『多様化する子どもに向き合う教師たち』の書評が『異文化間教育』に掲載されました

『異文化間教育』第56号(異文化間教育学会編/2022年9月)に、瀬尾悠希子著『多様化する子どもに向き合う教師たち―継承語教育・補習授業校におけるライフストーリー研究』の書評が掲載されました。評者は谷口ジョイ先生(静岡理工科大学)です。「補修授業校で教える3名の教師が、どのように教育に対する考えや価値観、信念を構築しそれを変化させるか」

◆異文化間教育学会ウェブサイト>学会誌最新刊:https://www.intercultural.jp/journal/journal-new/

『ノー・ルール!』の書評が『図書新聞』に掲載されました

『図書新聞』2022年9月17日号に、吉田文久著『ノー・ルール!:英国における民俗フットボールの歴史と文化』の書評が掲載されました。評者は中房敏朗先生(大阪体育大学教授)です。「著者は、二〇年近い現地調査を通して、民俗フットボールを近代スポーツの前史に位置づけてきた従来の研究に、疑問を抱く」

 

『先祖祭祀と墓制の近代』の書評が『宗教研究』に掲載されました

『宗教研究』404号に、問芝志保著『先祖祭祀と墓制の近代―創られた国民的習俗』の書評が掲載されました。評者は鈴木岩弓先生(東北大学名誉教授)です。「「通説」として無批判的に受容される傾向が高かった先学の大小の主張に対し、逐一素朴な“疑問の眼”をもって対峙」

 

『心理臨床 セラピストの身体と共感』の書評が『人間性心理学研究』に掲載されました

『人間性心理学研究』Vol.40 No.1(日本人間性心理学会編/2022年)に、山田美穂著『心理臨床 セラピストの身体と共感―ダンス/ムーブメントとフェルトセンスの活用』が掲載されました。評者は濱野清志先生(京都文教大学)です。「セラピストとクライエントが展開する相互の変容のプロセスに、セラピストの身体に視座を置いて向き合い、その本質を明らかにした」

『身体を彫る、世界を印す』の書評が『週刊読書人』に掲載されました

『週刊読書人』2022年9月2日号に、山本芳美、桑原牧子、津村文彦 編著『身体を彫る、世界を印す―イレズミ・タトゥーの人類学』の書評が掲載されました。評者は山本達也先生(静岡大学人文社会科学部准教授)です。「イレズミ・タトゥーを目にする機会が増えれば増えるほど、多様な問いや関心が浮上してくる。その際、先達がまさに身をもって経験してきたことをこうして示してくれたことは、後学の調査や研究にとって極めて大きな意味を持つはずである」

 

 

『学校と生活を接続する』の書評が『日本教育新聞』に掲載されました

『日本教育新聞』2022年8月8・15日号に、田中怜著『学校と生活を接続する―ドイツの改革教育的な授業の理論と実践』の書評が掲載されました。「ドイツの「改革教育」の歩みを「学校と生活の接続」から照射し、「問題史的アプローチ」「教育方法学」の観点から分析した。両者の接続を実現させようと試みては挫折し、新たなチャレンジが始まる転変から……新たな地平を切り開こうと企てている」

書評は下記URLからもご覧になれます。
◆日本教育新聞ウェブサイト NIKKYO WEB:https://www.kyoiku-press.com/post-247660/

『教育のリーダーシップとハンナ・アーレント』の書評が『日本デューイ学会紀要』に掲載されました

『日本デューイ学会紀要』第62号(日本デューイ学会/2021年10月)に、ヘレン・M・ガンター著/末松裕基・生澤繁樹・橋本憲幸訳『教育のリーダーシップとハンナ・アーレント』の書評が掲載されました。評者は松下良平先生(武庫川女子大学)です。「アーレントの思想を手がかりにしながら、全体主義への「結晶化」に抵抗し、オルタナティブを提示するための思索を粘り強く展開する」

『女子サッカー選手のエスノグラフィー』の書評が『図書新聞』に掲載されました

『図書新聞』第3554号/2022年8月6日号に、申恩真著『女子サッカー選手のエスノグラフィーー不安定な競技実践形態を生きる』の書評が掲載されました。評者は大勝志津穂先生(愛知東邦大学)です。「彼女たちが女性アスリートとして存在するために、チームや地域社会、組織・機関、職場などさまざまな環境の中にあるジェンダー構造と闘っていることを明らかにした」