石巻片影

石巻片影

  • 三浦衛(著)、橋本照嵩(写真)/2017年2月
  • 2500円(本体)/A4変型上製120頁
  • 装丁・レイアウト:桂川潤

東日本大震災後の石巻を活写!  写真75点と詩・エッセイ

推薦のことば
写真と言葉の交響による、なんと巨大な叙事=抒情詩だろう!
残酷な三月の爪痕から出発して、
大地と人間の営みを祭のくり返しとして寿ぐに至る、
無数の魂の照応の記録だ。――中条省平(仏文学者)

写真が情景とせめぎ合い、ことばが写真とからみ合う。
本を繰るうちに、この世のむこうへと導かれる。
ふと気づく。
むこうにつながることが震災後の祈りの形なのだ、と。――長谷川宏(哲学者)

(ISBN 9784861105302)

目次|indexs

1 見えるものと見えないもの
2 四月は…
3 ひかりへ
4 たなごころ
5 沈黙の大魚
6 ヘルプレス
7 祈り
8 “おだづもっこ”たちのふるさと
9 カッラ~ンな笑い、大儀の眠り
10 みるめ
11 白い道
12 写楽――我と汝の対話の地平へ
13 石は砕けず、千金の玉をつぐ
14 鷗
15 古代からの霊に聴く
16 橋を渡る
17 苦労をともに
18 光のさざなみ
19 明神丸
20 力の弱くなった天
21 美のやどり
22 幼子
23 福耳
24 竜の誕生
25 日々の神話
26 ミルキーウェイ
27 初日
28 ヴェール
29 長靴セブン
30 木と祭り
31 歌を忘れぬ
32 暮らしのなかでこそ
33 灯と陽、うちとそとと
34 しぐさとまなざし
35 五月の唄を待つ
36 深き世界より
37 わが身ひとつ
38 馬鹿写真家
39 仮設
40 大地の詩
41 田植え唄が聴こえる

著者|author

三浦衛(みうら・まもる)
1957年、秋田県井川町生まれ。99年、春風社創業。著書に社史『出版は風まかせ』、エッセイ『父のふるさと』、詩集『カメレオン』(以上いずれも春風社)等がある。

写真|photographer

橋本照嵩(はしもと・しょうこう)
1939年、宮城県石巻市生まれ。74年、写真集『瞽女』(のら社)により日本写真協会新人賞受賞。著書に写真集『石巻 2011.3.27~2014.5.29』(春風社)、写真集『新版 北上川』(春風社)等がある。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

フランス語名詞・動詞連語辞典

フランス語名詞・動詞連語辞典

  • 石川三千夫(著)/2017年2月
  • 3500円(本体)/四六判上製654頁
  • 装丁:江森恵子(クリエイティブ・コンセプト)

これは便利!フランス留学、出張、滞在に必携 !

見出し語5,400。
約30,000に及ぶ連語は政治・経済・医学・歴史・料理・音楽・スポーツなど広範な分野をカバー。
仏語学習、仏語での会話・文章作成・仕事に大変便利な辞典。
(ISBN 9784861105364)

著者|author

石川三千夫 (いしかわ・みちお)
上智大学文学部仏文学科卒。早稲田大学仏文学研究科修士課程修了。
現在、桜美林大学リベラルアーツ学群教授。著書に『ゆっくりいそげフランス語』(共著)弘学社。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

スコットランド、一八〇三年―ワーズワス兄妹とコールリッジの旅

スコットランド、一八〇三年

ワーズワス兄妹とコールリッジの旅

  • 安藤 潔(著)/2017年1月
  • 2700円(本体)/四六判並製214頁
  • 装丁:長田年伸

詩人ワーズワス、その妹ドロシー、コールリッジが旅したスコットランド
ワーズワスの「スコットランド・ポエムズ」などに結実したスコットランド旅行で
彼らの見た風景、泊まった宿、出会った人々……
ドロシーの「旅行記」やコールリッジのノートブックを資料に、現地へも赴き三人の足取りを詳細にたどる。
地図・写真満載!
(ISBN 9784861105296)

目次|indexs

はしがき
第1章  同行三人 ワーズワス兄妹とコールリッジの旅
―ケジックからロッホ・ローモンド、トゥロサックスまで
第2章  コールリッジのスコットランド一人旅
第3章  ワーズワス兄妹の二人旅
―アーガイル・アンド・ビュート以降のハイランズ
第4章  ワーズワスとスコットの出会い
―スコットランド・ローランズ、一八〇三年九月
あとがき
参考文献

著者|author

安藤 潔(あんどう・きよし)
1951年岐阜県生まれ。南山大学文学部、同大学院文学研究科修了。純心女子短期大学専任講師、市邨学園短期大学(名古屋経済大学短大部)教授、ロンドン大学クイーン・メアリ・アンド・ウェストフィールド・コレッジ客員研究員、カリフォルニア大学バークリー校客員研究員等を経て2002年博士号(文学)受領。関東学院大学国際文化学部、同大学院文学研究科教授を経て、現在、関東学院大学名誉教授。
著作に『イギリス・ロマン派とフランス革命―ブレイク、ワーズワス、コールリッジと1790年代の革命論争』(桐原書店、2003年)、『イギリス・ロマン派と英国旅行文化』(関東学院大学出版会、2022年)等。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

ミットフォードと釈尊―イギリス人外交官の見た理想郷日本

ミットフォードと釈尊

イギリス人外交官の見た理想郷日本

  • アルジャーノン・B・ミットフォード(著)、大西俊男(訳)/2017年1月
  • 3200円(本体)/四六判上製196頁
  • 装丁:長田年伸

幕末と明治に活躍した英国外交官が日本で見聞したものとは――
自らの半生と理想を晩年に語った『続回想録』のうち、東洋の神秘に彩られた日本やブッダに関する章を収録する。本邦初訳。
(ISBN 9784861105241)

目次|contents

訳者まえがき
序文(エドマンド・ゴス)
第1章 ヴェリュヴァーナ――釈尊の森
第2章 ブッダとアッシジのフランチェスコとカースト――アーリア人
第3章 コミューン
第4章 木の精――森林伝説
ミットフォードについて
ミットフォード年表
訳者あとがき

著者|author

アルジャーノン・B・ミットフォード(Algernon Bertram Freeman-Mitford, 1837-1916)
イギリスの外交官・作家。著書に『日本昔話』(Tales of Old Japan, 1871)、『日本へのガーター使節団』(The Garter Mission to Japan, 1906)、『回想録』(Memories, 1915)などがある。

訳者|translator

大西俊男(おおにし・としお)
昭和8(1933)年生まれ。三重県伊勢市出身。国立三重大学学芸学部(現教育学部)卒業。三重県内の高校・元三重大学教員。全国高専英語教育学会会長(第5代)のち同会顧問(1995年-)。著書に『A・B・ミットフォード』(近代文芸社、1993年)がある。日本英学史学会会員。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

母のアルバム

母のアルバム

  • 伊藤政子・田中典子(著)/2016年12月
  • 1800円(本体)/A5判上製152頁
  • 装丁:長田年伸

娘、妻、母――ある「女性」の物語

幼い頃の実家の呉服屋の賑わい、戦中の女学校時代の勤労動員、
実らなかった恋、結婚生活の苦労……。知的障害のある子供を
持った母の人生。
昭和・平成を生きたひとりの女性の軌跡を写真と文で綴る。
(ISBN 9784861105234)

目次|indexs

Ⅰ 子供から娘へ(0歳-20歳)
Ⅱ 結婚し母になる(21歳-28歳)
Ⅲ 京子と共に(29歳-33歳)
Ⅳ 娘たちの成長(34歳-58歳)
Ⅴ 夫と歩む(59歳-72歳)
Ⅵ 老いていく(73歳-83歳)

著者|authors

伊藤政子 (いとう・まさこ)
1930(昭和5)年、神奈川県生まれ。三崎小学校(尋常科)、横須賀高等女学校(現横須賀大津高等学校)、共立女子専門学校(被服科)卒業。23歳で伊藤巖と結婚、24歳で典子、29歳で京子を出産。2014年、83歳没。
田中典子 (たなか・のりこ)
1954(昭和29)年、東京生まれ。早稲田大学大学院修士課程修了(英文学)。ランカスター大学博士課程修了(言語学、Ph.D.)。明海大学教授を経て、現在、清泉女子大学教授。著書に『父のアルバム』(2015年、春風社)など。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

東亜連盟運動と石原莞爾

東亜連盟運動と石原莞爾

  • 内村琢也(著)/2016年11月
  • 5000円(本体)/A5判上製386頁
  • 装丁:桂川潤

田中智学の一国民族主義的な国体運動は、いかにして石原莞爾の多民族主義的な運動へと変容していったのか。
東亜連盟運動が政治運動から宗教に支えられた文化・生活運動に転化した経緯を明らかにする。
(ISBN 9784861105227)

目次|indexs

はじめに

序章 対象、目的、方法

第Ⅰ部 石原莞爾系日蓮主義者と東亜連盟運動
第1章 精華会の成立と展開―草創期(1934-1940年)
第2章 精華会と東亜連盟運動―転換期(1940-1946年)
第3章 石原莞爾系日蓮主義者と満州における東亜連盟運動

第Ⅱ部 東亜連盟運動の展開
第4章 東亜連盟協会の結成とその展開
―東亜連盟運動の再建期・基本路線確立期
第5章 石原莞爾の予備役編入と東亜連盟運動の展開
―東亜連盟運動の基本路線転換期
第6章 東亜連盟同志会への改称と東亜連盟運動における具体的活動
第7章 戦後における東亜連盟運動―GHQの占領政策との関係から

終章 全体の結論

参考文献
参考資料
あとがき

著者|author

内村琢也(うちむら・たくや)
1978年、北海道に生まれる
2012年、創価大学大学院文学研究科
社会学専攻博士後期課程修了、博士(社会学)
現在は会社員

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

日本語のポライトネス再考―発話行為・発語媒介行為・相互行為

日本語のポライトネス再考

発話行為・発語媒介行為・相互行為

  • 笹川洋子(著)/2016年10月
  • 3500円(本体)/四六判上製346頁
  • 装丁:矢萩多聞

なぜ、気を遣った表現が誤解を生むのか?
グライスやオースティンの議論を参照しつつ、先行研究を批判的に継承。さまざまな言語文化圏における「依頼」「笑い」「共感」などを題材に比較・分析することで、会話における言語的配慮の諸相を探る。
(ISBN 9784861105029)

目次|indexs

はじめに
第1章 ポライトネスとは何か
第2章 ポライトネスを捉える理論
第3章 発話行為方略としてのポライトネス―ブラウン&レビンソンの理論をめぐって
第4章 多言語文化圏に見られるポライトネス方略の比較―九言語比較調査データの再分析
第5章 発語媒介行為としてのポライトネス
第6章 異文化コミュニケーションにおける曖昧性の共有過程
参考文献
初出一覧
おわりに

著者|author

笹川洋子(ささがわ・ようこ)
神戸親和女子大学文学部教授。著書に『樋口一葉―物語論・言語行為論・ジェンダー』(春風社、2013)。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

カポーティ小説の詩的特質―音と文彩

カポーティ小説の詩的特質

音と文彩

  • 大園弘(著)/2016年10月
  • 3200円(本体)/四六判上製264頁
  • 装丁・レイアウト:桂川潤

名文家カポーティの詩的特質とはいかなるものか、どのような効果を上げているか。
いくつかの短編、中編小説を対象に多数の事例を抽出し、韻と律、直喩、隠喩、その他のレトリックとその詩的効果を考察する。
(ISBN 9784861105210)

目次|indexs

はしがき
第1章 韻律効果の考察
第2章 “(-)like”を用いた直喩表現の考察
第3章 強意的直喩の考察
第4章 比喩標識“as if (/ as though)”をめぐって
第5章 隠喩表現の考察
第6章 その他のレトリック
結び
Appendix Other Voices, Other Roomsの梗概

参考文献
あとがき

著者|author

大園弘(おおぞの・ひろし)
九州国際大学国際関係学部教授。翻訳書に『子供時代への懸け橋―トルーマン・カポーティのアメリカ南部時代』(英宝社、2006)。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

「幻の東京オリンピック」の夢にかけた男―日本近代スポーツの父・岸清一物語

「幻の東京オリンピック」の夢にかけた男

日本近代スポーツの父・岸清一物語

  • 古城康夫(著)/2016年9月
  • 2000円(本体)/四六並製288頁
  • 装丁:峯岸孝之

1932年、1940年オリンピックの東京招致計画を高らかに宣言した男がいた。
日本近代スポーツの父、岸清一。歴史の裏に隠された男の激動の物語を追う。

昭和初期、「スポーツの普及」と「平和」に半生を捧げた男が追い続けた「東京オリンピック開催」という壮大な夢。
暗雲たちこめる時代の波に飲み込まれながらも、未来へとつながれたその偉業の、知られざる軌跡をたどる。
(ISBN 9784861104848)

目次|indexs

はじめに
プロローグ
第Ⅰ章 いざ、東京へ
第Ⅱ章 「スポーツ」との出会いと目覚め~大学予備門入学前夜
第Ⅲ章 東西の“近代スポーツの父”~清一とストレンジとの出会い
第Ⅳ章 ボートレースの醍醐味を満喫~東京大学在学時代
第Ⅴ章 清一の第二のボート人生と、〝国際人〟への架け橋
第Ⅵ章 清一の新しい「使命」~日本初のオリンピック参加に向かって
第Ⅶ章 清一、日本のスポーツ界を牽引する
第Ⅷ章 近代スポーツの曙
第Ⅸ章 夢へのかけ橋~東京オリンピックへの道
終章 つながれた夢
夢のつづき~あとがき

著者|author

古城庸夫(こじょう・やすお)
1957年生まれ。近代ボート競技歴史研究家・江戸川大学経営社会学科准教授。日本大学文理学部体育学科卒業、 筑波大学大学院体育学部コーチ学修士課程修了。高校時代よりボート競技に興じ、ボート部キャプテンとして国体にも出場。日本大学ボート部時代には、学生選手権大会、全日本選手権大会など、各種大会でクルーの一員として優勝に貢献。世界ジュニア選手権大会日本代表、筑波大学ボート部、江戸川大学ボート部等の監督を歴任。世界ジュニア選手権大会(イタリア開催)で優勝指導者章を受章するなど、指導者としても数々の実績をあげる。現在、日本ボート協会において、指導者育成委員会委員・広報委員会スタッフを兼任。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

帝国と文化―シェイクスピアからアントニオ・ネグリまで

帝国と文化

シェイクスピアからアントニオ・ネグリまで

  • 江藤秀一(編著)/2016年9月
  • 3500円(本体)/四六判上製512頁
  • 装丁:長田年伸

シェイクスピア、アントニオ・ネグリの戯曲、
サイバーパンク映画、長崎の南蛮文化、朝鮮の女性教師、イギリスの児童文学……
「帝国」概念を鍵に、領域を越えて広がる文化の諸相を探る。
(ISBN 9784861105173)

目次|indexs

はしがき【江藤秀一】
序章:大帝国前夜
ドクター・ジョンソンとフレンチ・インディアン戦争【江藤秀一】
第Ⅰ部:演劇・音楽
第1章:シェイクスピア『テンペスト』と「帝国」―「交換様式」の視点から【山木聖史】
第2章:スウィングする帝国―ブラック・パシフィックと第二次大戦前夜の『ミカド』【竹谷悦子】
第3章:帝国における音のスペクタクル―聴覚と視覚のネクサス、デリーとロンドン、1911-12年【ティム・バリンジャー(訳:長谷部寿女士)】
第4章:総統の劇場―ナチ期のザールブリュッケンとその劇場【江藤光紀】
第5章:核と帝国主義―オーストラリア先住民演劇『ナパジ・ナパジ』【一谷智子】
第6章:〈帝国〉の時代を生きる―アントニオ・ネグリと「マルチチュード」の演劇【堀真理子】
第Ⅱ部:絵画・映画
第1章:ジョン・ロックウッド・キプリングとインドのクラフツマンシップ【山口惠里子】
第2章:動物と帝国―ディズニーと野生のファンタジーの行方【清水知子】
第3章:『第9地区』、あるいはヨハネスブルクのロー・テクたち【巽孝之(訳:三添篤郎)】
第Ⅲ部:アジア・アフリカ
第1章:長崎の「黒坊」―南蛮文化と有色の帝国主義【鈴木章能】
第7章:〈文明化〉の病としての神経衰弱―漱石の『それから』とギルマンの「黄色い壁紙」を中心に【仙葉豊】
第2章:帝国の女教師たち―朝鮮で教えた女教師たち【朴宣美】
第3章:然り、われ速やかに到らん!―『ジェイン・エア』における宣教と帝国主義【向井秀忠】
第4章:ハリエット・マーティノーの『シナモンと真珠』は帝国の物語か―『経済学例解』と植民地貿易【松本三枝子】
第5章:英領インドにおける母(ハウス・マザー)の身体【中田元子】
第6章:アーレントの帝国主義論と『闇の奥』【対馬美千子】
第Ⅳ部:出版・児童文学・伝記
第1章:「買うべきか、借りるべきか、それが問題」―十八世紀イギリス出版文化の諸相【井石哲也】
第2章:児童文学と帝国―児童文学黄金時代の背景【安藤聡】
第3章:大英帝国とラフカディオ・ハーンの伝記記述―英国軍医はイオニアの男に刺されたのか【長岡真吾】
あとがき【竹谷悦子】
執筆者一覧

編者|editor

江藤秀一(えとう ひでいち)
常葉大学特任教授。筑波大学名誉教授。博士(文学)。
専門:サミュエル・ジョンソンを中心とした十八世紀英文学および文化。
主な著書・翻訳:『十八世紀のスコットランド―ドクター・ジョンソンの旅行記を巡って』(開拓社)、『大人のためのスコットランド旅案内』(彩流社、共編著)、『英国文化の巨人サミュエル・ジョンソン』(港の人、共編著)、ジェイムズ・ボズウェル『ヘブリディーズ諸島旅日記』(中央大学出版部、共訳)など。

執筆者&訳者|authors and translators

江藤秀一(常葉大学特任教授・筑波大学名誉教授)
山木聖史(明治学院大学講師)
竹谷悦子(筑波大学人文社会系教授)
Tim Barringer(イエール大学美術史学科教授)
長谷部寿女士(筑波大学人文社会科学研究科 博士後期課程)
江藤光紀(筑波大学人文社会系准教授)
一谷智子(西南学院大学文学部教授)
堀真理子(青山学院大学教授)
山口惠里子(筑波大学教授)
清水知子(筑波大学人文社会系准教授)
巽孝之(慶應義塾大学文学部英米文学専攻教授)
三添篤郎(流通経済大学准教授)
鈴木章能(長崎大学教授)
仙葉豊(関東学院大学教授)
朴宣美(筑波大学人文社会系准教授)
向井秀忠(フェリス女学院大学文学部教授)
松本三枝子(愛知県立大学外国語学部教授)
中田元子(筑波大学人文社会系教授)
対馬美千子(筑波大学人文社会系准教授)
井石哲也(活水女子大学教授)
安藤聡(大妻女子大学比較文化学部教授)
長岡真吾(島根大学教授)

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する