カポーティ小説の詩的特質―音と文彩

カポーティ小説の詩的特質

音と文彩

  • 大園弘(著)/2016年10月
  • 3200円(本体)/四六判上製264頁
  • 装丁・レイアウト:桂川潤

名文家カポーティの詩的特質とはいかなるものか、どのような効果を上げているか。
いくつかの短編、中編小説を対象に多数の事例を抽出し、韻と律、直喩、隠喩、その他のレトリックとその詩的効果を考察する。
(ISBN 9784861105210)

目次|indexs

はしがき
第1章 韻律効果の考察
第2章 “(-)like”を用いた直喩表現の考察
第3章 強意的直喩の考察
第4章 比喩標識“as if (/ as though)”をめぐって
第5章 隠喩表現の考察
第6章 その他のレトリック
結び
Appendix Other Voices, Other Roomsの梗概

参考文献
あとがき

著者|author

大園弘(おおぞの・ひろし)
九州国際大学国際関係学部教授。翻訳書に『子供時代への懸け橋―トルーマン・カポーティのアメリカ南部時代』(英宝社、2006)。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

帝国と文化―シェイクスピアからアントニオ・ネグリまで

帝国と文化

シェイクスピアからアントニオ・ネグリまで

  • 江藤秀一(編著)/2016年9月
  • 3500円(本体)/四六判上製512頁
  • 装丁:長田年伸

シェイクスピア、アントニオ・ネグリの戯曲、
サイバーパンク映画、長崎の南蛮文化、朝鮮の女性教師、イギリスの児童文学……
「帝国」概念を鍵に、領域を越えて広がる文化の諸相を探る。
(ISBN 9784861105173)

目次|indexs

はしがき【江藤秀一】
序章:大帝国前夜
ドクター・ジョンソンとフレンチ・インディアン戦争【江藤秀一】
第Ⅰ部:演劇・音楽
第1章:シェイクスピア『テンペスト』と「帝国」―「交換様式」の視点から【山木聖史】
第2章:スウィングする帝国―ブラック・パシフィックと第二次大戦前夜の『ミカド』【竹谷悦子】
第3章:帝国における音のスペクタクル―聴覚と視覚のネクサス、デリーとロンドン、1911-12年【ティム・バリンジャー(訳:長谷部寿女士)】
第4章:総統の劇場―ナチ期のザールブリュッケンとその劇場【江藤光紀】
第5章:核と帝国主義―オーストラリア先住民演劇『ナパジ・ナパジ』【一谷智子】
第6章:〈帝国〉の時代を生きる―アントニオ・ネグリと「マルチチュード」の演劇【堀真理子】
第Ⅱ部:絵画・映画
第1章:ジョン・ロックウッド・キプリングとインドのクラフツマンシップ【山口惠里子】
第2章:動物と帝国―ディズニーと野生のファンタジーの行方【清水知子】
第3章:『第9地区』、あるいはヨハネスブルクのロー・テクたち【巽孝之(訳:三添篤郎)】
第Ⅲ部:アジア・アフリカ
第1章:長崎の「黒坊」―南蛮文化と有色の帝国主義【鈴木章能】
第7章:〈文明化〉の病としての神経衰弱―漱石の『それから』とギルマンの「黄色い壁紙」を中心に【仙葉豊】
第2章:帝国の女教師たち―朝鮮で教えた女教師たち【朴宣美】
第3章:然り、われ速やかに到らん!―『ジェイン・エア』における宣教と帝国主義【向井秀忠】
第4章:ハリエット・マーティノーの『シナモンと真珠』は帝国の物語か―『経済学例解』と植民地貿易【松本三枝子】
第5章:英領インドにおける母(ハウス・マザー)の身体【中田元子】
第6章:アーレントの帝国主義論と『闇の奥』【対馬美千子】
第Ⅳ部:出版・児童文学・伝記
第1章:「買うべきか、借りるべきか、それが問題」―十八世紀イギリス出版文化の諸相【井石哲也】
第2章:児童文学と帝国―児童文学黄金時代の背景【安藤聡】
第3章:大英帝国とラフカディオ・ハーンの伝記記述―英国軍医はイオニアの男に刺されたのか【長岡真吾】
あとがき【竹谷悦子】
執筆者一覧

編者|editor

江藤秀一(えとう ひでいち)
常葉大学特任教授。筑波大学名誉教授。博士(文学)。
専門:サミュエル・ジョンソンを中心とした十八世紀英文学および文化。
主な著書・翻訳:『十八世紀のスコットランド―ドクター・ジョンソンの旅行記を巡って』(開拓社)、『大人のためのスコットランド旅案内』(彩流社、共編著)、『英国文化の巨人サミュエル・ジョンソン』(港の人、共編著)、ジェイムズ・ボズウェル『ヘブリディーズ諸島旅日記』(中央大学出版部、共訳)など。

執筆者&訳者|authors and translators

江藤秀一(常葉大学特任教授・筑波大学名誉教授)
山木聖史(明治学院大学講師)
竹谷悦子(筑波大学人文社会系教授)
Tim Barringer(イエール大学美術史学科教授)
長谷部寿女士(筑波大学人文社会科学研究科 博士後期課程)
江藤光紀(筑波大学人文社会系准教授)
一谷智子(西南学院大学文学部教授)
堀真理子(青山学院大学教授)
山口惠里子(筑波大学教授)
清水知子(筑波大学人文社会系准教授)
巽孝之(慶應義塾大学文学部英米文学専攻教授)
三添篤郎(流通経済大学准教授)
鈴木章能(長崎大学教授)
仙葉豊(関東学院大学教授)
朴宣美(筑波大学人文社会系准教授)
向井秀忠(フェリス女学院大学文学部教授)
松本三枝子(愛知県立大学外国語学部教授)
中田元子(筑波大学人文社会系教授)
対馬美千子(筑波大学人文社会系准教授)
井石哲也(活水女子大学教授)
安藤聡(大妻女子大学比較文化学部教授)
長岡真吾(島根大学教授)

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

「幻の東京オリンピック」の夢にかけた男―日本近代スポーツの父・岸清一物語

「幻の東京オリンピック」の夢にかけた男

日本近代スポーツの父・岸清一物語

  • 古城康夫(著)/2016年9月
  • 2000円(本体)/四六並製288頁
  • 装丁:峯岸孝之

1932年、1940年オリンピックの東京招致計画を高らかに宣言した男がいた。
日本近代スポーツの父、岸清一。歴史の裏に隠された男の激動の物語を追う。

昭和初期、「スポーツの普及」と「平和」に半生を捧げた男が追い続けた「東京オリンピック開催」という壮大な夢。
暗雲たちこめる時代の波に飲み込まれながらも、未来へとつながれたその偉業の、知られざる軌跡をたどる。
(ISBN 9784861104848)

目次|indexs

はじめに
プロローグ
第Ⅰ章 いざ、東京へ
第Ⅱ章 「スポーツ」との出会いと目覚め~大学予備門入学前夜
第Ⅲ章 東西の“近代スポーツの父”~清一とストレンジとの出会い
第Ⅳ章 ボートレースの醍醐味を満喫~東京大学在学時代
第Ⅴ章 清一の第二のボート人生と、〝国際人〟への架け橋
第Ⅵ章 清一の新しい「使命」~日本初のオリンピック参加に向かって
第Ⅶ章 清一、日本のスポーツ界を牽引する
第Ⅷ章 近代スポーツの曙
第Ⅸ章 夢へのかけ橋~東京オリンピックへの道
終章 つながれた夢
夢のつづき~あとがき

著者|author

古城庸夫(こじょう・やすお)
1957年生まれ。近代ボート競技歴史研究家・江戸川大学経営社会学科准教授。日本大学文理学部体育学科卒業、 筑波大学大学院体育学部コーチ学修士課程修了。高校時代よりボート競技に興じ、ボート部キャプテンとして国体にも出場。日本大学ボート部時代には、学生選手権大会、全日本選手権大会など、各種大会でクルーの一員として優勝に貢献。世界ジュニア選手権大会日本代表、筑波大学ボート部、江戸川大学ボート部等の監督を歴任。世界ジュニア選手権大会(イタリア開催)で優勝指導者章を受章するなど、指導者としても数々の実績をあげる。現在、日本ボート協会において、指導者育成委員会委員・広報委員会スタッフを兼任。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

八月の瓜―母へ

八月の瓜

母へ

  • 彭学明(著)、立松昇一・舟山優士(訳)/2016年8月
  • 2500円(本体)/四六判並製332頁
  • 装丁・レイアウト:矢萩多聞

中国少数民族・土家(トウージア)族の著名な作家による自伝的小説。
文化大革命、大飢饉……過酷な生活の中で四度結婚し、
子どもたちを育てた母の愛と執念。
湘西(シアンシー)地方を舞台に、
母と子の確執、子の母への思いを濃密に描く。
本邦初訳!
(ISBN 9784861105203)

日暮れ時に、母は一軒の家を訪ね、水を一口、ご飯を一碗もらおうとした。もらえなければ、母は別の家を訪ねた。近くに家がなければ、母は飢えを耐え忍ぶしかなかった。本当に耐えられなくなったら、火を焚いて、繕ってきたトウモロコシかさつまいもを一つ焼いて、泉の水を飲み、飢えを満たした。それから風雨橋、岩陰、あるいは雨や風を避けられる場所を探し、稲わらを敷いて、寝泊まりした。(本文より)

著者|author

彭学明(ポン・シュエミン)
1964年、湖南省生まれの作家。中国少数民族のひとつ、土家(トウージア)族。散文集に『我的湘西』(「わたしのふるさと湘西地方」1995年)、『祖先歌舞』(「祖先の伝えた歌・踊り」1998年)、『一個人的湘西辞典』(「私だけの湘西辞典」2012年)などがある。

訳者|translators

立松昇一(たてまつ・しょういち)
1948年生まれ、拓殖大学外国語学部教授、専門分野は中国近現代文学、中国文化史。訳書に莫言『疫病神』(勉誠出版)、劉慶邦『神木』(共訳、勉誠出版)、その他の翻訳作品に李修文「ストリーキング指南」(『現代中国文学短編選』鼎書房)、畢飛宇「コオロギ コオロギ」(『中国現代文学』ひつじ書房)、朱山坡「叫び」(『灯火』北京外文出版社)などがある。

舟山優士(ふなやま・ゆうじ)
1985年生まれ。翻訳家。訳書に『尹先生の中国ことわざ教室4 歇后語100』(泉書房)、その他の翻訳作品に張悦然「黒猫は眠らない」、沈石渓「ゴーラルの飛翔」「狐狩り」、笛安「円寂」(以上、『中国現代文学』ひつじ書房)などがある。『中国現代文学』同人として現代中国の小説の翻訳や紹介を行っている。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

天馬山―北朝鮮からの引揚げ者の語り

天馬山

北朝鮮からの引揚げ者の語り

  • 浅井亜紀子(編)/2016年8月
  • 2200円(本体)/四六判上製344頁
  • 装丁:桂川潤

1945年8月13日、ソ連軍の侵攻により、家族自決を決意した父。
しかし、息子は「生きたい」と言った。
生き延びた北朝鮮・清津(せいしん)中学校の
元生徒たちが苦難の引揚げ体験を語る。
(ISBN 9784861105197)

目次|indexs

概説:日本人の朝鮮半島への移動、そして引揚げ
第Ⅰ部 北朝鮮と私―佐藤尚のライフストーリー
第Ⅱ部 『天馬山』の記録から
第1章 清津という町
第2章 清津中学校での学び、学友、先輩
第3章 清津中学校の教師たち
第4章 学徒動員・予科練
第Ⅲ部 心に刻まれた引揚げの苦難
第5章 はるかなる天
第6章 家族との別れ
第7章 北朝鮮脱出記
第8章 五七年ぶりに届いた手紙
第9章 引揚げの思い出
第10章 内地で終戦、終戦前の引揚げ、その後

編者|editors

浅井亜紀子(あさい・あきこ)
一九六一年生まれ。桜美林大学リベラルアーツ学群教授。
東京女子大学文理学部卒業後、サンフランシスコ州立大学スピーチコミュニケーション大学院に留学、お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士号取得。
専門は、異文化コミュニケーション・異文化理解教育。
著書に『異文化接触における文化的アイデンティティのゆらぎ』(ミネルヴァ書房、2006年)、『異文化コミュニケーション事典』(共編著、春風社、2013年)など。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

絵本から「子ども福祉」を考える

絵本から「子ども福祉」を考える

  • 青木文美(編)/2016年7月
  • 3400円(本体)・A5判並製・412頁
  • 装丁・レイアウト:長田年伸

子どもの育ちを支えるすべての大人に!
68冊の絵本を紹介&解説

現代の子どもはどんな環境におかれ、どんな問題をかかえているのか。
子どもたちのためにまわりの大人ができることは何か?
絵本の世界から、10のテーマを切り口に「子ども福祉」の視点を身につける、類例のない解説書。
(ISBN 9784861105142)

目次|indexes

〈子ども福祉〉、この聞き慣れない言葉から―序にかえて
1 ようこそ!私たちの世界へ “日常”という平凡が織り成す〈あたり前〉〈子どもと文化編〉
2 人生のはじまりこそ力強く!子どもは生まれた時からシュケンジャー(主権者)〈子どもと社会編〉
3 生きていく力を与えてくれるかけがえのない存在〈子どもと家族編〉
4 なにはともあれ、子どもの暮らしの質はおとな次第〈子どもと暮らし編〉
5 ぬくもりが“そこ”にあるから、僕たちはまた明日も会うんだ!〈子どもと人編〉
6 ひとりひとりが主役! ひとつの地球にたくさんの命〈子どもと自然編〉
7 子どもの日々は危険もいっぱい。“よその子だから”とためらわず、みんなで子どもを守ろう!〈子どもと危険編〉
8 子どものこころとからだはワンダーランド! ―驚きと発見が育む自分らしさ〈子どもと心・体編〉
9 見えないけれどあるんだよ〈子どもと学び編〉
10 キラリの時間――呼吸する私たちのかがやき〈子どもと命編〉
おわりに

著者|authors

青木文美(あおき・ふみ)編
愛知淑徳大学福祉貢献学部福祉貢献学科子ども福祉専攻准教授。専門は児童文学。

執筆者:青木文美、岡田泰枝、小野美和、加藤望、黒川文子、白石淑江、末田邦子、谷口純世、羽根由美子、本山ひふみ
コラム執筆者:小倉斉、川合伸幸、都筑学、永井聖剛(ともに50音順)

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

カメレオン

カメレオン

  • 三浦衛(著)/2016年7月
  • 2200円(本体)・菊判変型・116頁
  • 装丁:間村俊一

自在に色を変え、不意に突き刺さる、軽妙なことばの戯れ。
秋田方言満載の詩集。本文は金属活字による活版印刷。
跋文・佐々木幹郎氏、装丁・間村俊一氏。
(ISBN 9784861104732)

目次|indexes


カメレオン/井川/祖母殺し/赤と黒/名づけ/セイイクレキ/ストリーキング/キャッチコピー/まったく/時候のあいさつ/鴨居的/福耳


たそがれ/待ってろや/ぬらりひょん/しへ/孤独のマネ/あのころぼくは/クロス・ロード/こころ 2014/詩人/コレスポンデンス/レゲエウーマン/男と女/恋/三人の幽霊/秋/鳶/すぐそこの/祈り/じゅもん/虹の大和―飯島先生に

愛はそこまで来ている―三浦衛詩集『カメレオン』に寄せて(佐々木幹郎)

著者|author

三浦衛 (みうら・まもる)
春風社代表取締役社長。
1957年秋田県生まれ。東北大学経済学部卒業後、1999年に春風社を創業。著書に『出版は風まかせ』(春風社、2009年)『父のふるさと―秋田往 来』(春風社、2010年)『マハーヴァギナまたは巫山の夢』(春風社、2012年)、共編に『おうすいポケット 新井奥邃語録抄』(白&黒表紙、春風社、2015年)がある。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

異文化理解とパフォーマンス―Border Crossers

異文化理解とパフォーマンス

Border Crossers

  • 松田幸子、笹山敬輔、姚紅(編著)/2016年7月
  • 4500円(本体)・A5判並製・504頁
  • 装丁:矢萩多聞

在日朝鮮人文学、新劇とアイドルヲタク、明治のドストエフスキー翻訳、初期安部公房の詩、アジアにおけるシェイクスピア受容…
「上演」「実践」としての「パフォーマンス」概念を鍵に、ジャンル、時代、民族、地域、言語、性を超えた地平をめざす挑戦的論集。
パフォーマンス学者ブライアン・レノルズのシェイクスピア論収録!
(ISBN 9784861104992)

目次|indexs

はじめに (浜名恵美)
Ⅰ. 近代演劇・パフォーマンスと越境

1. 1926年13代守田勘彌の中国公演について(姚紅)
2. 「日本の中の小さな朝鮮」への郷愁―姜魏堂「つぼや盛衰記」における「高麗人」の歴史(松田幸子)
3. はるみと蘭奢(笹山敬輔)
4. 戦後日本における『春香伝』受容の一断面―『歌劇 春香』を中心に(黄益九)
5. 朝鮮の演劇人咸世徳と国民演劇という舞台(金牡蘭)
Ⅱ. 近代日本と越境する表象
6. 国木田独歩の養子反対論と「不自然」な家族(ラージ・ラキ・セン)
7. 桜田文吾『貧天地飢寒窟探検記』の貧困表象(加賀谷真澄)
8. 『罪と罰』とその未完の翻訳にみる、ジャンル生成時の混淆(加藤百合)
9. 「魚」から「女性」へ―20世紀初頭の日本における人魚表象をめぐって(平石典子)
Ⅲ. 異文化・他者・テキスト
10. 安部公房「詩人の生涯」と『詩集下丸子』―「糸車」・「老婆」・「詩人」の解釈をめぐって(江口真規)
11. ウィンスロップ父子とニューヨーク―ピューリタンにおける〈他者〉としての「オランダ」研究序説(佐藤憲一)
12. 慈雲尊者最晩年期の密教思想―『理趣経講義』から『法華陀羅尼略解』へ(秋山学)
13. 「虚無」なんてくそくらえだ」―平石貴樹「虹のカマクーラ」試論(齋藤一)
14. ムルド・フェラウン、歪められた作家像の再検討のために―E・ロブレスとの関係を中心に(青柳悦子)
Ⅳ. シェイクスピアと越境
15. どうして旅回りなんかしている? 都にいたほうが人気も儲けも上がるだろうに―西洋人巡業劇団によるシェイクスピア上演(小林かおり)
16. シェイクスピア翻案劇『オセロ』と植民地台湾―1910年代『臺灣日日新報』を中心に(呉佩珍)
17. これ、シェイクスピア、マジで?(吉原ゆかり)
18. 攪乱的女性身体―柿食う客「女体シェイクスピア」試論(エグリントンみか)
19. 現代のシェイクスピア上演における「異性配役」の可能性―登場人物の造形と観客反応(末松美知子)
20. アロ・リアリズムと内延的・外延的シェイクスピア―トランスヴァーサル・シアター・カンパニーによる『マクベス』・『ロミオとジュリエット』・『タイタス・アンドロニカス』(ブライアン・レノルズ、サミュエル・コロデッシュ/訳:松田幸子)

編者|editor

松田幸子(まつだ・よしこ)
高崎健康福祉大学講師。「フレッチャー作『ボンデューカ』における空虚な〈武勇〉」(Shakespeare Journal, 2016)等
笹山敬輔(ささやま・けいすけ)
演劇研究者。『幻の近代アイドル史』(彩流社、2014)、『昭和芸人 七人の最期』(文藝春秋、2016)等
姚紅(よう・こう)
白百合女子大学言語・文学研究センター研究員。日本比較文学会編『越境する言の葉』(彩流社、2011)等

お詫びと訂正

本書について以下の訂正がございます。ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

第20章「アロ・リアリズムと内延的・外延的シェイクスピア―トランスヴァーサル・シアター・カンパニーによる『マクベス』・『ロミオとジュリエット』・『タイタス・アンドロニカス』」ブライアン・レノルズ(目次3頁、本文458頁)は、正しくはブライアン・レノルズ、サミュエル・コロデッシュ共著となります。著者のお二人ならびに読者の皆様に謹んでお詫びして訂正いたします。

共著者のサミュエル・コロデッシュ氏の経歴は以下の通りです。

サミュエル・コロデッシュ(Samuel Kolodezh)
カリフォルニア大学アーヴァイン校 博士課程 演劇学専攻

松田幸子(まつだ・よしこ)高崎健康福祉大学講師。「フレッチャー作『ボンデューカ』における空虚な〈武勇〉」(Shakespeare Journal, 2016)等

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

鎌倉三猫 いまふたたび

鎌倉三猫いまふたたび

  • ソーントン不破直子(著)/2016年7月
  • 1500円(本体)/四六判上製156頁
  • 装丁・レイアウト:南 伸坊

小町、タマ吉、みなみの目くるめく冒険。
「いつか長靴をはいた旅猫になってアビシニアに行くんだ」
半径五〇〇メートルの神秘の宇宙。
(ISBN 9784861105159)

著者|author

ソーントン不破直子 (ソーントン・ふわ・なおこ)
1943年生まれ。米国インディアナ大学にて博士号を取得(比較文学)。現在、日本女子大学名誉教授。
著書に『鎌倉三猫物語』(春風社、2015)『戸籍の謎と丸谷才一』(春風社、2011)、訳書に『茶の本』(岡倉天心著、春風社、2009)など。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

幻想と怪奇の英文学Ⅱ―増殖進化編

幻想と怪奇の英文学Ⅱ

増殖進化編

  • 東雅夫・下楠昌哉(責任編集)/2016年7月
  • 3200円(本体)・四六判上製・480頁
  • 装丁・レイアウト:矢萩多聞
  • 装画:谷中安規

気鋭の文学者らが論じた幻想文学の本格的な研究・批評の集成
『幻想と怪奇の英文学』第2弾!

ジョイス『ダブリン市民』の「姉妹」新訳や、
翻訳家・平井呈一をめぐる対談(東雅夫×下楠昌哉)も収める。
(ISBN 9784861105166)

第1弾『幻想と怪奇の英文学』はコチラ

目次|indexes

前口上(東雅夫)
第1部 ゴースト・イン・リテラチュア

ジェイムズ・ジョイス「姉妹」の翻訳(訳・解説)(下楠昌哉)
薔薇十字会員の亡霊を降ろす/祓うこと―ジョイス「姉妹」の改稿とイェイツへの応答(田多良俊樹)
乱世のなかに夢幻を描く―英国に渡った郡虎彦と『義朝記』(鈴木暁世)
『フランケンシュタイン』の幽霊―伝承バラッドの再話として(小川公代)
「ぼくらはまた逢うだろう」―ディオン・ブーシコー『コルシカの兄弟』における幽霊の〈声〉と〈すがた〉(岩田美喜)
フィラデルフィアの幽霊屋敷―マット・ジョンソン『ラヴィング・デイ』における混血アイデンティティの呪縛と解放(白川恵子)
第2部 幻獣/変身/テクノロジー
甦る鳥たち―古代中世ヨーロッパにおける鷲とフェニックスの描写(大沼由布)
クエスティング・ビーストの探求―トマス・マロリーの不思議な動物(小宮真樹子)
スフィンクスの笑み―H・G・ウェルズ『タイムマシン』と人間の未来(遠藤徹)
或るモノとの「遭遇」―解剖学劇場の『ジキル博士とハイド氏』(石井有希子)
ファリントンはキーボードの夢を見るか―ジェイムズ・ジョイス『ダブリン市民』の「複写」と複製機械(桃尾美佳)
重なり合わない分身と分心―ウィリアム・シャープと尾崎翠「こほろぎ嬢」をめぐって(有元志保)
ラジオの描くモンスター―ルイス・マクニース『ダークタワー』と大衆の問題(川島健)
赤ずきんはなぜ狼になったのか―アンジェラ・カーター「狼三部作」(高橋路子)
鴉の娘の「新しいおとぎ話」―オードリー・ニッフェネガー『レイヴン・ガール』(金谷益道)
第3部 災疫のなかの奇跡
中世ヨーロッパの教訓的例話集にみるイノセントな子供たち―『アルファベット順逸話集』の奇蹟譚(小川真理)
悪、破局、そして笑い―災害の物語としてのジェイムズ・ホッグ『男の三つの危険』(金津和美)
崇高の向こう側―コーマック・マッカーシー『ザ・ロード』(山口和彦)
時空をかける女たち―ルース・オゼキ『有る時の物語』(臼井雅美)
対談 幻想と怪奇の匠・平井呈一の足跡を追って (東雅夫×下楠昌哉)
執筆者紹介(東雅夫によるメール・インタビュー)
あとがき(下楠昌哉)

 

編者|editors

東雅夫(ひがし・まさお)
神奈川県生まれ。アンソロジスト、文芸評論家。元『幻想文学』編集長、現『幽』編集長。著作に『遠野物語と怪談の時代』(角川選書、第 64回日本推理作家協会賞受賞)、『なぜ怪談は百年ごとに流行るのか』(学研新書)、『文学の極意は怪談である―文豪怪談の世界』(筑摩書房)、『日本幻想文学大全』『世界幻想文学大全』(編著、ともに全三冊、ちくま文庫)など。
下楠昌哉(しもくす・まさや)
東京都生まれ。同志社大学文学部教授、博士(文学)。著作に『妖精のアイルランド―「取り替え子」の文学史』(平凡社新書)、『イギリス文化入門』(責任編集、三修社)、訳書にイアン・マクドナルド『旋舞の千年都市』(東京創元社)、『クリス・ボルディック選 ゴシック短編小説集』(共訳、春風社)など。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する