体系――改革の過程と方向』成文堂2002年
『地域のメタ・ガバナンスと基礎自治体の使命』イマジン出版2004年
『市町村と地域自治会――「第三層の政府」のガバナンス』山梨ふるさと文庫2003年
『自治体職員と考える政策研究――分権時代の新しい政治行政作法』ぎょうせい2000年

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

難民支援―ドイツメディアが伝えたこと 

難民支援

ドイツメディアが伝えたこと

  • 松原好次、内藤裕子(著)/2018年8月
  • 2700円(本体)/A5判並製306頁
  • 装丁:難波園子

異質の者を排除せず、ありのままの存在として認めること。
2015年以降のドイツにおける難民受け入れの実情と変遷を、現地の新聞やブログをもとに紹介・解説。難民支援に対し否定的・消極的な見方が広まるなか、一市民に何ができるのかを問う。
ベルリン在住の日本人ボランティアによるルポも併録。
(ISBN 9784861106071)

目次|contents

第Ⅰ部 多様な支援の輪
第1章 難民が生き残るうえでの支援
第2章 難民が人間らしく生きるうえでの支援
第3章 難民が将来に希望をつなぐうえでの支援
■コラム① ベルリンの難民支援ボランティア
第Ⅱ部 暗中模索の難民・移民対応
第1章 過去の清算と基本法の成立
第2章 ガストアルバイター受け入れの苦い経験
第3章 多文化共生と自民族優先の狭間で揺れる言語政策
■コラム② ラマダン明けの食事光景
第Ⅲ部 未来に向けての設計図
第1章 理念の堅持か、現実との妥協か
第2章 「支援と要請」の枠組み
第3章 成熟した市民社会をめざして
■コラム③ 統合を模索するベルリン

著者| authors

松原好次(まつばら・こうじ) 
元電気通信大学教授。専門は言語社会学。
著書に、『Indigenous Languages Revitalized?』(春風社、2000年)、『大地にしがみつけ』(訳、春風社、2002年)、『ハワイ研究への招待』(共編、関西学院大学出版会、2004年)、『消滅の危機に瀕したハワイ語の復権をめざして』(編著、明石書店、2010年)、『言語と貧困』(共編、明石書店、2012年)、『英語と開発―グローバル化時代の言語政策と教育』(監訳、春風社、2015年)などがある。

内藤裕子(ないとう・ゆうこ) 
ベルリン在住翻訳者。ベルリンで難民支援ボランティアに参加した経験、所感を執筆。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

社会学批判と現代―早瀬利雄の人と学問

社会学批判と現代

早瀬利雄の人と学問

  • 内藤辰美(著)/2018年6月
  • 3900円(本体)/四六判上製462頁
  • 装丁:矢萩多聞

戦前から戦後にかけて活動した社会学者・早瀬利雄の先駆的業績を紹介・解説。
治安維持法下における検挙、清水幾太郎との比較、横浜市政との関わりなどにも触れ、その人物と時代を描く。
(ISBN 9784861105616)

目次|contents

序章 社会学者の誕生
第Ⅰ部 早瀬利雄と社会学研究
第1章 『現代社会学批判』
第2章 『アメリカ社会学成立史論』
第3章 『社会科学の諸問題―社会的余剰の理論と社会体制論』
第Ⅱ部 社会学批判とその時代
第4章 社会学批判とその時代
第Ⅲ部 早瀬社会学の中心問題と社会学「論争」
第5章 社会学理論家・早瀬利雄―早瀬利雄の社会学における社会体制論と社会変動論
第6章 社会学一般理論の範疇―ミクロ社会学とマクロ社会学
第7章 社会学史家・早瀬利雄と近代日本の社会学―日本における社会学の成立過程
第8章 早瀬利雄と社会学論争―第三史観論争と経済的社会構成体論争
第Ⅳ部 社会学批判と現代
第9章 社会学批判と現代―早瀬利雄の社会学批判を通して
第Ⅴ部 早瀬利雄と横浜
第10章 横浜・アメリカ・社会学―早瀬利雄の横浜

著者| author

内藤辰美(ないとう・たつみ)
山形大学名誉教授
1971年、日本大学大学院社会学専攻博士課程単位取得退学(文学修士)
所属学会:日本都市社会学会、日本都市学会
主な著書
『市民文化と地方都市―自立的地方都市の可能性』恒星社厚生閣、2001年
『地域再生の思想と方法』恒星社厚生閣、2001年
『生命化社会の探求とコミュニティ―明日の福祉国家と地域福祉』恒星社厚生閣、2011年
『中心と周縁―タイ、天草、シカゴ』春風社、2013年
『北の商都「小樽」の近代―ある都市の伝記』春風社、2015年
『戦後小樽の軌跡―地方都市の衰退と再生』春風社、2017年

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する