『心理臨床 セラピストの身体と共感』の書評が『心理臨床学研究』に掲載されました

『心理臨床学研究』Vol. 40 No.4(日本心理臨床学会編/2022年10月)に、山田美穂著『心理臨床 セラピストの身体と共感』の書評が掲載されました。評者は山本力先生(就実大学)です。「「(身体反応を含めた)逆転移の臨床的な活用」は、古くて新しいテーマであり続けている」

『「よりどころ」の形成史』の書評が『琉球新報』に掲載されました

『琉球新報』(2023年1月22日付)に、月野楓子著『「よりどころ」の形成史――アルゼンチンの沖縄移民社会と在亜沖縄県人連合会の設立』の書評が掲載されました。評者は新垣誠先生(沖縄キリスト教学院大学)です。「ウチナーンチュの紐帯の強さという物語を移民社会との関係性にも求める現代沖縄において、本書は新たな問題意識を提起する書でもある」

『女子サッカー選手のエスノグラフィー』が『朝日新聞』書評委員が選ぶ「今年の3点」で紹介されました

『朝日新聞』(2022年12月24日)読書欄「書評委員が選ぶ「今年の3点」」で、申恩真著『女子サッカー選手のエスノグラフィー』が紹介されました。評者は神林龍先生(一橋大学)です。「プロであるために必要なのは個人の姿勢だけではなく、社会の位置づけであることは一般の労働者でも同様だろう」

『プルーフロックの世界』の書評が『英文学研究』に掲載されました

『英文学研究』Vol. 99(日本英文学会編/2022年12月)に、遠藤光著『プルーフロックの世界―T.S.エリオットの限りなく悩めるもの』が掲載されました。評者は三宅昭良先生(東京都立大学)です。「エリオットはプルーフロックその他の仮面をとおして、都会の裏面にうごめく虐げられた人々に対する「限りない」愛を訴えている」

『モダニズムの胃袋』の書評が『英文学研究』に掲載されました

『英文学研究』Vol. 99に、大西祥惠著『モダニズムの胃袋―ヴァージニア・ウルフと同時代の小説における食の表象』が掲載されました。評者は川崎明子先生(駒澤大学)です。「材料から食べ物を作ることは、素材から文学作品を創作することと、ある程度通じるはずである」

『めぐりあうテクストたち』の書評が『英文学研究』に掲載されました

『英文学研究』Vol. 99(日本英文学会編/2022年12月)に、惣谷美智子・岩上はる子編『めぐりあうテクストたち―ブロンテ文学の遺産と影響』が掲載されました。評者は侘美真理先生(東京藝術大学)です。「「元テクスト」と新たなテクストの関係性は、オマージュ、パロディ、批判、破壊など様々」

『一九四〇年代素人演劇史論』の書評が『演劇学論集』に掲載されました

『演劇学論集』第75号(日本演劇学会編/2022年)に、小川史著『一九四〇年代素人演劇史論―表現活動の教育的意義』の書評が掲載されました。評者は畑中小百合先生(大阪大学)です。「「内発性」に、演劇のもつ真の教育的意味と可能性を見出しているのである。それは、人びとが自身の抱え持つ表現への欲求と真摯に向き合い、それにふさわしい言葉を獲得する過程であり、さらにはそれを表現することで社会と対峙する過程でもある」