敗戦・憂国・東京オリンピック―三島由紀夫と戦後日本

敗戦・憂国・東京オリンピック

三島由紀夫と戦後日本

  • 洪潤杓(著)/2015年8月
  • 3000円(本体)/四六判並製・344頁
  • 装丁:桂川潤

「欧米的」と「日本的」の狭間で揺れる
「戦前・戦後の連続性」「身体」「アイデンティティと歴史」「大衆消費社会」「アメリカナイズ」「ナショナリズム」「天皇制」などの観点から三島作品を分析。
戦後日本社会を鋭く受け止め、時代の変化を受容しつつ抵抗した三島像に迫り、戦後日本の表象を考察する。
(ISBN 9784861104633)

 

目次|indexes

第一章 三島由紀夫「憂国」における一九三六年と一九六〇年―不満から矛盾へ
第二章 三島由紀夫「十日の菊」における同一化への眼差し―〈見られる〉肉体の美学
第三章 三島由紀夫『美しい星』における〈想像された起源〉―純潔イデオロギーと純血主義
第四章 三島由紀夫と大衆消費文化―「自動車」「可哀さうなパパ」を中心に
第五章 「下らない」安全な戦後日本への抵抗―三島由紀夫「剣」における戦後日本の表象
第六章 三島由紀夫と一九六四年東京オリンピック―国際化と日本伝統の狭間で
第七章 〈現人神〉と大衆天皇制との距離―「英霊の声」を中心に

著者|author

洪 潤杓(ホン・ユンピョ)
1974年、韓国・春川生まれ。2009年、筑波大学大学院人文社会科学研究科博士課程終了。博士(文学)取得。高麗大学校非常勤講師、同大学のBK21中日言語文化教育研究団研究教授を経て、現在誠信女子大学校日語日文学科助教授。専門、日本近現代文学。

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

増補改訂 器としての身體―土方巽・暗黒舞踏技法へのアプローチ

増補改訂 器としての身體

土方巽・暗黒舞踏技法へのアプローチ

  • 三上賀代(著)/2015年8月
  • 3600円(本体)B5 判並製・256 頁
  • 装丁:長田年伸

土方巽から直接教えを受け現在も舞踏をつづける著者が、稽古ノートと体験をもとに土方巽・暗黒舞踏技法を解明する。
現在も世界中で拡大を続ける舞踏〈Butoh〉。
舞踏はどう評価され、位置づけられてきたのか。
「灰柱」「虫の歩行」……創始者・土方巽が独特の言語で表した暗黒舞踏技法とは?
『器としての身體』(ANZ堂、1993年)にさらなる研究の成果を加えた増補改訂版。
(ISBN 9784861104657)

 

目次|indexes

まえがき
序 課題と方法―土方暗黒舞踏技法への一歩
Ⅰ 生い立ちと原風景―『病める舞姫』を中心に
Ⅱ 時代背景と思想形成―上京から体験舞踏まで
Ⅲ 土方の主要作品と技法―二七年間の軌跡
Ⅳ 土方暗黒舞踏技法―「なる」身体
Ⅴ 「歩行」と「型」―舞踏技法を支えるイメージ
Ⅵ 消える構造―土方巽と芦川羊子のワークショップから
結 器としての身体―刻々の変貌
補章 土方巽・暗黒舞踏の受容と変容
1 野口体操と三木形態学を手掛かりに
2 研究現状・論文剽窃問題および東洋的身体論からの試み
あとがき
資料編

著者|author

三上賀代(みかみ・かよ)
舞踏家。京都精華大学教授。徳島県生まれ。お茶の水女子大学国文科卒、同大大学院博士課程修了(学術博士、舞踊学)。土方巽、野口三千三に師事。現在、とりふね舞踏舎を主宰し、国内外で舞踏公演を行う。共著に久保健編『「からだ」を生きる―身体・感覚・動きをひらく5 つの提案』(創文企画、2001年)がある。

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

美しき汚れーアーサー・マンビーとヴィクトリア朝期女性労働者の表象

美しき汚れ

アーサー・マンビーとヴィクトリア朝期女性労働者の表象

  • 吉本和弘(著)/2015年8月
  • 3000円(本体)四六判上製・266 頁
  • 装丁:長田年伸

英国紳士と女性労働者。階級を超えたスキャンダラスな愛から女性の肉体労働とジェンダー表象をさぐる―
女性労働者の写真を集めていたヴィクトリア朝時代の弁護士・詩人アーサーと、下層階級の女性肉体労働者ハナ。
階級を超えた二人の愛情関係を、豊富な写真資料をもとに考察。
写真という当時最新のテクノロジーが果たした役割についても論及する。
(ISBN 9784861104428)

 

目次|indexes

第1章 アーサーとハナの物語
第2章 女性労働者の肖像
第3章 「手」の隠喩と労働の記号論
第4章 女性労働者の黒さと男性化
第5章 ハナが観たバイロンの悲劇『サルダナパラス』
第6章 階級・ジェンダーの表象と写真の登場

著者|author

吉本和弘 (よしもと・かずひろ)
県立広島大学国際文化学科教授。著作に『イギリス イメージ横断―表象と文学』(共編,春風社2011)、『英文学の内なる外部―ポストコロニアリズムと文化の混交』(山崎弘行編,松柏社2003)がある。

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

いないも同然だった男

いないも同然だった男

  • パトリス・ルコント(著)/桑原隆行(訳)/2015年7月
  • 1800円(本体)/四六変型判・上製・188頁
  • 装丁:コトモモ社

名前:ジェラルド(ありふれた名前)
職業:模範的な銀行員(窓口には誰も並ばない)
家族:南米へ移住(置き去りにされたけれど気にしない)
年齢:三十歳そこそこ(誰にも誕生日を祝われない)
取るに足りない、影の薄い存在…。「誰にも見えない男」は美しい同僚へ愛を伝えるため、自分の存在を証明するため、英仏海峡を泳いで渡る計
画を立てるが…。
フランス映画の巨匠ルコントの最新作は、ちょっとまぬけで哀しい男の物語。
(ISBN 9784861104589)
日本図書館協会選定図書

★好評既刊パトリス・ルコントの本★
小説
ショートカットの女たち
リヴァ・ベラ
愉しみは最後に―二人のひどく不器用な自殺志願者の往復書簡
インタビュー集
映画はやめる―パトリス・ルコント、自作を語る

著者|auteur

パトリス・ルコント(Patrice Leconte)
フランスの映画監督。『レ・ブロンゼ』、『髪結いの亭主』、『橋の上の娘』など。近年はアニメーション映画『スーサイド・ショップ』や小説などの創作に励む。

訳者|traducteur

桑原隆行(くわはら・りゅうこう)
福岡大学教授。著書に『フェティシズムの箱』(大学教育出版)。パトリス・ルコント『ショートカットの女たち』、『リヴァ・ベラ』、『愉しみは最後に―二人のひどく不器用な自殺志願者の往復書簡』、インタビュー集『映画はやめる―パトリス・ルコント、自作を語る』、レイモン・ジャン『カフェの女主人』(いずれも春風社)など、現代フランス小説の訳書多数。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

アンドレ・バザン―映画を信じた男

アンドレ・バザン

映画を信じた男

  • 野崎歓(著)/2015年6月
  • 2300円(本体)/四六判上製・230頁
  • 装丁:細野綾子

新訳『映画とは何か』の理解を深める一冊!
トリュフォーを監督として育て上げ、映画批評の金字塔『映画とは何か』を著したアンドレ・バザン。
彼の美学は没後半世紀を超え、現代アジア映画、宮崎アニメにも通じるのか。
名仏文学者による待望の映画論。
(ISBN 9784861104565)
日本図書館協会選定図書

★「映画本大賞2015」(キネマ旬報社)第6位に選出されました!
★「まえがき」と本文の一部をお読みいただけます →コチラ
★刊行を記念してトークイベント&サイン会を開催します →終了しました。ありがとうございました。

 

目次より|indexes

第1章  開放されたスクリーン
『市民ケーン』という事件/サルトルVSウェルズ…
第2章  映画にとって現実とは何か―バザンによるロッセリーニ
トリノの聖骸布/「証明することではなく、ただ示すこと」…
第3章 残酷さの倫理
エリッヒ・フォン・シュトロハイム、残酷さの輝き/映画と死の体験…
第4章 文芸映画の彼方へ
「不純な映画」のために/『田舎司祭の日記』の成功…
第5章 「寡黙さ」の話法―バザンと現代台湾映画
台湾映画、香港映画のほうへ/蔡明亮、緘黙の果てに…
第6章 バザン主義 VS 宮崎アニメ
アニメを観るバザン?/宮崎駿的空間…

著者|author

野崎歓(のざき・かん)
1959年、新潟県生まれ。フランス文学者。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部仏文科教授。
2001年、『ジャン・ルノワール 越境する映画』(青土社)でサントリー学芸賞、2006年に『赤ちゃん教育』(青土社)で講談社エッセイ賞、2011年に『異邦の香り―ネルヴァル『東方紀行』論』(講談社)で読売文学賞を受賞。
2015年2月に『映画とは何か』(共訳、岩波書店)を翻訳・刊行したばかり。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

秘密のラティガン―戦後英国演劇のなかのトランス・メディア空間

秘密のラティガン

戦後英国演劇のなかのトランス・メディア空間

  • 大谷伴子(著)/2015年4月
  • 2700円(本体)/A5判並製・220頁
  • 装丁:長田年伸

演劇史から忘れ去られた劇作家が秘めていた魅力とは。
イギリス演劇からハリウッド映画まで、ヒット作から意欲的な社会派まで…。
様々なメディア・ジャンルを行き来した作品を、グローバルな枠組みで解釈する。
本邦におけるラティガン研究の第一歩!
(ISBN 9784861104480)

『日本経済新聞』(2015年5月17日)読書面「あとがきのあと」で紹介されました。
「劇作家の命運と国際情勢」

2刷出来!!

目次より|indexes

序章 戦後英国演劇とグローバルなメディア文化―ラティガン再評価のために
第1章 笑劇仕立てのイングリッシュネス―『お日様の輝く間に』と英米関係の表象
第2章 ラティガン『アフター・ザ・ダンス』と “Bright Young Things”の政治文化―パラサイト、雇用、“the Exchange Telegraph”
第3章 ラティガンの「まじめな劇」と戦争プロパガンダの文化―ソフトパワーとしての『炎の滑走路』と『大空への道』?
第4章 『眠れるプリンス』とヨーロッパ冷戦―「短い20世紀」におけるバルカン問題
終章 『ブラウニング版』再読―グローバルなトランス・メディア空間のなかのラティガン

著者|author

大谷伴子( おおたに・ともこ)
東京学芸大学講師。専攻は、初期近代イギリス演劇、現代イギリス文化。
著書に『マーガレット・オブ・ヨークの「世紀の結婚」―英国史劇とブルゴーニュ公国』(春風社、2014)

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

お爺ちゃんと大砲

お爺ちゃんと大砲

  • オタ・フィリップ(著)/北岡武司(訳)/2015年3月
  • 2500円(本体)/四六判並製・285 頁
  • 装丁:矢萩多聞

チェコの作家が描いた大戦をまたぐ大人のメルヘン!
死んだはずのお婆ちゃんから手紙が届いた。
大砲の技師だったお爺ちゃんは、僕に日記を残して旅立った。
そこで明かされるお婆ちゃんとの関係とは?
大戦前後のチェコを舞台に、戦争や運命に翻弄される人々を描く。
ドイツで1981年に発表された小説、初の邦訳。
(ISBN 9784861104466)
日本図書館協会選定図書

 

著者|author

オタ・フィリップ(Ota Filip)
1930年、チェコ生まれ。新聞やラジオ局で編集の仕事をしながら、プラハ大学の通信教育で文学とジャーナリズムを学ぶ。
1968年の「プラハの春」の頃、出版社の顧問をしていたが、翌年に体制批判文書出版を理由に逮捕される。
1974年にはチェコスロヴァキア市民権を剥奪され、西ドイツに逃亡。1977年、ドイツ公民権を取得。
東側ブロック崩壊後は、ドイツとチェコとの和解というテーマで執筆活動をしている。
他の小説に『墓地通りのカフェ』(日本未出版)がある。

訳者|translator

北岡武司(きたおか・たけし)
哲学者、詩人。1948年、兵庫県生まれ。岡山大学名誉教授。
著書に『「銀河鉄道の夜」の世界』(みずのわ出版、2006年)、訳書に『カント全集〈10〉たんなる理性の限界内の宗教』(岩波書店、2010年)など。

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

中世英語英文学Ⅰ―その言語・文化の特質

中世英語英文学Ⅰ

その言語・文化の特質

  • 菊池清明(著)/2015年3月
  • 4500円(本体)/A5判上製・288頁
  • 装丁:松田晴夫(クリエイティブ・コンセプト)

翻訳だけでは伝わらない〈音〉の魅力に着目した評論
『カンタベリー物語』『ガウェイン卿と緑の騎士』『梟とナイチンゲール』など、
14 世紀のリズミカルな英語で紡ぎだされた作品を例に、言語・文化の両面から〈音の文学〉としての魅力にふれる。
(ISBN 9784861104282)

 

目次より|indexes

第1部 文化・文学編
第1章 中世文学―その時代の諸相と特質
第2章 中世イギリス文化と「個」の意識―小説の起源を求めて
第3章 中世英語英文学、あるいはその現代性
第4章 英語史的/文体論的英詩鑑賞のすすめ
第5章 言語、あるいは文学研究のゆらぎとひろがり―ジョン・ハインズ『過去からの声:英文学と考古学』を読む
第6章 『ガウェイン卿と緑の騎士』研究の一書―鈴木榮一『サー・ガウェイン頌』を読む
第7章 マニュスクリプト・コンテクスト研究の成果と課題―Thorlac Turville-Petre, England the Nation: Language, Literature, and National Identity 1290-1340を読む
第2部 言語編
第1章 The Owl and the Nightingaleへの個別文体論的アプローチ
第2章 Sir Gawain and the Green Knightと登場人物の文体的個別性
第3章 Sir Gawain and the Green Knightにおける二人称代名詞YEとTHOUの交代移行について
第4章 中英語テクストの多様性/多義性と辞書
第5章 Sir Gawain and the Green Knightにおけるacole and kyse―clip and kysseとその異形
第6章 The Owl and the Nightingaleにおける反復
第7章 Repetitive Word Pairsの諸相
第8章 中世文学とテクスト校訂―『梟とナイチンゲール』二つのテクスト校訂

著者|author

菊池清明(きくち・きよあき)
1952年、東京都生まれ。
1982年、関西外国語大学大学院英語学専攻博士後期課程修了。
愛媛大学助教授、東京都立大学・首都大学東京教授を経て、現在、立教大学文学部教授。言語文化学博士(大阪大学)。
2003年-2004年、オックスフォード大学英文学科招聘研究員並びにオックスフォード大学ユニバーシティ・コレッジ上級客員研究員。
2012年-2013年、オックスフォード大学キャンピオン・ホール客員研究員、ハワイ大学マノア校客員研究員。

 

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

鎌倉三猫物語

鎌倉三猫物語

  • ソーントン不破直子(著)/2015年2月
  • 1500円(本体)/A5判上製・165頁
  • 装丁:南伸坊

小町、タマ吉、みなみが行く。四季折々の中で繰り広げられる三猫の小さな冒険。
学者一家と暮らす猫たちが隣猫と出会ったり、長歌を詠んだり、ときには鳥を仕留めたり……かわいくて、リアルで、ちょっとこわい毎日。
(ISBN 9784861104305)

著者|author

ソーントン不破直子(ソーントンふわ・なおこ)
1943年生まれ。米国インディアナ大学にて博士号を取得(比較文学)。現在日本女子大学名誉教授。著書に『戸籍の謎と丸谷才一』(春風社、2011)、訳書に『茶の本』(岡倉天心著、春風社、2009)など。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

ブロンテ小説における病いと看護

ブロンテ小説における病いと看護

  • 川崎明子(著)/2015年2月
  • 3500円(本体)/四六判上製・372頁
  • 装丁:矢萩多聞

「病い」は彼女たちにとって最高のインスピレーションだった。
結核、チフスなどにかかった病人と、看護をとおして交わされる言葉。代表作における病いと看護を、ブロンテ姉妹の想像力の源泉としてとらえる新しい解釈。
(ISBN 9784861104275)
日本図書館協会選定図書

目次より|indexes

序章 祝福としての病い
Ⅰ ブロンテ小説における病い
第1章 病いの展開と報告―七作品におけるプロットと報告価値
第2章 ロマンティックな苦しみから自己パロディへ―シャーロット・ブロンテの語りの変遷
第3章 診断と解釈のアポリア―『嵐が丘』のネリー論争
Ⅱ ブロンテ小説における看護
第4章 一九世紀中期のナース業―看護師、子守、家事使用人、家庭教師、母親
第5章 子守ベッシーを超えて―ジェイン・エアが理想のナースになるまで
第6章 フロレンス・ナイティンゲールの先駆者たち―『シャーリー』のナースたち
第7章 痛みの一事例―『ヴィレット』における「母の喪失」
第8章 アン・ブロンテの働く母親たち―『アグネス・グレイ』と『ワイルドフェル・ホールの住人』
終章 三姉妹三様の病いと看護

著者|author

川崎明子(かわさき・あきこ)
駒澤大学文学部英米文学科准教授。共著に『イギリス文学入門』(三修社、2014年)など多数。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する