1920年代の日本と国際関係―混沌を越えて「新しい秩序」へ

1920年代の日本と国際関係

混沌を越えて「新しい秩序」へ

  • 杉田米行(編)/2011年4月
  • 2500円(本体)/四六判並製・336頁
  • 装丁:矢萩多聞

21世紀の現在と同様,内政と外交の両面でさまざまな変転を迫られながら,新しい秩序を模索していた1920年代の日本を多角的に再検討する。
(ISBN 9784861102622)

目次|indexs

第1章 ワシントン体制と健康保険制度の連動―政府と医師会のコーポラティズム的関係形成過程を中心にして〔杉田米行〕
第2章 優生学の拡大と人種意識〔小野直子〕
第3章 第一次世界大戦後の日独関係におけるドイツ東洋文化研究協会(OAG)の役割〔クリスティアン・W・シュパング&スヴェン・サーラ/ヤコビ・茉莉子(訳)〕
第4章 吉野作造と満蒙特殊権益―門戸開放と中国「保全」〔藤村一郎〕
第5章 民間交流のパイオニア渋沢栄一―民レベルにおける米国日本人移民排斥問題への取り組みを中心として〔片桐庸夫〕
第6章 ホーンベックの非政府組織への期待と初期太平洋問題調査会(IPR)〔高光佳絵
第7章 一九二〇年代アジア太平洋地域にかんする「知」の構築―日米知的交流と「アップリフト」思想〔土屋由香〕
第8章 日ソ関係をめぐる後藤新平と幣原喜重郎―体制共存・変容をめぐる政治経済史の視点から〔浅野豊美〕

編者|editor

杉田米行(すぎた・よねゆき)
大阪大学言語文化研究科准教授
主な著作:『日米の医療―制度と倫理』(編著、大阪大学出版会、2008年);『アジア太平洋戦争の意義』(編著、三和書籍、2005年);『アメリカの対日占領政策とその影響』(共編著、明石書店、2004年);他

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

国際社会学の実践―国家・移民・NGO・ソーシャルビジネス

国際社会学の実践

国家・移民・NGO・ソーシャルビジネス

  • 三橋利光/2011年4月
  • 2381円(本体)/四六判上製・258頁
  • 装丁:矢萩多聞

「公正で慎ましく豊かで健康的な人間味のある世界」に向かって,個人から始まる行動が,家族→地域社会→国民国家社会→大地域圏を経て,地球社会に達する過程を具体例とともに描き出す。
(ISBN 9784861102639)

目次|indexs

第1部 二〇世紀末期の国家と個人―外国人の受け入れとNGO活動
第1章 外国人の受け入れ―EU・オランダ
第2章 外国人の受け入れ―日本
第3章 NGO活動の比較―フランスと日本
第2部 二一世紀の「システム」と個人―変革の動き
第4章 日本における外国人の受け入れとNGOの展開
第5章 オルター・グローバリゼーションと世界社会フォーラム
第6章 マイクロク・レジットとソーシャルビズネス
結論と展望

著者|author

三橋利光(みつはし・としみつ)
1942年生まれ。
東洋英和女学院大学教授。
著書に,
『メキシコ革命におけるナショナリズム―シンボル・役割・形式的利益に見るその発現』(上智大学イベロアメリカ研究所,1973年)
『コント思想と「ベル・エポック」のブラジル―実証主義教会の活動』(勁草書房,1996年)
国際社会学の挑戦―個人と地球社会をつなぐために』(春風社,2008年)
がある。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

京都の中のドイツ

京都の中のドイツ

  • 青地伯水(編)/2011年3月
  • 3200円(本体)/四六判上製・240頁
  • 装丁:矢萩多聞

京都の町には、たくさんのドイツが隠れている。開国以来、日本は科学や政治にとどまらず、広く文化面でドイツを手本として発展を遂げてきた。祝祭、造園、教育、建築、思想の視点から、京都がどのようにしてドイツ文化を受容したのかをさぐる。
(ISBN 9784861102660)

目次|Inhaltsverzeichnis

・祇園祭山鉾行事の運営とゲルマニスト―ドイツ市民文学研究者の京都町衆としての視点
深見茂(祇園祭山鉾連合会理事長)
・京あるいは都は日本語で都市の意味である―ドイツでの京都・日本のイメージ形成
渡邉伸(京都府立大学)
・調和と東洋観―ブルーノ・タウトの『アルプス建築』と 『桂回想』
横道誠(京都府立大学)
・女性と社会―ドイツの運動と京都
吉岡いずみ(京都府立大学)
・ウィーン分離派と京都
浅井麻帆(京都府立大学)
・大正期京都における社会教育論の可能性―海野幸徳の社会事業論・社会教育論とドイツ社会的教育学
吉岡真佐樹(京都府立大学)
・「世界史的立場」と「モラリッシェ・エネルギー」―京都学派右派による近代の超克
青地伯水(京都府立大学)

編者|Redakteur

青地伯水 (あおじ・はくすい)
1963年京都市生まれ。京都大学博士(文学)。京都府立大学准教授。
著書に『もうひとつの世界―アイヒとヒルデスハイマー』(松籟社2005年)、編著に『ドイツ保守革命―ホフマンスタール/トーマス・マン/ハイデッガー/ゾンバルトの場合』(松籟社2010年)などがある。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

近代スコットランドの社会と風土―〈スコティッシュネス〉と〈ブリティッシュネス〉の間で

近代スコットランドの社会と風土

〈スコティッシュネス〉と〈ブリティッシュネス〉の間で

  • 小林照夫/2011年3月
  • 2800円(本体)/四六判上製・360頁
  • 装丁:矢萩多聞

17世紀の同君連合以降,イングランドと対峙しつつも共存してきた“国家なきネイション”スコットランドの独自の歩みを,政治・宗教・産業・都市の観点から多面的にたどる。
(ISBN 9784861102578)

目次|indexs

序章    本書の視点と課題
第1章    一七世紀のスコットランドの宗教と政治―同君連合下の史的一面
第2章    合邦下のスコットランド―スコットランド人のアイデンティティ
第3章    産業革命と都市―産業革命期のスコットランドの首都エディンバラ
第4章    エディンバラ市民と運河―運河建設と石炭資源地の確保
第5章    企業家貴族ブックルー公爵とエディンバラ―エディンバラ、ダルキース、リースを結ぶトライアングル構想
第6章    スコットランドの市民的自治の史的背景―中世都市に基盤を置いた市民的自治
終章    スコットランドにみるスコティッシュネスとブリティッシュネス―住民投票にかけた「権限の委譲」とその史的経緯
補論    横浜開港ではじまった連合王国による近代と近代化

著者|author

小林照夫(こばやし・てるお)
1941年生まれ。関東学院大学文学部教授,同大学大学院文学研究科指導教授。
主要著書
『スコットランド産業革命の展開』八千代出版,1981年
『巨大都市と漁業集落』成山堂書店,1992年(日本港湾学会北見賞受賞)
『日本の港の歴史』(交通ブックシリーズ)成山堂書店,1999年
『スコットランドの都市』白桃書房,2001年(日本都市学会奥井記念賞受賞)
その他著書,編著,共著,論文多数

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

「敵国語」ジャーナリズム―日米開戦とアメリカの日本語新聞

「敵国語」ジャーナリズム

日米開戦とアメリカの日本語新聞

  • 水野剛也/2011年2月
  • 5200円(本体)/A5判変形・470頁
  • 装丁:矢萩多聞

日米開戦後、米政府による統制をうけつつも日本語新聞はその使命を果たすべく必死の後退戦を展開する。報道の自由か国益かで揺れる政府と、未曾有の危機に直面したジャーナリズムの命運を描きだす。
各マスコミで話題を呼んだ『日系アメリカ人強制収容とジャーナリズム』に続く第二弾!
(ISBN 9784861102585)

「北海道新聞」(2011年5月1日)に書評記事が掲載されました。
「朝日新聞」(2011年5月22日)に書評記事が掲載されました。

目次|indexs

第一部 研究の基本的手続き
第一章 本書の目的、意義、方法、その他の諸点
第二章 先行研究のレヴュー
第二部 日米開戦とアメリカの日本語新聞
第三章 真珠湾攻撃直後の統制
第四章 発行再開後の統制と不均衡な相互依存関係
第五章 政府の統制以外の制約要因と「自己規制」
第六章 政府内の政策立案とその実行:OFFと初期OWIを中心に
第七章 強制立ち退き・収容と日本語新聞の発行停止
第三部 知見の総括
終章 結論

著者|author

水野剛也(みずの・たけや)
東洋大学社会学部教授。
2000年、アメリカ・ミズーリ州立大学、スクール・オブ・ジャーナリズム博士課程修了。
著書に『日系アメリカ人強制収容とジャーナリズム』(春風社2005年)がある。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

かの冬、そして秋―僕の朝鮮戦争

かの冬、そして秋

僕の朝鮮戦争

  • 柳宗鎬(著)/白燦(訳)/太田孝子(日本語校閲)/2010年12月
  • 2800円(本体)/四六判・上製・408頁
  • 装丁:矢萩多聞

なぜここで三次大戦を起すというのか! 韓国に生まれ育った少年の曇らぬ眼がとらえた世界、人生、祖国。「この苦労を昔話として語るときが必ず来る」。
(ISBN 9784861102561)
日本図書館協会選定図書

目次|indexs

日本語版によせて
まえがき
はじめに─記憶の復権のために
第一章 北風寒雪冷たい風に
第二章 米海兵隊労働事務所
第三章 天の川ミルクチョコレート
第四章 四月のオールド・ラング・サイン
第五章 毛布一枚担いで
第六章 宛先のない手紙
第七章 中央線艮峴駅付近
第八章 飯屋の恐怖
第九章 夏夜の算術
第一〇章 魔法の手鏡
第一一章 秋の命ぶらぶら
第一二章 歳月が過ぎた後
訳者あとがき
日本語校閲者あとがき

著者|author

柳宗鎬(ユ・ジョンホ)
1935年忠清北道忠州に生まれる。ソウル大学校文理科大学英語英文学科卒業。ニューヨーク州立大学校(Buffalo)修士。西江大学校英文学博士。延世大学校特任教授退職(2006年)。1957年以降評論活動を展開。著書には『柳宗鎬全集』(全5巻)の他に『詩とは何か』、『抒情的真実を求めて』、『もう一度読む韓国詩人』、『私の心の亡命地』、『僕の解放前後 1940-1949』(春風社2008)などがある。1992~1993年、東京大学大学院客員研究員。現代文学賞(1959)、大韓民国文学賞評論賞(1988)、大山文学賞(1995)、銀冠文化勲章(2001)、仁村賞(2002)受賞。大韓民国芸術院会員。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

宗教の人類学 【シリーズ 来たるべき人類学3】

宗教の人類学

  • 吉田匡興、石井美保、花渕馨也(編)/2010年11月
  • 1905円(本体)/四六判・並製・300頁
  • 装丁:矢萩多聞/装画:谷中安規

「理解しがたいのに、わたしたちに影のように寄り添っている」宗教を解きほぐす。改宗、顕示的消費、ファンダメンタリズム、憑依、呪物、アニミズムなどをフィールドから得た知見をもとに論じる。
(ISBN 9784861102479)

来たるべき人類学構想会議のサイトはこちら

目次|indexs

序 宗教をたぐりよせる
【第Ⅰ部 日常の中の宗教性】
1  信じるもの/おこなうものとしての〈宗教〉
―現代北インドにおける「改宗仏教徒」の事例から
2  モノの消費のその向こうに
―バリにおける顕示的消費競争と神秘主義
3 トンチボのいなくなった日常
―宗教装置の置換と遍在化する宗教
【第Ⅱ部 他者表象としての宗教と主体の揺らぎ】
4  「ファンダメンタリスティック」という選択
―カトリック世界における名付けと名乗りと
生き方のポリティクス
5  結婚しない女と嫉妬する精霊
―コモロにおける精霊憑依と人生の生き方
【第Ⅲ部 現実をずらすものとしての宗教】
6 呪物をつくる、〈世界〉をつくる
―呪術の行為遂行性と創発性
7  呪文の成り立ち
―ことばが開く〈世界〉の可能性
【第Ⅳ部 宗教を俯瞰する―迫り来るものとしての宗教性】
8 アニミズム、「きり」よく捉えられない幻想領域
9 スピリチュアルな空間としての世界遺産
―ケニア海岸地方・ミジケンダの聖なるカヤの森林

編者|editors

吉田匡興(よしだ・まさおき)
桜美林大学非常勤講師
石井美保(いしい・みほ)
京都大学人文科学研究所准教授
花渕馨也(はなぶち・けいや)
北海道医療大学大学教育開発センター准教授

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

身体と境界の人類学

身体と境界の人類学

  • 浮ヶ谷幸代(著)/2010年10月
  • 2200円(本体)/A5判・並製・230頁
  • 装丁:矢萩多聞

「身体」の不思議に迫る! 臓器移植、糖尿病、セクシュアリティ、痴呆、死化粧など、今日的なテーマと具体的な事例から身体の不思議に迫る。わかりやすい語り口による最良の人類学入門書。
(ISBN 9784861102448)

目次|indexs

はじめに
第一部 表象される身体<理論編>
第1章 世界的身体
第2章 社会的身体
第3章 政治的身体
第二部 実践する身体<応用編>
第4章 身体をめぐる自己と他者
第5章 身体感覚を研ぎ澄ます
第6章 性の越境の多様性
第7章 老いることの意味
第8章 顕在化する死
おわりに

著者|author

浮ヶ谷幸代(うきがや・さちよ)
2001年 ph.D(学術博士)取得
2009年 相模女子大学人間社会学部教授
専攻は、医療人類学・文化人類学
【主な著書】
『病気だけど病気でない―糖尿病とともに生きる生活世界』(誠信書房)
『現代医療の民族史』(明石書店・共著)
『ケアと共同性の人類学―北海道浦河赤十字病院精神科病棟から地域へ』(生活書院)など

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

英国発グラウンドワーク―「新しい公共」を実現するために

英国発グラウンドワーク

「新しい公共」を実現するために

  • 渡辺豊博・松下重雄(著)/2010年7月
  • 1500円(本体)/A5判・並製・248頁
  • 装丁・装画:矢萩多聞

議論よりもアクション。走りながら考える。日本で初めてグラウンドワークを導入したグラウンドワーク三島の先進的・創造的なNPO活動のすべてがこの一冊に。市民・行政・企業が協働して行う地域再生の画期的ノウハウが満載!
(ISBN 9784861102325)
日本図書館協会選定図書

目次|indexs

第1章 日本におけるグラウンドワークの展開過程
第2章 英国グラウンドワークの発展
第3章 多様な主体の連携による地域資源の管理
第4章 環境再生からまちづくり・人づくりへ
第5章 グラウンドワーク三島の新たなる挑戦

著者|authors

渡辺豊博(わたなべ・ とよひろ)
都留文科大学文学部社会学科教授。
1950年生まれ。東京農工大学農学部農業生産工学科卒業。
1973年、静岡県庁に入り、農業基盤整備事業の計画実施に携わる。
市民・NPO・行政・企業がパートナーシップを組むグラウンドワーク(環境改善活動)を日本で最初に、故郷・三島市で始める。
NPO法人グラウンドワーク三島NPO法人富士山クラブ三島ゆうすい会の事務局長を兼任。
松下重雄(まつした・しげお)
金沢大学地域連携推進センター准教授。
1963年生まれ。1996年より(財)日本グラウンドワーク協会研究員としてグラウンドワークに関する調査研究や全国各地のグラウンドワークの地域支援活動を行う。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

富士山学への招待―NPOが富士山と地域を救う

富士山学への招待

NPOが富士山と地域を救う

  • 渡辺豊博(著)/2010年7月
  • 1500円(本体)/A5判・並製・200頁
  • 装丁・装画:矢萩多聞

霊峰、日本の宝、富士山を守れ! 日本の環境問題の縮図ともいわれる富士山。し尿対策にはバイオトイレ設置、ゴミ放置問題には清掃活動の実施など、NPOパワーによるユニークな富士山再生活動の全貌を紹介。
(ISBN 9784861102295)

目次|indexs

1 富士山の「光と影」
2 バイオトイレ奮闘記
3 富士山の世界遺産登録へのアプローチ
4 世界の「富士山」との連携
5 NPOができること
6 NPOが富士山と地域を救う

著者|author

渡辺豊博(わたなべ・ とよひろ)
都留文科大学文学部社会学科教授。
1950年生まれ。東京農工大学農学部農業生産工学科卒業。
1973年、静岡県庁に入り、農業基盤整備事業の計画実施に携わる。
市民・NPO・行政・企業がパートナーシップを組むグラウンドワーク(環境改善活動)を日本で最初に、故郷・三島市で始める。
NPO法人グラウンドワーク三島NPO法人富士山クラブ三島ゆうすい会の事務局長を兼任。

2013年6月25日『朝日新聞』「ひと」欄で紹介されました。「都留文科大学で富士山学を教え、保全の尊さを訴える」

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する