鈴木哲也著『学術書を読む』への弊社代表三浦の書評が『図書新聞』に掲載されました

『図書新聞』第3473号/2020年11月28日号に、鈴木哲也著『学術書を読む』(京都大学学術出版会、2020年)への弊社代表・三浦衛の書評が掲載されました。「生きるに値する世界構築のためのゼロ地点 読むほどに、共感し、納得する」

『学術書を読む』の詳細は、下記ウェブサイトでご覧になれます。
https://www.kyoto-up.or.jp/books/9784814003013.html

『アフリカの森の女たち』の図書紹介が『グローカル天理』に掲載されました

『グローカル天理』Vol.21 No.11(2020年11月)に『アフリカの森の女たち―文化・進化・発達の人類学』(ボニー・ヒューレット 著/服部志帆、大石高典、戸田美佳子 訳)の図書紹介が掲載されました。評者は森洋明先生(天理大学)です。「閑話:熱帯雨林の話」「これまで知ることがなかったアフリカの「奥地」での、女性たちの生活の生の「語り」」

『教育と他者』の書評が『近代教育フォーラム』に掲載されました

『近代教育フォーラム』第29号/2020年に『教育と他者―非対称性の倫理に向けて』(橋本憲幸 著)の書評が掲載されました。評者は市川秀之先生(千葉大学)です。「不可逆性への配慮をしてもなお国際教育開発あるいは教育一般を行おうとする際に、教育者が何をもってして「行ってよい」と判断しうるのか」

『人生の意味を問う教室』の書評が『図書新聞』に掲載されました

『図書新聞』第3470号/2020年11月7日号に『人生の意味を問う教室―知性的な信仰あるいは不信仰のための教育』(ネル・ノディングズ 著/井藤元、小木曽由佳 訳)の書評が掲載されました。評者は林泰成先生(上越教育大学)です。「宗教的、形而上学的、実存的な問いの教育は可能か?」

『多様化する子どもに向き合う教師たち』が『凡人社通信』で紹介されました

凡人社発行の新刊案内『凡人社通信』No.338/2020年10月15日号に『多様化する子どもに向き合う教師たち―継承語教育・補習授業校におけるライフストーリー研究』(瀬尾悠希子 著)の図書紹介が掲載されました。
本案内は https://bonjinsha.com/wp/wp-content/uploads/2020/10/2020.10.pdf でご覧になれます。

『「エビデンスに基づく教育」の閾を探る』が「Be a Learner」で紹介されました

日本教育研究イノベーションセンターウェブサイト「Be a Learner」内の記事「EBPMと「子どもの主体化」との間の深淵」(友野伸一郎氏)に、『「エビデンスに基づく教育」の閾を探る―教育学における規範と事実をめぐって』(杉田浩崇・熊井将太 編)の図書紹介が掲載されました。詳細は、同ウェブサイト[https://be-a-learner.com/7058/]でご覧になれます。

『合法性と正当性』の書評が『図書新聞』に掲載されました

『図書新聞』第3467号/2020年10月17日号に『合法性と正当性―ワイマール期におけるカール・シュミット、ハンス・ケルゼンおよびヘルマン・ヘラー』(デイヴィッド・ダイゼンハウス 著/池端忠司 訳)の書評が掲載されました。評者は安章浩先生(尚美学園大学)です。「三人の公法学者の比較検討から「ワイマールの教訓」を導き出す 憲法改正の主張の是非を考える上で大いに啓発される一冊」