『永遠なるカミーノ』の書評が『図書新聞』に掲載されました

『図書新聞』第3464号(2020年9月19日)に『永遠なるカミーノ―フランス人作家による〈もう一つの〉サンティアゴ巡礼記』(ジャン=クリストフ・リュファン 著、今野喜和人 訳)の書評が掲載されました。評者は黒川類氏(評論家)です。「作家が紡ぐ巡礼記 カミーノ(サンティアゴ巡礼路)がこちらの深奥へと入り込んでくる」

『イエス運動・マルコ・哲学』の書評が『現代思想』に掲載されました

『現代思想』2020年9月臨時増刊号「コロナ時代を生きるための60冊」に『イエス運動・マルコ・哲学』(三上真司 著)の書評が掲載されました。評者は入不二基義先生(青山学院大学)です。「この世界から自由になろうとする回心は、世界と反-世界の「転倒」」

 

『永遠なるカミーノ』の図書紹介が『クロスワードキング』に掲載されました

『クロスワードキング』第416号(2020年10月号)に『永遠なるカミーノーフランス人作家による〈もう一つの〉サンティアゴ巡礼記』(ジャン=クリストフ・リュファン 著/今野喜和人 訳)の図書紹介が掲載されました。「シンボルのホタテガイの標を頼りに歩く現代巡礼のドキュメンタリー」

『同定の政治、転覆する声』の書評が『wamだより』に掲載されました

『wamだより』Vol.45(2020年7月/アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」発行)に『同定の政治、転覆する声―アルゼンチンの「失踪者」と日系人』(石田智恵 著)の書評が掲載されました。「17人の日系失踪者とその親族たちの生は、独裁政権期の「人権」問題と、ヨーロッパ移民の国と言われてきたアルゼンチンの人種主義がいかに交差するものかを教えている」

『開発と文化における民衆参加』の書評が『図書新聞』に掲載されました

『図書新聞』第3458号(2020年8月1日)に『開発と文化における民衆参加 タンザニアの内発的発展の条件』(阪本公美子 著)の書評が掲載されました。評者は池野旬先生(京都大学名誉教授)です。「開発と文化をめぐる壮大な試論。開発でめざされるべき目標の設定と到達行程に関して、多様で移ろいやすい意見を誰がどのように調整・統合しうるのか等、メゾレベルで実践的に論点整理した続編を期待」

『共同体による自己形成』の書評が『教育学研究』に掲載されました

『教育学研究』第87巻第1号(2020年3月)に『共同体による自己形成―教育と政治のプラグマティズムへ』(生澤繁樹 著)の書評が掲載されました。評者は平井悠介先生(筑波大学)です。「今日の価値多元化社会、多文化社会に求められる社会正義の構想を描き出そうとする試み」

『アフリカの森の女たち』の書評が『グローカル天理』に掲載されました

『グローカル天理』Vol.21 No.7(2020年7月)に『アフリカの森の女たち―文化・進化・発達の人類学』(ボニー・ヒューレット 著/服部志帆、大石高典、戸田美佳子 訳)の書評が掲載されました。評者は堀内みどり先生(天理大学)です。「変わっていく生活と文化的な世界に向き合う」

全文はこちらでお読みいただけます。