『教室における政治的中立性』の書評が『図書新聞』に掲載されました

『図書新聞』第3516号/2021年10月23日号に、ダイアナ・E・ヘス著/渡部竜也、井上昌善、岩崎圭祐監訳『教室における政治的中立性―論争問題を扱うために』の書評が掲載されました。評者は斉藤仁一朗先生(東海大学)です。「論争問題学習の意義や葛藤に映し出されるアメリカ社会の現状と課題、そして可能性」

『開発と文化における民衆参加』の書評が『アジア・アフリカ地域研究』に掲載されました

『アジア・アフリカ地域研究』第21-1号(2021年9月)に『開発と文化における民衆参加―タンザニアの内発的発展の条件』(阪本公美子 著)の書評が掲載されました。評者は中澤芽衣先生(高崎経済大学)です。「タンザニア研究者や国際協力を志す人には,必ず手にとってほしい 1 冊である.」

『家族を生み出す』の書評が『図書新聞』に掲載されました

『図書新聞』3515号/2021年10月16日号に、横田祥子著『家族を生み出す―台湾をめぐる国際結婚の民族誌』の書評が掲載されました。評者は西村一之先生(日本女子大学)です。「日本外から訪れ社会の一員となる人々さらには日本にやってきて家族を作り暮らす人々の存在、そして多文化共生という言葉に隠れてしまうかれらと編みだす日常について考える上で、台湾社会を一つの鏡として重要な示唆を与えてくれる良書」

『社会学的システム理論の軌跡』の書評が『図書新聞』に掲載されました

『図書新聞』3513号/2021年9月25日号に、赤堀三郎著『社会学的システム理論の軌跡―ソシオサイバネティクスとニクラス・ルーマン』の書評が掲載されました。評者は高橋顕也先生(立命館大学)です。「本書はソシオサイバネティクスおよび社会学理論をめぐるコミュニケーションにおいて回帰的に言及され続け、一つの固有値となっていくに違いない」

 

『ナショナリズムの空間』の書評が『図書新聞』に掲載されました

『図書新聞』3513号/2021年9月25日号に、今野泰三著『ナショナリズムの空間―イスラエルにおける死者の記念と表象』の書評が掲載されました。評者は細田和江先生(東京外国語大学)です。「本書を端緒として「ユダヤ」イデオロギーの再生産についての研究が次々と世に現れることを期待したい」

『「共生社会」と教育』の書評が『日本教育新聞』に掲載されました

『日本教育新聞』2021年9月13日号に、坂口真康著『「共生社会」と教育―南アフリカ共和国の学校における取り組みが示す可能性』の書評が掲載されました。「学校教育改革の意味や影響を考察(…)語られる「共生」は私たちが抱くものと異なることに気付くだろう」

『小学校英語に児童文学を』の書評が『英語教育』に掲載されました

『英語教育』10月号(第70巻第8号/2021年10月1日発行)に『小学校英語に児童文学をー絵本・ナーサリーライム・ストーリーテリングの世界に遊ぶ』(吉田真理子・執行智子・佐藤佳子 著)の書評が掲載されました。評者は小林めぐみ先生です。「確かな教材を選び、その教育的要素を見極めれば、ガードナーのいう多重知能(MI)を考慮した学習活動を創ることができるということを本書は教えてくれる」

『我、アメリカノ敵ヲ発見セリ』の書評が『図書新聞』に掲載されました

『図書新聞』第3512号/2021年9月18日号に、島克也著『我、アメリカノ敵ヲ発見セリ―ハインラインの青少年向け小説における白人性』の書評が掲載されました。評者は浅見克彦先生(和光大学)です。「一人の作家の格闘を追いながら戦後アメリカの社会的な権威、ないしは支配の構造をあぶり出す」