ファニー・メンデルスゾーン=ヘンゼル―時代に埋もれた女性作曲家の生涯

ファニー・メンデルスゾーン=ヘンゼル

時代に埋もれた女性作曲家の生涯

  • ウテ・ビュヒター=レーマー(著)/米澤孝子(訳)/宮原勇(監訳)/2015年1月
  • 2300円(本体)/四六判並製・248頁
  • 装丁・レイアウト:コトモモ社

弟はF・メンデルスゾーン。
女性に創作活動が許されなかった時代、溢れる才能と意欲に恵まれながらも、弟の影に隠れていた女性作曲家がいた。
肖像画などの豊富な図版と自筆の手紙、日記から才女の生涯と作品を紹介する。年表付。
(ISBN 9784861104213)
日本図書館協会選定図書

目次より|indexs

序論
メンデルスゾーン家
教育
ファニーとフェリックス姉弟
ヴィルヘルム・ヘンゼル
イタリア旅行
「日曜音楽会」
最期
作曲作品
エピローグ

著者|author

ウテ・ビュヒター=レーマー
ドイツにて新聞や『ジャズポディウム』に音楽批評を書き、ポピュラー音楽や19、20世紀の女性作曲家について研究。

訳者|translator

米澤孝子(よねざわ・たかこ)
国立音楽大学器楽科卒業(フルート専攻)。ケルンに留学後、日本で演奏者、指導者として活動。
現在、名古屋大学国際言語文化研究科博士後期課程に在籍。

監訳者|Translation supervisor

宮原勇(みやはら・いさむ)
京都大学大学院修了(哲学専攻)。フンボルト財団の奨学研究員として、ドイツに滞在。
現在、名古屋大学大学院文学研究科教授。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

エドワード・トマス訳詩集

エドワード・トマス訳詩集

  • エドワード・トマス(著)/吉川朗子(訳)/2015年1月
  • 2000円(本体)/四六変型判上製・246頁
  • 装丁:矢萩多聞

古きよきイギリスの美しい田園風景と、当時の人々を詩情豊かに描き出す70篇。
経済的不安や鬱に悩まされながらも創作をつづけ、志願兵として第一次世界大戦に出征、戦死したトマスの詩をテーマ別におさめる。本邦初の訳詩集。
(ISBN 9784861104299)

目次|indexes

一 ことば
二 孤独と憧れ
三 めぐる季節
四 家族と故郷
五 大地の住人
六 このイギリス
七 戦争
解説
エドワード・トマス年譜
あとがき

著者|author

エドワード・トマス(Edward Thomas)
詩人・エッセイスト。1878年、イングランド生まれ。第一次世界大戦に志願兵として従軍、1917年にフランスで戦死。

訳者|translator

吉川朗子(よしかわ・さえこ)
神戸市外国語大学英米学科准教授。専攻は近現代英米詩。文学博士(神戸市外国語大学)。著作に『英詩に魅せられ―エリオットからラーキンまで』(共著、春風社2012)など。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

ペリーと黒船祭―日米文化外交史

ペリーと黒船祭

日米文化外交史

  • 佐伯千鶴(著)/2014年12月
  • 2200円(本体)/四六判上製・204頁
  • 装丁:江森恵子(クリエイティブ・コンセプト)

黒船にのってペリー提督がやってきた……
日本の港町で催される黒船祭を通じて文化の面から日米外交を見直す!
ペリー来航を祝って催され、草の根レベルでの文化外交モデルとなってきた黒船祭。両国政府と祭の関わり方を分析し、十九世紀末から今日までの日米関係史を再考する。

(ISBN 9784861104251)

 

目次より|indexes

第1章 日本人がペリーを好きになった理由―十九世紀末から一九〇五年
第2章 ペリーと日本―一九〇五年から戦争中
第3章 日米の文化外交におけるペリー百年記念祭の意義―戦後から冷戦期<一九四五年-一九五三年>
第4章 沖縄におけるペリー百年記念祭とアメリカの文化宣伝―戦後から冷戦期<一九四五年-一九五三年>
第5章 アメリカにおける日本イメージ―黒船祭と日米交流一五〇周年に向けて

 

著者|author

佐伯千鶴(さえき・ちづる)
歴史学博士。米国オクラホマ大学客員助教授を経て、現在、北アラバマ大学准教授。専攻は、日米関係史、文化外交。著書に、『冷戦期の日本におけるアメリカの文化宣伝政策』(メレンプレス)など。

 

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

ハワイ人とキリスト教―文化の混淆とアイデンティティの再創造

ハワイ人とキリスト教

文化の混淆とアイデンティティの再創造

  • 井上昭洋(著)/2014年12月
  • 2700円(本体)/四六判上製・262頁
  • 装丁:矢萩多聞

キアヌ・リーブスや曙太郎はハワイ人と名乗れるか?
19世紀から現在までの政治、歴史に触れつつ、ハワイ人の宗教文化に現地の内側から焦点をあてる。
伝統と外来が複雑に入り組んだ信仰をもつハワイ人の民族的アイデンティティを読み解く。

(ISBN 9784861104268)

 

目次より|indexes

はじめに
第1章 ハワイ人の誕生
第2章 文化の復興と主権の回復
第3章 アイデンティティをめぐる政治学
第4章 ハワイ人のキリスト教の過去
第5章 文化の邂逅と変容
第6章 ハワイ人キリスト教徒の現在
第7章 過去と現在・文化と信仰
あとがき

 

著者|author

井上昭洋(いのうえ・あきひろ)
天理大学国際学部地域文化研究センター准教授。
北海道大学卒業後、ハワイ大学にて人類学博士号取得。共著に『ハワイを知るための60章』(山本真鳥・山田亨編著、明石書店、2013年)など。
本書は長年のフィールドワーク調査をまとめた初の単著。

 

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

奥邃論集成

奥邃論集成

  • 春風社編集部(編)/2014年12月
  • 2700円(本体)/A5判上製・256頁
  • 装丁:長田年伸

明治大正の思想家、新井奥邃。
各界屈指の論客による『新井奥邃著作集』月報収載の珠玉の論考を一書にまとめ、その人と思想を多角的に照らし出す。
(ISBN 9784861104244)

目次より|indexes
一章 新井奥邃との出会い
二章 異色のキリスト教
三章 新井奥邃をめぐる人々
四章 新井奥邃の言葉
五章 結び

執筆者|contributors
若松英輔/中島岳志/中条省平/飯島耕一/竹内敏晴/花崎皋平/荒井献/鹿野政直/小松裕/鈴木範/久谷川健一…ほか  総勢33名

新井奥邃(1846-1922)
仙台藩士、キリスト教思想家。戊辰戦争を通じてキリスト教に目覚め、生涯を労働と祈りに捧げた。宗教家、教育者として深い影響力をもち、田中正造をして「亜聖」と言わしめた。

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

婚姻連帯論と社会学―レヴィ=ストロース、デュルケムをめぐって

婚姻連帯論と社会学

レヴィ=ストロース、デュルケムをめぐって

  • 門口充徳(著)/2014年11月
  • 4900円(本体)/A5判上製・360頁
  • 装丁:長田年伸

レヴィ=ストロースの「婚姻連帯論」とブラジルのボロロ社会研究。デュルケムのアボリジニ研究が与えた影響も視野に入れその考察過程に矛盾はなかったのか人類学の範疇を越え、社会学的な再検証を試みる。

(ISBN 9784861104237)

 

目次より|indexes

第1部 婚姻連帯論
1 交換関係による婚姻連帯
2 交叉イトコ婚における婚姻規則
3 親族のミクロコスモス
第2部 ボロロ社会
4 双分制と空間の構造化
5 親族構造と父方交叉イトコ婚
6 ボロロ社会における2と3の通約可能性
第3部 アボリジニ社会
7 アボリジニ社会から構造主義へ
8 時間の不在と因果律の打破
9 土地と親族による基本構造

 

著者|author

門口充徳(カドグチ・ミツノリ)
1950年生まれ。早稲田大学大学院を満期退学後、成蹊大学文学部に社会学の教員として赴任。現在、同大学名誉教授。専門は社会学など。著作に「変化のなかの人間関係」秋元律郎・坂田正顕編『現代社会と人間』(学文社、1999年)ほか。

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

交錯する戦争の記憶―占領空間の文学

交錯する戦争の記憶

占領空間の文学

  • 黄 益九(著)/2014年11月
  • 3300円(本体)/四六判並製・370頁
  • 装丁:桂川潤

記憶は過去の事実に基づくか?
石川淳「黄金伝説」、井伏鱒二「遙拝隊長」、山川惣治「少年王者」、壺井栄「二十四の瞳」など戦後占領期における作品を通し、<忘却>と<想起>に曝された戦争の記憶の構築プロセスとその諸相を検証する。
(ISBN 9784861104220)
日本図書館協会選定図書

目次より|indexes

序章
第一部 <想起>と<忘却>
第一章 石川淳「黄金伝説」論
第二章 野間宏「顔の中の赤い月」における復員兵と 戦争未亡人
第三章 井伏鱒二「遙拝隊長」と<戦後>という戦場
第四章 田宮虎彦「異端の子」における戦後ナショナリズム
第二部 <記憶>の変容
第五章 山川惣治「少年王者」の想像力
第六章 石森延男「わかれ道」が発信する美談と「故郷」
第七章 教科書『中等国語』と教材「少年の日の思い出」
第八章 壺井栄「二十四の瞳」の欲望と遺産
終章 <戦後>に問いかける<記憶>

著者|author

黄  益九(ファン・イック)
1973年、韓国・盈徳生まれ。2010年、筑波大学大学院人文社会科学研究科博士課程修了。博士(文学)取得。筑波大学人文・文化学群比較文化学類非常勤講師、同大学外国語センター特任研究員を経て、現在慶南大学校非常勤講師。

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

キリスト教人格教育論―個人の尊厳を見つめて

キリスト教人格教育論

個人の尊厳を見つめて

  • 吉岡良昌(著)/2014年10月
  • 2300円(本体)/四六判上製・248頁
  • 装丁:江森恵子(クリエイティブ・コンセプト)

二十七年に及ぶ、キリスト教に基づく人格教育の探究と実践
すべての教育は個人の尊厳を基盤とするべきでありその実践にはキリスト教の人間理解と価値観が不可欠であることを、デカルト、内村鑑三、エリクソンらの主張に触れながら、歴史的に立証する。ミッションスクールの意義も問う提言の書。
(ISBN 9784861104176)

目次より|indexes

第Ⅰ章 日本における精神的機軸と人格教育
A 明治維新の精神的機軸の探求
・岩倉使節団による大事業
・森有礼の教育思想
・新渡戸稲造の人格教育…など
B 戦後日本の人格教育の課題
・ダグラス・マッカーサーの貢献
・教育基本法「人格の完成」の成立…など
第Ⅱ章 人格教育の原理と展開
A 人格教育の原理
・神のみが真の教育者である
・人格の定義:関係による存在
B 人格教育の展開
・デカルト哲学の教育的意義
・コメニウスの人格教育論
・エリクソン理論に基づく人格形成論…など

 

著者|author

吉岡良昌(よしおか・よしまさ)
1947年生まれ。教育学博士。東洋英和女学院大学人間科学部教授。著書に『キリスト教教育研究――信仰に基づく人間形成』(聖恵授産所出版部、1994)、『いのちを育む教育学』(春風社、2008)など。

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

【新版】待つしかない、か。 ―身体と哲学をめぐって

【新版】待つしかない、か。

身体と哲学をめぐって

  • 木田元・竹内敏晴(著)/2014年10月
  • 1800円(本体)/四六判並製・220頁
  • 装丁:矢萩多聞

稀代の哲学者と演出家が現代の我々に遺した渾身のメッセージ
「しぶとく生きる」ために、我々にできることはなにか。
ハイデガー、メルロ=ポンティの哲学は、日本人に何を訴えかけているのか。
戦中・戦後を駆け抜けた哲学者と演出家による対談の語りおろし。
哲学初心者にもやさしい詳細な脚注付。
2003年の既刊が待望の新版で登場。
(ISBN 9784861104206)

 

目次より|indexs

・「戦後」の終焉
原爆が落ちたとき/林竹二と斎藤信治/からだがうごく/メルロ=ポンティの衝撃/思想と実践…など
・ことばがうまれるとき
言語発生の弁証法/「渾沌」からことばへ/「奇跡の人」の嘘
・からだの文体
はずみを失うからだ/からだが読む/大学教育にかけている視点…など
・待つしかない、か。
ハイデガーの「転回」/丸山真男と「なる」の思想/ことばという思想/戻ったらオシマイ/意識と間身体性…など
・他者への呼びかけ
「私」がうまれる/呼びかける力が低下している/実践 呼びかけのレッスン…など
・希望なき世紀に
からだをそだてる/理解はからだ/「まったくの他者」と生きる/さいごにのこるもの

 

著者|authors

木田元(きだ・げん)
1928年新潟生まれ。哲学者。中央大学名誉教授。著書に『ハイデガー『存在と時間』の構築』(岩波現代文庫)、『反哲学入門』(新潮文庫)、『わたしの哲学入門』(講談社学術文庫)など多数。メルロ=ポンティをはじめ訳書多数。2014年没。

竹内敏晴(たけうち・としはる)
1925年東京生まれ。演出家。劇団ぶどうの会などを経て、竹内演劇研究所を開設。宮城教育大学教授などを務める一方、演劇創造や障害者療育などに打ち込む。著書に『セレクション 竹内敏晴の「からだと思想」』(全四巻、藤原書店)など。2009年没。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

愉しみは最後に―二人のひどく不器用な自殺志願者の往復書簡

愉しみは最後に

二人のひどく不器用な自殺志願者の往復書簡

  • パトリス・ルコント、ダヴィッド・デカンヴィル(著)/桑原隆行(訳)/2014年10月
  • 1800円(本体)/四六変型判・上製・184頁
  • 装丁:コトモモ社

ゴミ回収車自殺、アヒルボート自殺、セザール彫刻式自殺…フランス映画の巨匠ルコントがつづる自殺をめぐるダメンズ小説!!
入院先で出会った二人の自殺志願者が、いかに奇抜で珍妙な自殺ができるか知恵をしぼってアイデアを競い合う。そしてとうとう再会したふたりは…。ルコントのイメージを覆すコミカルな小説!!
(ISBN 9784861104183)

 

著者|auteurs

パトリス・ルコント(Patrice Leconte)
フランスの映画監督。『レ・ブロンゼ』、『髪結いの亭主』、『橋の上の娘』など。近年はアニメーション映画『スーサイド・ショップ』や小説などの創作に励む。

ダヴィッド・デカンヴィル (David d’Equainville)
フランスのジャーナリスト。著書 Le Manifeste pour une journee reconductible, introduction a la procrastination

訳者|traducteur

桑原隆行(くわはら・りゅうこう)
福岡大学教授。著書に『フェティシズムの箱』(大学教育出版)。パトリス・ルコント『ショートカットの女たち』、『リヴァ・ベラ』、レイモン・ジャン『カフェの女主人』(春風社)など、現代フランス小説の訳書多数。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する