国際コミュニケーションの政治学

国際コミュニケーションの政治学

  • 本多周爾(著)/2017年6月
  • 3000円(本体)/四六判上製324頁
  • 装丁:桂川潤

いくつかの物語を織り交ぜながら、一本の映画をプロデュースするようにプロパガンダを仕立てる。受け手は、壮大なパノラマに感動させられ、あるいは悲しい話に共感させられ、それらを受け入れる。戦争を支持することを自らの意思により決定したと信ずる。
情報化の波が複合的に交錯し、激しく変動する国際コミュニケーションを、政治とマス・コミュニケーションの視点から分析、検討する。
(ISBN 9784861105524)

目次|indexes

序 章
第一章 国民国家の想像と創造
第二章 ナショナル・アイデンティティの現在
第三章 ナショナリズムの諸相
第四章 開発コミュニケーションのパラダイム
第五章 文化帝国主義の言説
第六章 情報コミュニケーション秩序をめぐる国際政治
第七章 グローバル化という現象
第八章 国際情報環境の変容
第九章 戦争をめぐる報道とプロパガンダ

著者|author

本多周爾(ほんだ・しゅうじ)
1949 年東京都出身。早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程満期退学。博士(法学/慶應義塾大学)。現在、武蔵野学院大学大学院国際コミュニケーション研究科教授(兼国際コミュニケーション学部教授)。
主な著作に『台湾 メディア・政治・アイデンティティ』(春風社)、『発展と開発のコミュニケーション政策』(武蔵野大学出版会)などがある。

AMAZONで注文する HONTOで注文する 楽天ブックスで注文する

コミュニティ事典

コミュニティ事典

  • 伊藤守・小泉秀樹・三本松政之・似田貝香門・橋本和孝・長谷部弘・日髙昭夫・吉原直樹(編)
  • 2017年7月
  • 25000円(本体)/A5判上製1168頁
  • 装丁:南伸坊

〝コミュニティ〟の過去・現在・未来——
いま、なぜ〝コミュニティ〟なのか?
共生とコミュニティづくりには思想が要る!

千年に一度といわれた3.11以後、時代と社会を読み解く鍵となっている「コミュニティ」。いまコミュニティを論じることは、国の「かたち」を示すことであり、社会の公共性/共同性のありようを根本から問うことになる。『コミュニティ事典』は、まさに「現代社会論」であり、「世界の今を読み解く」テキストといえる。
15の大項目-総417項目、執筆者284名による専門知・実践知の集大成。国民生活審議会報告書、GHQ民政情報教育局資料、自治体別「コミュニティ・防災担当窓口」一覧など、資料編も充実の事典。
(ISBN 9784861105388)

目次|indexes

1総論  コミュニティの思想と歴史
2総論  国家・地方制度のなかのコミュニティ
3総論  近代日本社会とコミュニティ
4総論  ボランティア、NPO、NGOとコミュニティ
5総論  グローバル化とネット・コミュニティ
6総論  変容するエスニック・コミュニティ
7各論  まちづくりとコミュニティ
8各論  社会計画・社会開発とコミュニティ
9各論  福祉とコミュニティ
10各論 安全・安心とコミュニティ
11各論 災害・復興とコミュニティ
12各論 アジアのコミュニティ
13各論 欧米のコミュニティ
14各論 コミュニティ・プランニングの対象と方法
15各論 コミュニティ・スタディーズの対象と方法

★本文の一部をこちらからご覧になれます。

 

編集委員|editors

伊藤守(いとう・まもる)
早稲田大学教育・総合科学学術院教授

小泉秀樹(こいずみ・ひでき)
東京大学大学院工学系研究科教授

三本松政之(さんぼんまつ・まさゆき)
立教大学コミュニティ福祉学部教授

似田貝香門(にたがい・かもん)
東京大学名誉教授

橋本和孝(はしもと・かづたか)
関東学院大学社会学部教授

長谷部弘(はせべ・ひろし)
東北大学大学院経済学研究科教授

日髙昭夫(ひだか・あきお)
山梨学院大学副学長/法学部教授

吉原直樹(よしはら・なおき)
東北大学名誉教授/横浜国立大学大学院教授

この本を注文する

AMAZONで注文する HONTOで注文する 楽天ブックスで注文する

教えることの哲学

教えることの哲学

  • ジョン・パスモア(著)/小澤喬(訳)/2017年5月
  • 4100円(本体)/A5判上製468頁
  • 装丁:長田年伸

教育学・分析哲学の両分野に一石を投じる!
多義的で曖昧な「教育」(education)という概念を退け、「教える」(teaching)という営みそのものを哲学的に探究する。国語教育や性教育における応用例も提示。
(ISBN 9784861103766)

目次|indexes

Ⅰ 論述のプログラム
第1章 教えることの哲学へ向けて
第2章 教えることの概念
Ⅱ 教えることの基本原理
第3章 さまざまな能力を発達させる
第4章 情報を獲得する方法を教える
第5章 情報を教え伝える
第6章 情報とさまざまな能力
第7章 さまざまな習慣を養う
第8章 想像力を涵養する
第9章 批判的であることを教える
第10章 気を配り、注意深く学ぶことを教える
第11章 理解することを教える
Ⅲ 教えることの哲学―実地への適用
第12章 英語教育を検討する
第13章 性教育

著者|author

ジョン・パスモア(John Passmore)〈1914-2004〉
オーストラリアの哲学者。20 世紀後半に英語圏の哲学において数々の重要な著作を残す。主な著作に『ここ百年の哲学』A Hundred Years of Philosophy〈1957〉、『科学とその批判者たち』Science and Its Critics 〈1978〉等。

訳者|translator

小澤喬(おざわ・たかし)
東京理科大学名誉教授。英文学、哲学専攻。
共訳書に、クリアンス・ブルックス『現代英米文学にみる神の問題』(リーベル出版)、共著に『イギリス文化事典』(丸善出版)等。

この本を注文する

AMAZONで注文する HONTOで注文する 楽天ブックスで注文する

「出会い」という名の劇場―演劇に生きて

「出会い」という名の劇場

演劇に生きて

  • 岡田正子(著)/2017年5月
  • 2100円(本体)/四六判上製286頁
  • 装丁:矢萩多聞

劇場に集う、すべての人へ
五十年にわたってフランス戯曲の演出・翻訳を中心に活動を続けてきた著者。
演技メソッド「ベラ・レーヌ・システム」の秘訣や、ニコラ・バタイユ、観世寿夫、坂東玉三郎など、多彩な劇界の人々との交流を振り返るとともに、演劇人としての信念を綴る。
(ISBN 9784861105517)

目次|indexes

〈第一章〉ベラとともに
心のなかのせりふ
日本でのベラの歩み
ベラ・システムによる作品へのアプローチ
〈第二章〉さまざまな出会い
坂東玉三郎――舞台の魔術
深川定次――超一流の職人
ジャン・ルイ・バローと観世寿夫――遠大なビジョン
ニコラ・バタイユのプロフィール――ベラ・システムの立証
不条理劇に対する二コラ・バタイユの解決法――様式・技法・想像力
〈第三章〉『私は太田、広島の川――朝は、夜の闇に包まれた』を巡って
『私は太田、広島の川』を支えてくれた人たち
アレーグルの劇的構造
最後の役作り――追悼・西本裕行
土地の力を借りて――『私は太田、広島の川』広島公演
上演台本:『私は太田、広島の川――朝は、夜の闇に包まれた』

著者|author

岡田正子(おかだ・まさこ)
演出家・翻訳家。1929年、東京生まれ。文化学院(大学部文科)卒。52年に渡仏、ベラ・レーヌ・システム(演技の基礎訓練)を学び、宝塚歌劇団等での演劇講師や、本邦初演のフランス戯曲の翻訳・演出を手がける。96年、フランス政府より芸術文化勲章(シュヴァリエ)、2011年、フランス劇作家・劇作曲家協会よりボーマルシェ賞を授与。主な著書に『ベラ・レーヌ・システム』(フランス演劇クレアシオン)など。

この本を注文する

AMAZONで注文する HONTOで注文する 楽天ブックスで注文する

画文集 旅の貼り絵(コラージュ)

画文集 旅の貼り絵(コラージュ)

  • 安田彰(著)/2017年5月
  • 1750円(本体)/菊判上製234頁
  • 装丁:桂川潤

鎌倉、富士山、ニューヨーク、モスクワ……
旅や遊びに興じれば、新たな世界と自分に出会う。
日本や世界各地の名所や風習、彩りある人々のくらしを生きた文化として見つめ、詩情あふれる貼り絵を添えてつづる。
(ISBN 9784861105463)

目次|contents

まえがき
美しき日本
ヨーロッパの窓から
ニューヨークだより
読書の木陰
和の万華鏡
たかが趣味、されど趣味
あとがき

著者|author

安田彰(やすだ・あきら)
1946 年東京生まれ。1969 年東京外国語大学ロシア語科卒業後、株式会社日本交通公社(現JTB)入社。海外旅行・国内旅行業務に携わり、モスクワ、ニューヨークに駐在。アメリカ法人JTB Americas副社長、JTB人事部長・取締役、JNTO(日本政府観光局)理事等を経て、2009 年より亜細亜大学経営学部教授(トラベル&ツーリズム)。主要著書に『観光ホスピタリティ読本』(JTB総合研究所)ほか。

この本を注文する

AMAZONで注文する HONTOで注文する 楽天ブックスで注文する

浅草 2011-2016―六区ブロードウェイ 日本人の肖像

浅草 2011-2016

六区ブロードウェイ 日本人の肖像

  • 初沢克利(写真)/2017年5月
  • 7000円(本体)/B5判変形520頁
  • ブックデザイン:Hd LAB

巷にはびこるまやかしの価値観は通用しない。
この街には、日本人の抱えている本質的矛盾がいかなるものかの一端が見える。

観光の街であり、芸能の街であり、そしてそれだけではない浅草の姿。
たしかにそこにあるけれど見えていなかったもの、たしかにそこにいるけれど見えていなかった人々が立ち現れる。つねに古いものと新しいものの混在する街浅草の、2010年代のドキュメント。
(ISBN 9784861105470)

 

写真集『浅草2011-2016』推薦のことば(推薦者50音順)

浅草の風景のなかには、なにを纏おうと、なにも着ていなくても、輝けるステージがあります。

雨宮衣織(踊り子 浅草ロック座所属)

 

かすかに体験した浅草の黄金時代は、いま俤(おもかげ)が失せた。せめて、浅草っ子の生の体温を、記憶だけでなく記録(しゃしん)に残したい。

荒俣宏(作家)

 

家は戦前まで浅草だったので、思い出をよく聞いた。子供の私には浅草は匂いの強い町だった。露店が多く、色濃い生活感。この写真集はどこか懐しい。

神山彰(明治大学教授)

 

どこからかやってきて、またいなくなってしまう人たちなのに、
江戸の昔からずっとそこにいるような気もする。
この人たちが浅草なのだ。

木下直之(東京大学教授)

 

芸能と娯楽の街、浅草。
本書の写真にある浅草を訪れた人と暮らす人の飾らない表情と佇まいは、江戸末期の浅草の浮世絵や明治中期の浅草の写真の中の人たちのそれと共通するものだ。
二〇一〇年代の浅草の街と人を記録してくれた初沢氏の仕事に感謝!

西条昇(浅草芸能史研究家・江戸川大学准教授)

 

芸人を育ててくれる街・浅草。
いつも舞台からみなさんの顔を見ています。
ん、この顔、見たことある、かも!

ナイツ(漫才師)

写真|photographer

初沢克利(はつざわ・かつとし)

早稲田大学仏文科中退、東京写真専門学院卒業。1972年に渡仏する。モンパルナスに居住しながらパリの写真を撮りはじめ日本、フランスの広告界で活動する。パリのモンパルナスにあるカフェ「セレクト」で撮ったパリの人々の写真を現地にて個展を開催。
1983年帰国。「モンパルナス・深夜の客」/ 富士フォトサロン、「パリ・美し都の四半世紀」/ 三越恵比寿店、その他などで個展を開催する。写真集に『MONTPARNASSE-深夜の客』(シティ出版)、『パリ・美し都の四半世紀』(集英社)などがある。『フジ子・ヘミング 我が心のパリ』(阪急コミニュケーションズ)にて写真を担当。

http://www.hatsuzawa-studio.net/

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

〈フォーク〉からの転回―文化批判と領域史

〈フォーク〉からの転回

文化批判と領域史

  • 小長谷英代(著)/2017年4月
  • 4300円(本体)/四六判上製216頁
  • 装丁:長田年伸

アメリカ独自の「フォーク」は、どう見いだされ、位置づけられてきたか?
「ヴァナキュラー」「アート」「パブリック・カルチャー」「オラリティ」「パフォーマンス」
という5つのキーワードから、19世紀から現代にいたる民俗学・文化人類学の研究動向、
美学・美術史学など「文化」を扱う隣接分野との関係、そして学術領域と社会の相互関係を掘り下げる。
(ISBN 9784861105357)

目次|indexes

まえがき
1 「ヴァナキュラー」―「文化」への超領域的視点
2 「アート」―「フォーク」と「プリミティヴ」の展示、学術領域、社会運動
3 「パブリック・カルチャー」―アメリカ的「フェスティヴァル」の系譜とスミソニアン
4 「オラリティ」―アメリカの「バラッド」における「他者」とナショナリズム
5 「パフォーマンス」―「ポスト」領域の民俗学
あとがき
事項索引・人名索引

著者|author

小長谷英代(こながや・ひでよ)
ペンシルヴァニア大学大学院・人文科学科卒業。Ph.D。
現在、早稲田大学・社会科学総合学術院・教授。
専門:文化人類学・民俗学、カルチュラル・スタディーズ
主著:『アメリカ民俗学−歴史と方法の批判的考察−』(岩田書院)(共編訳)、Manly Traditions: The Folk Roots of American Masculinities. (Indian Univ. Press)(共著)、他。

この本を注文する

AMAZONで注文する HONTOで注文する 楽天ブックスで注文する

表象の京都―日本映画史における観光都市のイメージ

表象の京都

日本映画史における観光都市のイメージ

  • 須川まり(著)/2017年3月
  • 3000円(本体)/四六判上製400頁
  • 装丁:根本眞一(クリエイティブ・コンセプト)

細部に宿る京都を凝視する!

映画の中に現れる「表象としての京都」は、
戦後どのような変化を遂げてきたのか。
映画と観光の相関史。
(ISBN 9784861105371)

目次|indexes

第1部 映画における京都の風土
第1章 吉村公三郎が描く観光都市京都の境界線
第2部 映画における京都の観光都市化
第2章 文化・観光・京都を巡る戦後の日本映画――小津安二郎の視座
第3章 観光体験と映画観賞――中村登作品を中心に
第3部 映画における京都の都市景観
第4章 1990年代以降の映画における京都の自然景観
第5章 観光都市化がもたらした表象

◆取り上げる主な映像作品
溝口健二監督『祇園の姉妹』/小津安二郎監督『晩春』ほか
吉村公三郎監督『偽れる盛装』/木下惠介監督『カルメン故郷に帰る』
中村登監督『我が家は楽し』ほか/相米慎二監督『お引越し』
周防正行監督『舞妓はレディ』/水田伸生監督『舞妓Haaaan!!!』
松本佳奈監督『マザーウォーター』/小林達夫監督『カントリーガール』

著者|author

須川まり(すがわ・まり)
1986年生まれ。同志社大学政策学部卒業。
京都大学人間環境学研究科修士課程、博士後期課程修了。
京都大学・博士(人間環境学)学位取得。奈良県立大学特任講師。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

素描・杉原千畝

素描・杉原千畝

  • 小谷野裕子(著)/2017年3月
  • 1800円(本体)/四六判並製216頁
  • 装丁:長田年伸

平和への願い、祈りと希望――
第二次世界大戦時に多くのユダヤ人を救った外交官・杉原千畝。彼の心のふるさとや、暮らしたさまざまな国の風景や人々を訪れ、丹念に集めた新知見をもとに杉原の人柄を描き出す。
(ISBN 9784861105289)

目次|contents

はじめに
前篇 希望の声(1986-2002)
「彼らも聴いたその声」(『金色の瞑想』より)
後篇 慈しみのまなざし(2003-2017)

著者|author

小谷野裕子(こやの・ゆうこ)
1946年中国大連生まれ。1967年京都女子大学短期大学部英文科卒業。夫の留学と駐在に伴い、家族でアメリカに住む。著書に英文エッセイ集From a town on the Hudson(1996年、タトル社)、From the Country of Kimonos(2006年、春風社)およびその日本語版として『金色の瞑想――もうひとつの日本・こころの旅』(2008年、春風社)がある。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

文化遺産はだれのものか―トルコ・アナトリア諸文明の遺物をめぐる所有と保護

文化遺産はだれのものか

トルコ・アナトリア諸文明の遺物をめぐる所有と保護

  • 田中英資(著)/2017年3月
  • 3700円(本体)/A5判上製320頁
  • 装丁:矢萩多聞

トロイ遺跡はギリシャのもの? トルコのもの?
それとも人類共通の遺産?

様々な時代の遺跡が重層的に残り、文化遺産の盗掘や返還の問題を抱えたトルコ。
政府・研究者・報道・コレクター・国際機関等、過去の痕跡をめぐる国内外の主張から、〈文化遺産〉という概念を問い直す。
(ISBN 9784861105487)

目次|indexes

序章    文化遺産をめぐるローカルとグローバル
第1章    2種類の「トルコ人」
第2章    トルコ人とトロイ人
―文化遺産と国民国家の「国土」
第3章    「歴史はその場所でもっとも正しく理解される」
―トルコにおける文化遺産の返還問題
第4章    自明の理としての「保護」
第5章    状況に応じた文化遺産の保護と破壊
結びにかえて

著者|author

田中英資(たなか・えいすけ)
1975年生まれ。ケンブリッジ大学大学院社会人類学博士課程修了(Ph.D)。
専門は社会人類学、文化遺産研究。2011年より福岡女学院大学人文学部准教授。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する