マスメディア論―現場と社説と地方紙と

マスメディア論

現場と社説と地方紙と

  • 大西正行/2010年6月
  • 1800円(本体)/四六判・並製・224頁
  • 装丁:後藤葉子

政権交代、沖縄基地問題、躍進する中国、トヨタのリコール、新型インフルエンザ騒動など日本をゆるがす大問題を全国紙・地方紙はどう論じたか。ネットメディアに押されるなか、失われつつある記者魂の復活をとなえる。
(ISBN 9784861102288)
日本図書館協会選定図書

目次indexs

はじめに
第1章 政治と取材の現場
第2章 政権を読む
第3章 不況脱出の処方箋
第4章 日本の立ち位置を考える
第5章 社会を変革する新聞
第6章 地方紙のパワー
第7章 マスメディアのこれから
跋文 「一木一草 愛郷無限」の記者魂を読む(横須賀薫)

著者author

大西正行(おおにし・まさゆき)
早稲田大学第一政治経済学部卒業。北國新聞社編集局長等を経て、十文字学園女子大学社会情報学部コミュニケーション学科特任教授、日本大学法学部新聞学科非常勤講師。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

党人 河野一郎―最後の十年

党人 河野一郎

最後の十年

  • 河野洋平(監修)/小枝義人(著)/2010年5月
  • 1714円(本体)/四六判・上製・396頁
  • 装丁:矢萩多聞

希代の豪腕政治家の波乱に満ちた晩年と魅力あふれる言動。関係者へのインタビュー、秘蔵資料からその足跡を丹念に追う。息子・河野洋平氏が監修。
(ISBN 9784861102127)
日本図書館協会選定図書

目次│indexs

監修の言葉[河野洋平]
プロローグ 空白の十年
日ソ国交回復への道のり
春秋会
首都高を走る
大映 宴のあと
東京砂漠を救う
東京オリンピックと一郎
京都国際会館物語
つくば学園都市
池田退陣、そして一郎の死
エピローグ 時代

監修者│supervisor

河野洋平(こうの・ようへい)
1937年生まれ。
早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。
丸紅飯田株式会社勤務、株式会社ニチリョウ取締役を経て、一九六七年一月、衆議院議員初当選、以来一四期連続当選。
1976年、自民党離党・新自由クラブ結成同代表を務める。
1986年自民党に復党し、国務大臣内閣官房長官、自民党総裁、内閣副総理、外務大臣などを歴任。
2003年11月より衆議院議長。
2009年7月21日、衆議院解散詔書を読み上げるとともに議長の任と議員生活を終える。
著書に、『自民党改造案』(読売新聞社)、『自由社会は沈まず』(太陽)、『決断 河野父子の生体肝移植』(朝日新聞社)、など。

著者│author

小枝義人(こえだ・よしと)
1954年、愛知県生まれ。
千葉科学大学薬学部教授。
早稲田大学法学部卒業後、ラジオ関東、栃木新聞社勤務。
拓殖大学政経学部客員教授などを経て二〇〇四年四月より現職。
青山学院大学講師も兼任。
著書に、『政権の誕生と崩壊』(ジュピター出版)、『永田町床屋政談』(新潮社)、『解析・日本の政治』(共著、樹光堂)、『伊藤昌哉 政論』(春風社)など。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

イランとイスラム―文化と伝統を知る

イランとイスラム

文化と伝統を知る

  • 森茂男(編)/2010年5月
  • 2381円(本体)/四六判・上製・320頁
  • 装丁:矢萩多聞

世界情勢の鍵を握る国を文化面から分析。核問題や大統領選挙などでつねに世界情勢の「台風の目」となる国イランを理解するための本。古代宗教、神秘主義から歴史、文学、祭りや習俗、テヘランのファッションチェック、ナショナリズム問題までを初めて紹介! 執筆陣は日本とイランの精鋭18名。
(ISBN 9784861102158)
日本図書館協会選定図書

目次│indexs

第1部 古代からのこだま
第2部 多民族文化の融合
第3部 神秘主義の影響
第4部 原題文化事情
第5部 フォークロア・儀礼
第6部 イランとイスラムのあいだで

編者・著者│editor/authors

後藤裕加子(ごとう・ゆかこ)
関西学院大学文学部准教授
佐々木あや乃(ささき・あやの)
東京外国語大学総合国際学研究院言語文化部門准教授
Sadegh Sajjadi(サーデグ・サッジャーディー)
イスラム大百科事典センター副センター長・歴史学部門長
Soheila Shahshahani(ソヘイラー・シャハシャハーニー)
シャヒード・ベヘシュティー大学准教授
竹原新(たけはら・しん)
大阪大学世界言語研究センター准教授
中村菜穂(なかむら・なほ)
東京外国語大学大学院博士後期課程
Hassan Rezai Baghbidi(ハサン・レザーイー・バーグビーディー)
テヘラン大学人文学部准教授
Zahra Taheri Haghighi(ザフラー・ターヘリー・ハギーギー)
東京外国語大学外国語学部特任外国語教員
羽田美希(はだ・みき)
大阪大学大学院言語社会研究科博士後期課程
藤井守男(ふじい・もりお)
東京外国語大学総合国際学研究院言語文化部門教授
藤元優子(ふじもと・ゆうこ)
大阪大学世界言語研究センター教授
Abdolrasoul Kheirandish(アブドルラスール・ヘイランディーシュ)
シーラーズ大学文学部歴史学科准教授
Ali A. Bulookbashi(アリー・A・ボルークバーシー)
イスラム大百科事典センター高等学術評議会委員・人類学部門長/”Iranian Journal of Anthropology”学術編集委員会委員
Katayun Mazdapur(キャターユーン・マズダープール)
人文科学・文化研究所・古代イラン語部門長
森茂男(もり・しげお)
大阪大学大学院言語文化研究科教授
山岸智子(やまぎし・ともこ)
明治大学政治経済学部教授
山中由里子(やまなか・ゆりこ)
国立民族学博物館准教授
Hashem Rajabzadeh(ハーシェム・ラジャブザーデ)
元大阪外国語大学外国人教師・龍谷大学非常勤講師

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

愛の叙事詩―パルダイヤン物語

愛の叙事詩

パルダイヤン物語

  • ミシェル・ゼヴァコ(著)/鈴木悌男(訳)/2010年4月
  • 2800円(本体)/四六判・並製・670頁

サルトルが熱狂した興奮の冒険活劇小説舞台は16世紀のパリ。史実をおりまぜ、迫真の筆致で「聖バーテルミーの大虐殺」の真相に迫る。あのサルトルが愛してやまなかった興奮の新聞連載小説。読み出したら止まらない!
(ISBN 9784861102233)
日本図書館協会選定図書

訳者│translator

鈴木悌男(すずき・やすお)
1959年東北大学文学研究科修士課程修了。
現代フランス文学専攻。
神戸松蔭女子学院大学名誉教授。
訳書に,ジャン・オニミュス『カミュ』などがある。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

法隆寺

法隆寺

  • 青江舜二郎/2010年4月
  • 2800円(本体)/A5判・上製・430頁
  • 装丁:矢萩多聞

聖徳太子を毒殺したのは誰か!? 現在と過去を往還しつつ、圧倒的スケールで描く人間群像劇。めくるめく時間の中で修羅として生きた太子の人間像を浮き彫りにする岸田演劇賞受賞の傑作戯曲、初の単行本化。「河口」を併録。
(ISBN 9784861102257)
日本図書館協会選定図書

著者│author

青江舜二郎(あおえ・しゅんじろう)
1904年、秋田県秋田市生まれ。
本名・大嶋長三郎。
東京帝国大学文学部印度哲学科卒業。
大学在学中、第九次『新思潮』に発表した戯曲「火」が小山内薫に認められ、師事する。
1938年、日中戦争のため召集され、終戦の翌年までを中国大陸で過ごす。
戦後は鎌倉アカデミア、日本大学芸術学部などで教鞭をとり後進の育成に尽力。
また草創期のテレビドラマの脚本も数多く執筆した。
1958年、「法隆寺」で岸田演劇賞を受賞。
本書収載以外の戯曲作品に「水のほとり」「一葉舟」「西太后」「実験室」「干拓」などがある。
また『演劇の本質と人間の形成』『日本芸能の源流』『竜の星座 内藤湖南のアジア的生涯』『竹久夢二』『石原莞爾』『宮沢賢治 修羅に生きる』『狩野亨吉の生涯』など著書多数。
1983年、死去。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

永井荷風 ゾライズムの射程―初期作品をめぐって

永井荷風 ゾライズムの射程

初期作品をめぐって

  • 林信蔵/2010年4月
  • 3619円(本体)/A5判・上製・286頁

生物学的リアリズムや自由間接文体などのゾラの技法を,荷風はいかに摂取し,実践したか。テキストの精緻な読解と多角的な検証によって,荷風の初期作品にあらたな光をあてる比較文学的論考。
(ISBN 9784861102226)

目次│indexs

序章
第1章 初期作品の生成過程―執筆時期の推定を中心として
第2章 永井荷風と《自然主義》―その理解と実践という視点から
第3章 ゾラからの文体論的影響―自由間接文体の摂取を中心にして
終章

著者│author

林信蔵(はやし・しんぞう)
1979年、京都市生まれ。
2002年、名古屋大学文学部卒業。
2004年、京都大学人間・環境学研究科修士課程修了、同研究科博士課程に進学。
2009年、同研究科にて人間・環境学博士号(課程博士)取得。
現在、京都大学非常勤講師、フランス国立極東学院(EFEO)京都支部非常勤職員。
専門は、日仏比較文学・比較文化史、永井荷風、文体論等。
主な論文に
「永井荷風の初期作品にみるエミール・ゾラの文体論的影響―自由間接話法の摂取を中心にして」(『人間・環境学』2007年)
「日本の西欧化、カフェの日本化―永井荷風の文学表象を中心にして」(『比較文化研究』2009年)
「ゾラ受容の一側面―荷風の初期作品における「遺伝」をめぐって」(『比較文学』2010年)
など。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

釈譜詳節(上)

釈譜詳節

  • 朝鮮世祖(纂述)/河瀬幸夫(訳)/2010年4月
  • 6500円(本体)/A5判・上製・472頁

韓国文学史上最高傑作とされる『釈譜詳節』は、一五世紀に発明されたばかりのハングルで記された韓国独自の釈迦伝である。全巻が残されておらず、同時期に著された『月印千江之曲』『月印釈譜』をも訳し、その全体像に迫る。(以後、続刊)
(ISBN 9784861102097)

上巻解題より

『釈譜詳節』『月印千江之曲』『月印釈譜』の三書に記録された仏教世界は単に一五世紀の朝鮮半島における仏教理解ということに限定されるものではなく、三国時代から高麗時代を経て朝鮮時代に伝えられた仏教の朝鮮半島における理解の全体像を総合的に示すものであり、その大部分は、一五世紀の東アジア全域に共通する仏教理解であった可能性が高い。それを一二世紀の『今昔物語集』などと読み合わせることで、東アジアにおける仏教理解の共通性と多様性を知ることができるようになるのではないかと考えられる。以上の事柄を確認する意味においても、この三書は一連のものとして通読できるような形にすることが必要であろうと考えたのである。

国内メディアによる取材記事

朝日新聞」(2010年4月21日)
週刊読書人」(2011年11月19日)

韓国メディアによる取材記事

世界日報」(日本語訳
メディアブッダ」(日本語訳

目次│indexs

月印釈譜 第一/世宗御製訓民正音/八相図/釈譜詳節序/御製月印釈譜序/牌記/月印千江之曲 第一 釈譜詳節 第一/月印釈譜 第二/月印千江之曲 第二 釈譜詳節 第二/釈譜詳節 第三/釈譜詳節 第三/月印千江之曲 上(其三十~其六十六)/月印釈譜 第四/月印千江之曲 第四 釈譜詳節 第四/月印千江之曲 第五/月印千江之曲 上(其九十四~其一百三十七)/釈譜詳節 第六/釈譜詳節 第六/月印千江之曲 上(其一百三十八~其一百七十五)/月印釈譜 第七/月印千江之曲 第七 釈譜詳節 第七/月印釈譜 第八/月印千江之曲 第八 釈譜詳節 第八/釈譜詳節 第九・月印釈譜 第九/釈譜詳節 第九/月印千江之曲 第九 釈譜詳節 第九/月印釈譜 第十/月印千江之曲 第十 釈譜詳節 第十/釈譜詳節 第十一/釈譜詳節 第十一

訳者│translator

河瀬幸夫(かわせ・ゆきお)
1945年、東京都大田区に生まれる。早稲田大学第二文学部と文学研究科で日本文学(上代文学)を専攻。1973年、横須賀学院高等学校の国語教員となる。2003年に早期退職し、韓国ソウルの東国大学大学院仏教学科仏教史学科に入学し、2007年に博士課程修了。東国大学では日本における高麗大蔵経の受容の歴史について学び、修士論文では江戸時代の僧忍澂の大蔵経対校に関してまとめる。2007年以降『釈譜詳節』の翻訳に専念。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

「新自由主義」をぶっ壊す

「新自由主義」をぶっ壊す

  • 青木育志/2010年4月
  • 1600円(本体)/四六判・並製・190頁
  • 装丁:矢萩多聞

世界金融危機・世界同時不況の元凶「新自由主義」を政策と思想の両面から徹底批判。格差を肯定する「新自由主義」から、平等に配慮した「自由主義」への道を示す。
(ISBN 9784861102264)

目次│indexs

第1章 2009年日本の政権交代
Ⅰ自民党大敗の原因
Ⅱ民主党大勝の原因
第2章 サブプライム問題
Ⅰサブプライム問題の概観
Ⅱサブプライム問題の原因
第3章 「新自由主義」政策の批判―ネオ・リベラリズムの経済政策などの批判―
Ⅰ「新自由主義」とは
Ⅱ基礎原理の解明
Ⅲ「市場原理主義」政策の批判
Ⅳグローバル資本主義の批判
Ⅴその他の原理の批判
第4章 「新自由主義」思想の批判―リバータリアニズムの哲学、倫理学の批判―
Ⅰリバータリアニズムとは
Ⅱ穏健な主張の批判―フリードマン、ハイエクの経済的自由擁護論の批判―
Ⅲ過激な主張の批判―ノージックの経済的自由擁護論の批判―
Ⅳ「市場原理主義」の哲学的批判
Ⅴ倫理学思想の流れから見れば
第5章 歴史の流れの中で
Ⅰ日本の政治、経済問題
Ⅱサブプライム問題の意味するもの
Ⅲ自由主義の流れ

著者│author

青木育志(あおき・いくし)
1947年 大阪に生まれる
1971年 大阪市立大学法学部卒業
1971年 株式会社大丸に入社
1999年 亜細亜証券印刷株式会社(現株式会社プロネクサス)に入社
2009年 同社を退社
著書
『客観主義と主観主義―哲学の根本問題』(自費出版1989年)
『河合栄治郎文献目録』(河合栄治郎研究会1994年)
『自由主義とは何か―その政治的、経済的、哲学的原理』(新風舎2004年)
『弁論術の復興―欧米的議論術の修得と教育の必要性について』(青木嵩山堂2008年)
主要論文
「新渡戸稲造と河合栄治郎」『新渡戸稲造研究』第5号(1996年9月発行)
「青木嵩山堂の出版活動」吉川登編『近代大阪の出版』(創元社2010年)

著者サイト 「青木育志の書斎」

著者からのコメント│author’s comments

二十世紀の後半以降、アングロ・サクソンを中心に「新自由主義」(リバータリアニズム)の嵐が吹き荒れた。政治面では、「新自由主義」はアメリカではロナルド・レーガン、両ジョージ・ブッシュ、イギリスではマーガレット・サッチャー、日本では先駆的には中曽根康弘、本格的には小泉純一郎により導入実施された。

経済面では、上記政権の施策によって活動しやすくなった投資家(「ハゲタカ・ファンド」)などが、製造業を軽んじ、金融業に特化し(「金融工学」の駆使)、額に汗して働く人々を無視して、大量の資金を使って、金儲けの極大化を企む「マネー・ゲーム」に突進したのである。その経済動態は「証券資本主義」「カジノ資本主義」「マネー資本主義」「強慾資本主義」と呼ばれた。

2008年のアメリカでの「サブプライム問題」「リーマン・ショック」に代表される金融危機、世界的規模での同時不況、2009年の日本の政権交代。これらはここ三十年来の「新自由主義」施策の実施に起因している。これらの大事件によって、次のことが分かる。すなわち、儲け放題で平等に配慮しない「新自由主義」はアウトであり、適度な規制をし平等に配慮する「自由主義」(リベラリズム)が採るべきこれからの道である。本書では、その悪なる「新自由主義」の施策とその思想的背景を明らかにし、それを徹底的に批判している。

本書では、その「新自由主義」の経済政策の批判の章(第3章)で、その基礎原理を解明し(第1、2節)、その大原理たる「市場原理主義」(第3節)、「グローバル資本主義」(第4節)、「小さな政府原理」(第5節)をおのおの解明、批判している。

これらの原理とその施策を行った結果、どうなったのであろうか。上記大事件の他にも、「郵政民営化」「国鉄民営化による大事故発生」「医療保険制度改悪」「製造業への派遣制度の導入」「格差問題の発生と拡大」(「ワーキング・プアの増大」)「街頭での無差別殺人事件頻発」「資源の枯渇」「環境破壊」「サブプライム問題」などが発生したのである。これらは地球的規模で悪であることは明白である。

本書では、「新自由主義」の哲学、倫理学の批判の第4章で、ミルトン・フリードマン、フリードリッヒ・ハイエクの穏健な主張の批判(第2節)、ロバート・ノージックの過激な主張の批判(第3節)、市場原理主義の哲学的批判(第4節)、倫理学思想の流れからの批判(第5節)を行っている。

「新自由主義」は現在ピンチに立っている。しかし、イデオロギー面ではまだまだ根強いものがある。我々は悪なる「新自由主義」の復活を許さないために、「新自由主義」はいかなる悪の原理か、それを知らねばならない。本書はそのための書である。しかも本書の特徴は、その説明が非常に分かりやすいというところにある。「新自由主義」の方でも体系化していない原理の体系を図示し、それは誰にも分かる明快さとなっている。混迷する現代の行く末を考える場合に格好の解説書である。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

やわらかな開発と組織学習―ニジェールの現場から

やわらかな開発と組織学習―ニジェールの現場から

  • 関谷雄一/2010年4月
  • 4571円(本体)/A5判・上製・386頁
  • 装丁:矢萩多聞

砂漠の緑化活動を生活改善と融合させることで根づかせた青年海外協力隊。その成功の背景には、文化を異にする日本人とニジェール人の葛藤を超える創発的な戦略形成があった。開発援助のプロセスを組織学習と認知科学の視点から分析し、ボランティア組織のあるべき姿を探求する。
(ISBN 9784861102080)

目次│indexes

第1章 共通の目的意識を求めて
第2章 ボランティア組織の学習過程
第3章 主役と脇役
第4章 カレゴロプロジェクトの過程と障壁
第5章 カレゴロプロジェクトにおける組織学習のプロセス
第6章 認知科学的学習理論による組織学習の分析
第7章 結論

著者│author

関谷雄一(せきや・ゆういち)
1969年 兵庫県に生まれる。
1993年 東京大学教養学部教養学科卒業。
青山学院女子短期大学准教授を経て、現在、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻准教授。学術博士。

主要論文
「第14章 開発のための新たなプログラム」山下晋司・福島真人(編)『現代人類学のプラクシス』有斐閣, pp.221-234, 2005年
「社会開発目標と人類学の視座」『文化人類学研究』第8巻, pp.1-22, 2007 年

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

桃源郷とユートピア―陶淵明の文学

桃源郷とユートピア

陶淵明の文学

  • 伊藤直哉/2010年3月
  • 2667円(本体)/四六判・並製・182頁
  • 装丁:矢萩多聞

人間の魂の奥底にある桃源郷とは? 実生活で多くの挫折を味わい、人間の歴史の愚かさを知りぬいた大人の文学をのこした陶淵明。田園詩人、隠逸詩人の汲めども尽きぬ味わいを堪能するための傑作論考。
(ISBN 9784861102189)

目次│indexs

序章  文学とは何か?
第一章 田園美の発見過程
第二章 友への歌の拡大
第三章 神話世界への入り方
第四章 現実政治への発言
第五章 身体観・動画性・変身する言語
第六章 桃源郷とユートピア

著者│author

伊藤直哉(いとう・なおや)
1954年生まれ、福島県出身。
二松学舎大学卒業、同大学院修了。
現在、桜美林大学教授(中国文学)。
著書 『「笑い」としての陶淵明』(五月書房、2001年)など。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する