ベルブアルブアルの世界―マレーシアの柔構造時間と柔構造社会

ベルブアルブアルの世界

マレーシアの柔構造時間と柔構造社会

  • 板垣明美(著)/2024年6月
  • 3000円(本体)/四六判並製340頁
  • 装丁:矢萩多聞
  • 挿画:越野世帆里

「お金の理論」と「人の理論」のバランスをとるメカニズムとは?
カギとなるゼロ時間(無の時間)をマレーシアの農村で徹底調査し、その役割と重要性を明らかにする。
(ISBN 9784861109201)

目次|Contents

はしがき
序 章 文化人類学が捉えた「時間」と「環境問題=持続可能性」の関連
第1章 マレー人農村の柔構造時間と柔構造社会
――新しい技術も自分たち流に
第2章 ベルブアルブアルの世界
――マレー人農村におけるおしゃべり活動とその成員
第3章 マレー人農村は変わったか
――マレーシア・ケダ州の大規模灌漑プロジェクトと農民の対応
第4章 マレーシアにおける農薬使用の抑制のフィードバック
――ケダ州ムダ地域G村の「漁労稲作果樹菜園文化生態系」の事例
あとがき
アペンディックス

著者|Author

板垣明美 (いたがき・あけみ)

1985年筑波大学環境科学研究科修士課程修了、1993年筑波大学大学院歴史・人類学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。
横浜市立大学都市社会文化研究科准教授。
主要著書に『癒しと呪いの人類学』(2003年、春風社)、『ヴェトナム―変化する医療と儀礼』(編著、2008年、春風社)ほか。

この本を注文する

Amazonで注文する e-honで注文する 楽天ブックスで注文する

 

産後の〈風〉―病いの語りからみる韓国社会とジェンダー

産後の〈風〉

病いの語りからみる韓国社会とジェンダー

  • 諸 昭喜(著)/2024年5月
  • 3600円(本体)/A5判並製272頁
  • 装丁:苑田菊見

文化的表象としての「苦しみのイディオム」
韓国の民俗病「産後風(サヌプン)」をめぐる人びとの語りから、その病いが1980年以前、女性たちが置かれた劣等な地位、経済的貧困と過度な労動による心理的、肉体的苦痛という社会・文化的背景から構築され、いまなお〈風〉は、弱者として生きてきた韓国女性全体に「苦しみのイディオム」として共有され続けていることを、人類学的に論究する。

(ISBN 9784861109577)

目次|contents

はじめに――「声なき声」をすくい上げる

序 章 病いからみる社会
1. 民俗病の研究と歴史
2. 産後の病い
3. 本書の構成

第1章 韓国の医療環境と出産
1. 韓国の医療体系
2. 韓方医学の社会的位置づけ
3. 出産の慣習と文化――産室から病院の分娩室へ
4. 出産の医療化と背景

第2章 「産後風」という病い
1. 産後をめぐる観念
2. 産後風の歴史的由来と定義
3. 産後風の症状
4. 治療と健康管理行為

第3章 患う女性――病いの語りとジェンダー
1. 「女性のオーラル・ヒストリー」と「病いの語り」の間

2. 産後風の語りにみられる韓国女性の生活
3. 「ないはずがない身体」の意味づけ

第4章 治療する側――韓方医学における疾病の社会的構築
1. 韓方医学における産後風の持続、変化、拡大
2. 韓方医による病理化
3. メディアによる知識の流通

第5章 ケアする人――産後調理院と産後調理士の登場と発達
1. ケアされなかったお母さんたち
2. 産後ヘルパーから健康管理士へ
3. 「産後調理院」のケアと儀礼の変容
4. 強化されていく産後ケア

終 章 消えゆく病名――「産後風」とはなにか
1. 文化的表象としての「苦しみのイディオム」
2. 産後風からみる女性の望み
3. 西洋医学のパラダイムにおける民俗的な病い
4. 産後風の治療に関わる課題

おわりに
初出一覧
参考文献

著者|author

諸 昭喜(チェ・ソヒ)

奈良女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程修了。
国立民族学博物館グローバル現象研究部助教。
韓国、台湾、バングラデシュでの妊娠中と出産時の女性の疾病と治療について研究を行っている。
主な著作に、共著『痛みからみえてくること』(韓国語、Humanitas, 2021年)や『尊厳と生存』(法政大学出版局、2022年)、論文「韓国女性のソーシャル・サファリングの身体化―「産後風」の語りを中心に」(『日本ジェンダー研究』、2018年)、「東洋医学における疾患の社会的構築―韓国の産後風を事例として」(『人体科学』、2018年)ほか。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

外国人住民が団地に住み続ける意味―神奈川県X団地のビフォア/アフターコロナ

外国人住民が団地に住み続ける意味

神奈川県X団地のビフォア/アフターコロナ

  • 坪谷美欧子(著)/2024年3月
  • 3000円(本体)/A5判並製228頁
  • 装丁・レイアウト:矢萩多聞

外国人住民がなぜX団地を選ぶのか、住み続けることを選ぶのか。外国人住民へのアンケート調査および、外国人住民、自治会、支援団体へのインタビュー調査にもとづき、来日の経緯、日本での生活実態、地域社会への参画生活、母国とのつながり、子どもの教育、コロナ禍での生活などの項目に分け、詳細な分析を行う。【横浜市立大学新叢書15】
(ISBN 9784861109621)

目次|contents

はしがき
第1章 団地と外国人住民
第2章 団地における外国人住民の生活実態と編入―アンケート調査から
第3章 地域社会と外国人住民のつながり―自治会参加と教育の視点から
第4章 団地に住み続ける外国人住民―ライフストーリー分析から
第5章 コロナ禍における外国人住民と共助
第6章 多様性を受け入れる団地とは―定住とトランスナショナルなつながりが共存する可能性と課題
あとがきと謝辞
引用文献
資料1 アンケート調査票
資料2 インタビュー調査プログラム

著者|author

坪谷美欧子(つぼや・みおこ)
横浜市立大学国際教養学部 都市社会文化研究科 教授。博士(社会学)。
2001年3月、立教大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。専門:社会学、移民研究。
おもな著書:『「永続的ソジョナー」中国人のアイデンティティ―中国からの日本留学にみる国際移民システム』(有信堂高文社、2008)、『人権と多文化共生の高校―外国につながる生徒たちと鶴見総合高校の実践』(共編著、明石書店、2013)、『学校通訳学習テキスト―公立高校・特別支援学校編』(監修、松柏社、2021)。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

国際安全保障―基本的な問いにどう答えるか

国際安全保障

基本的な問いにどう答えるか

  • 今野茂充(編)/2024年3月
  • 2500円(本体)/四六判並製262頁
  • 装丁・レイアウト:矢萩多聞

世界から争いがなくならない理由は何か? 
「なぜ核兵器の拡散を防止することは難しいのか」など、国際安全保障にかかわる根本的な問いと向き合い、論理的に説明するためのポイントを整理。戦争と平和について考えを深めるための視点を提示する。
【東洋英和女学院大学社会科学研究叢書11】
(ISBN 9784861109584)

目次|contents

はしがき【今野茂充】
第一部 国際安全保障の諸相
第1章 意図せざる戦争―軍事衝突は偶発的に起こるのか【福田保】
第2章 同盟―なぜ締結され、どのように維持されるのか【冨樫あゆみ】
第3章 核兵器―核武装の論理と限界をどのように理解できるのか【今野茂充】
第4章 大量破壊兵器の不拡散―なぜ核兵器の拡散を防止することは難しいのか【田中極子】
第5章 イスラム教とテロリズム―宗教と暴力の関係をどのように理解できるのか【河野毅】
第6章 武装集団―なぜ現代世界にとって脅威なのか【望月克哉】
第二部 事例研究
第7章 中国による台湾「統一」はなぜ実現していないのか―1980年代以降の中国および台湾の動向を中心に【望月敏弘】
第8章 「朝鮮半島の非核化」はなぜ実現しないのか―分断と体制維持をめぐる国家交渉から考える【冨樫あゆみ】
第9章 新興技術の移転規制と自由貿易は整合しうるのか―輸出管理と経済安全保障【田中極子】
終章 戦争原因の探求―理論で何を説明できるのか【今野茂充】
あとがき【今野茂充】
引用文献一覧
執筆者紹介

編者|editor

今野茂充 (こんの・しげみつ)
東洋英和女学院大学国際社会学部教授。
専攻は国際政治、国際関係理論、安全保障研究。
主要著作に、『第一次世界大戦への道―破局は避けられなかったのか』(共訳、慶應義塾大学出版会、2017年)、『東アジアのなかの日本と中国―規範・外交・地域秩序』(共編著、晃洋書房、2016年)、『戦略史としてのアジア冷戦』(共編著、慶應義塾大学出版会、2013年)がある。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

「読書の自由」の成立史―1950年代アメリカの図書館員と出版者

「読書の自由」の成立史

1950年代アメリカの図書館員と出版者

  • 小南理恵(著)/2024年3月
  • 3300円(本体)/四六判上製250頁
  • 装丁:長田年伸

全米を席巻していた「赤狩り」への抗議を目的として、1953年に発表された「読書の自由」声明。この声明の成立と展開における、アメリカ図書館界とアメリカ出版界の協同の実態を明らかにし、法の枠外での圧力によって表現の自由が狭められるなかでの出版者と図書館員の役割を問う。

本書の「はじめに」を公開しています → 「はじめに」pdf

(ISBN 9784861109515)

目次|contents

はじめに
第1章 アメリカ合衆国における表現の自由と図書館
第2章 「読書の自由」声明とは何か
第3章 「読書の自由」を論じる
第4章 ウェストチェスター会議
第5章 「読書の自由」声明に対する反応と影響
第6章 アメリカ図書館協会とアメリカ出版会議の協同
第7章 結論

著者|author

小南理恵(こみなみ・りえ)
鶴見大学文学部ドキュメンテーション学科 講師
博士(図書館情報学)。専門はアメリカ公共図書館史。
奈良県出身。2020年、筑波大学大学院図書館情報メディア研究科博士後期課程修了。島根県立大学人間文化学部地域文化学科助教を経て、2022年より現職。

主な著作に、「「読書の自由」の成立過程:1953年ウェストチェスター会議を中心に」(『図書館文化史研究』第35号、2018)、「アメリカ図書館協会とアメリカ出版会議の協同:「読書の自由」との関わりを中心に」(『図書館文化史研究』第36号、2019)、「アメリカのパブリック・ライブラリーの歴史的な進化過程とコミュニティにおける真の役割」(共訳『アメリカ公立図書館運動開始期の思想と実践』京都図書館情報学研究会、2020)など。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

海と路地のリズム、女たち―モザンビーク島の切れては繋がる近所づきあい

海と路地のリズム、女たち

モザンビーク島の切れては繋がる近所づきあい

  • 松井梓(著)/2024年3月
  • 5000円(本体)/A5判上製338頁
  • 装丁:大田高充
  • 装画・挿画:長谷若菜

海の波や天候は生計を左右する。かつて栄えた都市は現在では廃れて産業を失い漁村となった。稠密に建てられた家々のあいだに路地が張り巡らされ、住居では複数の家族が共に住む。モザンビーク島の女性たちの近所づきあいは、こうした繋がりのなかから生まれる。
一方で彼女たちは、いくつもの仕方でみずからを切り離し、人づきあいのバランスを調整する。あけすけなゴシップを言い合う、家族どうしでの食べ物のやりとりをバタリと打ち切る。それらは島の間延びしたリズムからすれば、あまりにドライな切断に見える。
―――本書が描くのは、こういったことだ。

 

本書の「はじめに」を公開しています → 「はじめに」pdf

『海と路地のリズム、女たち』が「本チャンネル」で紹介されました
『海と路地のリズム、女たち』の書評が日本経済新聞に掲載されました

 

(ISBN 9784861109546)

目次|contents

はじめに 変転する関係に触発される
序章  繋がることと切り離すこと
第一章 モザンビーク島という舞台―環境、歴史、社会、女性
第二章 居住空間の形成史、空間の特徴と近所づきあいのリズム
第三章 海がもたらす時間性―変動と確実性のリズム
第四章 誰と住まい、誰と食べるか―住居内での食のやり取り
第五章 濃密な関わりあいとその変転―親密さと摩擦を行き来する
第六章 ゴシップの渦中で共在する
終章  受け流すこと、委ねすぎないこと

著者|author

松井梓(まつい・あずさ)

人間文化研究機構 人間文化研究創発センター 研究員/国立民族学博物館 環インド洋地域研究拠点 特任助教
専攻・専門:アフリカ地域研究・文化人類学
主な著作に「ゴシップの渦中で共在する:モザンビーク島の女性たちの近所付き合い」『アジア・アフリカ地域研究』(21(2)、2022年)など。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

共在する人格―歴史と現在を生きるメラネシア社会

共在する人格

歴史と現在を生きるメラネシア社会

  • 福井栄二郎(著)/2024年3月
  • 5000円(本体)/A5判上製374頁
  • 装丁:大田高充

人格論はまだ始まったばかりだ、と彼らは教えてくれている

「社会的役割」としての人格と「かけがえのなさ」としての人格――彼らのなかにはふたつの人格が共在している。オセアニアに暮らす人々の歴史と現実から「人間」の可能性を描き出す、長年のフィールドワークが結実した民族誌。

本書の舞台となるのは太平洋に浮かぶ小島、ヴァヌアツのアネイチュム島である。19世紀以降、西洋からの強大な力がこの島を飲みこむ。伝統は大きく変容し、その傷跡は現在も残されている。そのなかで彼らの「人格」は、いかに変容し、持続したのか。

 

本書の「はじめに」を公開しています → はじめに(pdfファイル)

(ISBN 9784861109089)

 

目次|contents

はじめに

Ⅰ  人格
第1章 文化人類学における「人格」
第2章 ヴァヌアツ・アネイチュム島

Ⅱ  歴史
第3章 一八四八
第4章 村落の誕生

Ⅲ  カストム
第5章 持続と断絶―土地と名前の結びつき
第6章 恥辱と歴史認識―カストムの真正性
第7章 譲渡できないものを贈与する―名前の贈与と公共圏

Ⅳ  かけがえのなさ
第8章 名の示すもの―ふたつの人格、ふたつの歴史
第9章 人格の手前にあるもの
第10章 死と状況的人格
第11章 共在する人格

あとがき
参照文献
索引

著者|author

福井栄二郎(ふくい・えいじろう)
島根大学法文学部・准教授
社会人類学・オセアニア研究

主な著作に、『交錯と共生の人類学:オセアニアにおけるマイノリティと主流社会』(共著、風間計博編、ナカニシヤ出版、2017年)、『多配列思考の人類学:差異と類似を読み解く』(共著、白川千尋・石森大知・久保忠行編、風響社、2016年)、「From Kastom to Developing Livelihood: Cruise Tourism and Social Change in Aneityum, Southern Vanuatu」(『People and Culture in Oceania』35、2020年)などがある。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

 

共生と記憶の比較文化論―ともにつくる歴史と現在

共生と記憶の比較文化論

ともにつくる歴史と現在

  • 都留文科大学比較文化学科(編)/2024年3月
  • 4000円(本体)/A5判上並製368頁
  • 装丁:長田年伸

多様な文化的背景を持つ他者を理解し、共存・共生していく道を見つける、その取り組みの現在地。都留文科大学比較文化学科創立30周年出版

(ISBN 9784861109522)

目次|contents

総論
第1章 ある「養女」の物語―アメリカのサーカスに生きた日系軽業師テトゥ・ロビンソン (青木 深)
第2章 二つの時代の「自衛」論と「侵略」論の相剋  (伊香 俊哉)
第3章 沈黙しない「共生」の模索―バルセロナ空襲の記憶と現地在住イタリア人  (上野 貴彦)
第4章 「フィリピン国民」の道徳と文化―一九三九年「国民倫理規定」に見る道徳・歴史・文化  (内山 史子)
第5章 「ステークホルダー資本主義」は共生の思想たりうるか?  (菊池 信輝)
第6章 美術アーカイブの現在―アジアの美術における記憶の共有  (岸 清香)
第7章 There is such shelter in ourselves―ゼイディ・スミス『美について』を中心に  (齊藤 みどり)
第8章 若年女性の「働く」選択をめぐるジェンダー規範のゆらぎ―インド、アフマダーバード市におけるNGOの職業訓練を事例に (佐藤 裕)
第9章 韓国・朝鮮の基層文化と現代 (邊 英浩)
第10章 米国のメキシコ移民同郷会による異種混淆のコミュニティ―「家族的類似性」にもとづく連帯  (山越 英嗣)
第11章 「温泉タトゥーお断り問題」―「理不尽な校則」との共通性の考察  (山本 芳美)

編者|editor

都留文科大学比較文化学科
1993年に、教員養成系大学として知られる都留文科大学において唯一教員養成課程を擁しない学科として設立。国際性、現代性、学際性を基本理念とする。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

信仰と音楽は国境を越えて―オーストリアにおけるアレヴィーの儀礼実践と継承

信仰と音楽は国境を越えて

オーストリアにおけるアレヴィーの儀礼実践と継承

  • 鈴木麻菜美(著)/2024年3月
  • 4500円(本体)/A5判上製292頁
  • 装丁:中本那由子

トルコの宗教的少数派(マイノリティ)であるアレヴィーの人びとは、オーストリアへの移民によって文化・社会環境が変遷するなかで、どのようにコミュニティや伝統を維持しているのか。儀礼とそれにかかわる音楽・舞踊への着目・考察をとおして、かれらの生活と信仰実践に迫る。
(ISBN 9784861109096)

目次|contents

はじめに
序論
第1章 「アレヴィー」とは
第2章 アレヴィーと音楽のかかわり
第3章 オーストリアのトルコ系移民とその他の移民コミュニティ
第4章 ディアスポラ・コミュニティにおけるアレヴィー
第5章 ディアスポラ・コミュニティにおけるジェムと音楽、セマーフ
第6章 結論
おわりに

著者|author

鈴木麻菜美(すずき・まなみ)
京都大学 大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 特定研究員
音楽学(博士)、専門はトルコにおけるアレヴィーやスーフィー教団の(儀礼)音楽

主な著作に、「トルコにおけるアレヴィーとアイデンティティとしての音楽:ハジュベクタシュ村の記念祭を通して」(『音樂研究』第28號、2016年)、“Saints in Islamic Ritual Music: Grief for İmam Hüseyin in Alevi Tradition”(Journal of the Institute for Sufi Studies, Vol. 1, 2022)、“The Transmission of Alevi Ritualistic Practices in Austria as the Religious Other’s Society”(Manami SUZUKI (eds.) Special Feature “The Encounter with Religious Others through Music and Musician in the Islamic World”, Kyoto Bulletin of Islamic Area Studies, Vol.16, 2023)など。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

モビリティと物質性の人類学

モビリティと物質性の人類学

  • 古川不可知(編)/2024年3月
  • 3300円(本体)/A5判並製280頁
  • 装丁:コバヤシタケシ

人と物が行き交うグローバルな世界と移動論的転回のなか、大地と海の起伏を感じ、乗り物に揺さぶられ、汗をかきながら移動する。人々と「私」の経験とともに、モビリティを再考する論集。

本書の「序章」(古川不可知 著)を公開しています:「序章 物質の世界をかきわけて」pdf

 

(ISBN 9784861109126)

目次|contents

序章 物質の世界をかきわけて(古川不可知)

第一部  ともに行く/変容する―身体
第1章 「儀礼化」する現代徒歩巡礼―反復の氾濫による連続性とその時空(土井清美)
第2章 ケニアの自転車競技選手の「ラウンドな世界」―移動を重ねてならされる、滞留がサイクルする日常(萩原卓也)
第3章 移動する身体と身分証―インドにおけるチベット難民の移動をめぐる物質的実践(片雪蘭)
第4章 モバイルハウスの民族誌―動く住まいとノマドの共生成をめぐる日米仏の事例から(左地亮子)

第二部  作り出す/反転する―インフラストラクチャー
第5章 環境に棲まうインフラ―流れ橋が刻むリズムと集める空間(難波美芸)
第6章 不可視性に抗して〈観る〉ために―ジープニーをケアするインフラ労働(西尾善太)
第7章 未知の故郷への帰還―ソロモン諸島マライタ島の道路建設にみるインフラストラクチャーの両義性(橋爪太作)

第三部  探る/流動する―環境
第8章 ヒマラヤ山岳観光のモビリティと斜面の質感―山間部の移動をめぐる変化と連続性について(古川不可知)
第9章 多島海のナヴィゲーション―環境のなかを動く身体(中野真備)
第10章 定住した移動民のモビリティ―北西インドに暮らすジョーギーの野営と住まい方(中野歩美)
第11章 難民移動とポリティクス―逃避と越境における南スーダン人の身体、感覚、滞留(村橋勲)

あとがき
執筆者紹介

編者|editor

古川不可知(ふるかわ・ふかち)
九州大学大学院比較社会文化研究院・講師
専門:文化人類学/ヒマラヤ地域研究。
主な著作に、『「シェルパ」と道の人類学』(亜紀書房、2020年)、レーン・ウィラースレフ『ソウル・ハンターズ―シベリア・ユカギールのアニミズムの人類学』(奥野克巳、近藤祉秋との共訳、亜紀書房、2018年)、「インフラストラクチャーとしての山道―ネパール・ソルクンブ郡クンブ地方、山岳観光地域における「道」と発展をめぐって」(『文化人類学』83(3)、2018年)など。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する