森鴎外、創造への道程

森鷗外、創造への道程みち

  • 小倉斉(著)/2022年1月
  • 5364円(本体)/四六判上製528頁
  • 装丁:毛利一枝

創造の現在へ
多種多様な人物との出会いから生まれた交響、共鳴、あるいは摩擦が、やがて鴎外の豊かな創造への道程みちを切り開くことになる。

(ISBN 9784861107894)

目次|contents

凡例
一 愕堂・魯庵・紅葉と鷗外の交響――鷗外宛書簡に見る出会いのドラマ
二 文学者鷗外の出発
三 鷗外、初期文学評論活動の一側面
四 「文学と自然」論争における鷗外――「「文学ト自然」ヲ読ム」の残した課題
五 「明治二十二年批評家の詩眼」における鷗外と忍月
六 鷗外・逍遙対立の淵源
七 鷗外と廃娼問題
八 森鷗外と久米桂一郎――学問と芸術の交響
九 森鷗外初期の文体意識
十 「舞姫」における文語文体再生の背景
十一 〈合評〉という名のドラマ――「三人冗語」「雲中語」の鷗外
十二 小倉時代、鷗外の一面
十三 明治文学における〈浦島説話〉の再生――露伴、鷗外、逍遙を中心に
十四 明治四十二年、鷗外の一面――小説の方法への模索
十五 金井湛の〈詞〉意識――「ヰタ・セクスアリス」論のために
十六 「青年」論――構造上の破綻をめぐって
十七 「高瀬舟」を読む――庄兵衛の眼差しが捉えたもの
十八 翻刻「護持院原の敵討」森鷗外自筆原稿

原題・初出一覧
あとがき
索引

著者|author

小倉斉(おぐら・ひとし)
日本文学研究者。愛知淑徳大学文学部国文学科教授。1951年岐阜県生まれ。1977年3月早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。著書に、高柴慎治との共訳書『夜窓鬼談』(春風社、2003年)、酒井敏・林正子・増田裕希との共編著『森鷗外書簡集3〈う-お〉編』(文京区立森鷗外記念館、2021年)等があり、論文に、「『夜窓鬼談』物語世界」(『新日本古典文学大系明治編3・漢文小説集』「月報」、2005年8月)、「澁澤龍彥、没後二〇年目の再生」(『日本近代文学』78集2008年5月)、「世界が眠ると言葉が眼を覚ます―詩人・寺山修司の〈言葉〉」(『愛知淑徳大学大学院文化創造研究科紀要』1、2014年3月)、「龍膽寺雄の挑戦―「放浪時代」を中心に―」(『愛知淑徳大学大学院文化創造研究科紀要』8、2021年3月)、「『高丘親王航海記』を読む―澁澤龍彥の最後の旅を追って―」(『愛知淑徳大学論集―文学部篇―』第46号別冊、2021年3月)等がある。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

自然と人生とのあいだ―自然主義文学の生態学

自然と人生とのあいだ

自然主義文学の生態学

  • 永井聖剛(著)/2022年1月
  • 4291円(本体)/四六判上製380頁
  • 装丁:矢萩多聞
  • 装画:ミロコマチコ

自然のうちに人生を見、人生のうちに自然を見る
〈自然〉とは、実体としての「自然」ではなく、自他の境界をいったん無化し、再編成する――類化を促す機縁あるいは環境であり、またその手段でもある。
「日本自然主義文学」を〈「自然」をめぐる近代思想〉という新たな視点から読みかえる。
(ISBN 9784861107900)

目次|contents

序章  思想としての〈自然〉
第一章 自然としての人生―徳冨蘆花『自然と人生』と無常観の近代
第二章 田舎教師の復讐―田山花袋『田舎教師』における自己肯定の方法
第三章 初期『中学世界』における〈文学〉の再編成―「中学=世界」への参与と逸脱
第四章 「文章=世界」を生きる中学生たち―『中学世界』から『文章世界』への移行
第五章 〈自然〉のインターテクスチュアリティ―田山花袋はニーチェをどう読んだか
第六章 精神主義は自然主義である―清沢満之と田山花袋、あるいは他力思想としての自然主義
第七章 修養と自然―青年の変容と中年の誕生
第八章 Kとは誰のことか―KとT、あるいは独歩と花袋
第九章 自然のコンポジション―田山花袋『時は過ぎゆく』の構図と構成
終章 〈自然主義〉の現在と未来

著者|author

永井聖剛(ながい・きよたけ)
1968年、静岡県生まれ。横浜市立大学文理学部卒業。早稲田大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。博士(学術)。
愛知淑徳大学創造表現学部教授。専門は日本近代文学。
主な著書に『自然主義のレトリック』(2008年、双文社出版)、論文に「異種混交体としての「です」調―山田美妙『白玉蘭(別名壮士)』にみる「大衆文学」への水脈―」(2015年、『日本近代文学』)など。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

日系インドネシア人のエスノグラフィ―紡がれる日系人意識

日系インドネシア人のエスノグラフィ

紡がれる日系人意識

  • 伊藤雅俊(著)/2022年1月
  • 4200円(本体)/A5判上製316頁
  • 装丁:中本那由子

日本でもインドネシアでもほとんど知られていない、しかし現に存在している人びとの記録。

太平洋戦争後もインドネシアに残留した日本兵たち。彼らとその子孫が、どのように日本を想いながら、今まで生活してきたのか。インドネシアと日本に住む四世代への調査を通して、「日系インドネシア人である」とはいかなることなのかを描く。

「戦争はあってはいけないことですが、悲惨な戦争が起こらなければ私は生まれていなかったわけです。我々日系人は存在していないわけです。本当に父親に感謝ですよ」(日系インドネシア人二世の語り 本文より)

(ISBN 9784861107696)

本書の「まえがき」を公開しています。こちらからご覧ください。

目次|contents

まえがき
序章

第1部 日系インドネシア人一世とオラン・ジュパン
第1章 スマトラ北部における日系インドネシア人一世
第2章 日系インドネシア人一世同士の交流
第3章 オラン・ジュパンとなった日系インドネシア人一世

第2部 日系インドネシア人二・三世の日系人意識
第4章 スマトラ北部における日系インドネシア人二・三世の現状
第5章 福祉友の会メダン支部の活動と役割
第6章 日系インドネシア人二・三世同士の出会いとその後の交流
第7章 日系インドネシア人二・三世の日本に対する想い
第8章 日本文化と日系人意識の保持

第3部 日系インドネシア人の渡日就労と日本での生活世界
第9章 日系インドネシア人の渡日就労
第10章 渡日就労者の世代交代と人的ネットワーク
第11章 日系インドネシア人の日本での生活世界
終章


参照文献
あとがき
索引

著者|author

伊藤雅俊(いとう・まさとし)
日本大学国際関係学部・助教
博士(国際関係) 専門は地域研究(東南アジア)
主な著作に、「オラン・ジュパンとなった日系インドネシア人一世たち ―スマトラ島北スマトラ州の事例から」(『国際文化表現研究』第17号、2021年)、「滞日インドネシア人ムスリムのイスラーム的実践―口にできるものを口にすればよい」(『比較生活文化研究』第27号、2020年)。主な訳書に『ジャパニーズ・ディアスポラ―埋もれた過去、闘争する現在、不確かな未来』(足立信子編、吉田正紀との共訳、新泉社、2008年)

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

インド ムガル皇帝の肖像―ムガル細密画の光り輝く世界

インド ムガル皇帝の肖像

ムガル細密画の光り輝く世界

  • 宮原辰夫(著)/2022年1月
  • 3500円(本体)/A5判並製228頁
  • 装丁:矢萩多聞

ムガル皇帝一族の繁栄と没落の絵巻物語
ムガル帝国はアフガニスタンのカーブルからはじまる――かれらはインドの地に何を残したのか?
皇帝の回想記や欧州の旅行家・宣教師たちの旅行記を通して細密画を検証し、16~17世紀のムガル皇帝とその一族の栄枯盛衰を描く。

(ISBN 9784861107719)

目次|contents

序章 ローディー朝 最後のスルターン イブラーヒーム・ローディー
第1章 初代皇帝 バーブル
第2章 第2代皇帝 フマーユーン
第3章 第3代皇帝 アクバル
第4章 第4代皇帝 ジャハーンギール
第5章 第5代皇帝 シャー・ジャハーン
第6章 第6代皇帝 アウラングゼーブ

著者|author

宮原辰夫(みやはら・たつお)
文教大学国際学部教授。慶應義塾大学博士(法学)。専門は政治学・地域研究(南アジア)。著書に『イギリス支配とインド・ムスリム』(成文堂)、『インド・イスラーム王朝の物語とその建築物』(春風社)、『ムガル建築の魅力―皇帝たちが築いた地上の楽園』(春風社)、『講義 政治学入門―デモクラシーと国家を考える』(春風社)、共訳書に『イスラームと民主主義』(成文堂)、など。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

学校づくりの概念・思想・戦略―教育における直接責任性原理の探究

学校づくりの概念・思想・戦略

教育における直接責任性原理の探究

  • 石井拓児(著)/2021年12月
  • 4000円(本体)/A5判上製304頁
  • 装丁:長田年伸

学校自治や教育環境は、誰がいかにして決定するのか?
一九五〇年代以降の日本の管理統制的な教育政策への対抗から生じ、自主的・創造的な教育活動としてはじめられた「学校づくり」概念の成立過程を、法制度・課程計画・実践運動の面から多角的に考察。現代の新自由主義的な教育政策による「特色ある学校づくり」といった改革が来した課題を指摘し、民主的な教育活動を保障する社会制度、および地域的・共同的な関係性の再構築に向けて、その意義と方法枠組みを提言する。
(ISBN 9784861107580)

目次|contents

序章 学校づくりと教育の自由と自主性
第一章 一九五〇年代における学校づくり概念の発生とその源流――民間教育運動における学校づくり実践
第二章 教育の国家統制と学習指導要領の変質――学習指導要領の基準性と排除性をめぐる問題
第三章 地教行法体制の成立と学校運営秩序の整備――学校の経営管理からの教職員の排除過程
第四章 学校づくりの基礎的原理としての内外事項区分論と教育課程の経営戦略
第五章 学校づくり実践の具体的展開と住民自治
第六章 教育における公共圏形成の課題と学校づくりのダイナミズム
第七章 新自由主義教育改革下の学校づくりの困難と危機
結章 学校づくりの総合的考察
文献一覧
あとがき
索引

著者|author

石井拓児(いしい・たくじ)
一九七一年、北海道生まれ。奈良で育つ。名古屋大学大学院教育発達科学研究科博士課程後期課程単位所得満期退学。博士(教育学)。現在、名古屋大学大学院教育発達科学研究科生涯発達教育学講座教授。専門分野は教育行政学、教育法学。主な共編著に『コンメンタール教育基本法』(学陽書房、二〇二一年)、『教職員の多忙化と教育行政――問題の構造と働き方改革に向けた展望』(多賀出版、二〇二〇年)、『新自由主義大学改革――国際機関と各国の動向』(東信堂、二〇一四年)。主要論文に「新自由主義大学改革と大学財政システムの変容―日本型大学財政システムの歴史的特質と問題点」(『法の科学』五〇、二〇一九年)、「公教育財政制度の日本的特質と教育行政学研究の今日的課題――教育における福祉国家論と内外事項区分論争を手がかりに」(『日本教育行政学会創立50周年記念誌』二〇一六年)など。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

十八世紀スイス文学とシュトゥルム・ウント・ドラング―源流としての美学的共和主義

十八世紀スイス文学とシュトゥルム・ウント・ドラング

源流としての美学的共和主義

  • 今村武(著)/2022年1月
  • 4000円(本体)/A5判上製296頁
  • 装丁:矢萩多聞

チューリヒからドイツへ、そしてヨーロッパ全土へ――
ゲーテやレンツらが活躍した18世紀ドイツの文学、疾風怒濤(シュトゥルム・ウント・ドラング)の源流をスイスにたどり、「啓蒙のネットワーク」という視点から文学的・美学的な影響関係を明らかにする。

(ISBN 9784861107757)

目次|contents

第一章 十八世紀チューリヒの文学的状況
第二章 スイス疾風怒濤の伝播と影響
第三章 交差する啓蒙のネットワーク
第四章 クロプシュトックのチューリヒ滞在
第五章 スイスのヴィーラント
第六章 ヴィーラントの叙事詩『キュロス大王』
第七章 ルソー『新エロイーズ』とシュトゥルム・ウント・ドラング
第八章 『若きヴェルテルの悩み』と『新エロイーズ』
第九章 レンツ『家庭教師』と『新エロイーズ』
第十章 スイスのヴェルテル

著者|author

今村武(いまむら・たけし)
東京理科大学教養教育研究院教授。専門は18世紀ドイツ文学、ドイツ演劇。著書に、『救いと寛容の文学―ゲーテからフォークナーまで』(共著、春風社、2019年)、『人間関係から読み解く文学―危難の時の人間関係』(共著、日本人間関係学会・文学と人間関係部会編、開文社出版、2014年)、『近代ドイツ文学の萌芽と展開』(南窓社、2012年)、『不道徳な女性の出現―独仏英米の比較文化』(南窓社、2011年)等がある。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

韓国経済史―先史・古代から併合まで

韓国経済史

先史・古代から併合まで

  • 李榮薫(著)、須川英徳・加藤裕人・大沼巧(訳)/2021年12月
  • 7000円(本体)/A5判上製664頁
  • 装丁:長田年伸

東アジア史の大きな潮流を捉え、朝鮮半島における原初共同体から小農社会成立以降までを実証的に論じた、歴史認識を覆す経済通史。

(ISBN 9784861107825)

目次|contents

目次
はじめに
日本語版への序文

第1章 韓国経済史の方法
1.研究史の回顧
2.何を書くべきか
3.新たな時代区分
第2章 文明の曙
1.先史時代の韓半島
2.烟の成立
3.族長社会
4.国家の出現
第3章 孔烟から丁戸へ
1.7世紀末の農村
2.丁の成立
3.統一新羅の社会
第4章 国人と佃戸
1.集権的支配体制の展開
2.農民と社会
3.元服属期の社会と経済
第5章 儒教的転換
1.朝鮮王朝の創業
2.国田制の再編
3.支配体制の二元化
4.両班と奴婢
5.経済体制と社会
第6章 小農社会
1.市場経済の台頭
2.小農経済の展開
3.小農社会の様相
4.国家的再分配経済
第7章 危機
1.19世紀の停滞
2.帝国主義の到来
3.1880年代の混沌
4.対外貿易の展開と伝統経済の再編
5.黄昏の大韓帝国

参考文献
訳者あとがき
索引

著者|author

李榮薫(イ・ヨンフン)
1951年生まれ。ソウル大学大学院修了、経済学博士。
韓神大学・成均館大学を経てソウル大学経済学部教授、2017年で定年退職。
韓国経済史学会・韓国古文書学会などの会長を歴任。
学術出版賞も数多く受賞(韓国、豪州)。
本書は、退職記念のための書下ろし。

訳者|translators

須川英徳(すかわ・ひでのり)
1957年生まれ。横浜国立大学教育学部、教育人間科学部、大学院都市イノベーション学府教授を経て、2017年より放送大学教授。博士(経済学)。主な著書・論文に『李朝商業政策史研究』(東京大学出版会、1994年)、編著『韓国・朝鮮史への新たな視座』(勉誠出版、2017年)、「一九世紀朝鮮の経済状況をめぐる新たな歴史像」(『朝鮮史研究会論文集』54、2016年)、「高麗末から朝鮮初における武についての試論」(『韓国朝鮮文化研究』17、2018年)など。

加藤裕人(かとう・ひろと)
1981年生まれ。東京学芸大学大学院博士後期課程修了、博士(学術)。
神田外語大・横浜国大・亜細亜大学などで非常勤講師、担当:韓国語・朝鮮史。
主要論文:「高麗末期 恭愍王の『王』の歴史」(『韓国・朝鮮史への新たな視座』勉誠出版、2017年)。「朝鮮前期仏教史に対する歴史学的研究の推移と問題」(『年報朝鮮学』19号、2016年)他。

大沼巧(おおぬま・たくみ)
1990年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程在学中。
主要論文:「海税徴収の実態と近代的「所有権」概念との矛盾」須川英徳編『韓国・朝鮮史への新たな視座』勉誠出版、2017年。「大韓帝国期における漁税徴収の実態と「所有権」の整理」『朝鮮学報』246、2018年、他。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

ファッションとテクノロジー―英国ヴィクトリア朝ミドルクラスの衣生活の変容

ファッションとテクノロジー

英国ヴィクトリア朝ミドルクラスの衣生活の変容

  • 長谷部寿女士(著)/2021年11月
  • 4500円(本体)/A5判上製386頁
  • 装丁:矢萩多聞

工業化を遂げた19世紀英国において、「テクノロジー」はファッションにどのような影響を与えたのか。
ミドルクラス女性のファッションに焦点を当て、ミシンの普及や衣服改革運動を論じつつ、着飾るという行為に対する意識と実践を明らかにする。

(ISBN 9784861107627)

目次|contents

序章 テクノロジーとファッションが結びついた時代
第Ⅰ部 ファッションアイテムにおけるテクノロジー―クリノリン、カシミア・ショール、バッスルと身体シルエットの変遷
第1章 一八五〇年代~一八六〇年代のクリノリンスタイルに見るテクノロジー
第2章 一九世紀イギリスの模造品ショールのデザイン―フランスとインドからの影響
第3章 一八七〇年代~一八八〇年代のバッスルスタイルと装飾、ディスプレイ
第Ⅱ部 衣服製作過程におけるテクノロジーと、衣生活の変化
第4章 ミシン産業の進展とミドルクラスへの普及
第5章 パターンの進展と衣服製作の変容
第Ⅲ部 反装飾によるテクノロジー―パリモードの模倣から脱したオリジナリティの追求
第6章 唯美主義の有用性と個性の表現―ホイス夫人のマニュアル本におけるドレスの唯美性をつうじて
第7章 衣服改革運動のなかのドレスにみるテクノロジー―針からハサミへ
終章 手の経験から生まれる服装意識

著者|author

長谷部寿女士(はせべ・すめじ)
日本女子大学ほか非常勤講師。博士(文学)。専門はイギリスを中心とした服飾文化。主要研究業績:‘The Development of Patterns and The Transformation of Middle-Class Every Clothing in 19th Century Britain’, Journal of the International Association of Costume No. 56, 2020.、「ヴィクトリア朝イギリスの上層ミドルクラスにおける唯美主義ドレス―ホイス夫人のマニュアル本の影響について―」『服飾美学』第64号、2018年、「19世紀イギリスの模造品ショールのデザイン―フランスとインドのデザインからの影響―」『服飾文化学会誌』第17号、2017年。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

野村芳兵衛の教育思想―往相・還相としての「生命信順」と「仲間作り」

野村芳兵衛の教育思想

往相・還相としての「生命信順」と「仲間作り」

  • 冨澤美千子(著)/2021年11月
  • 3630円(本体)/四六判上製272頁
  • 装丁:長田年伸

明治後期から昭和期の教育者である野村芳兵衛による教育実践の可能性を、大正自由教育運動といった社会的な動向の影響をふまえ、独自に生み出された教育思想から考察。池袋児童の村小学校や岐阜公立学校での実践と構想を解明し、自他の相即的・同時的な救済の倫理に基づく、共に生きるための教育の意義を探究する。
(ISBN 9784861107504)

目次|contents

序章 野村芳兵衛の「生命信順」と「仲間作り」の教育思想を問う意味
第一章 野村芳兵衛の生涯
第二章 「生命信順」の教育思想――他力の教育への覚醒過程
第三章 「協力意志に立つ教育」の具現化としての「野天学校」と子ども概念
第四章 「親交学校」を基盤にした「仲間作り」の教育と「協働自治」
第五章 「学習学校」と綴方教育における「教科書を作る教育」――「仲間作り」を基盤にした「生活科」の構想
第六章 「仲間作り」の教育思想――他力の教育実践の可能性
終章 野村芳兵衛の教育思想における往相と還相の論理
参考文献一覧
論文初出
あとがき
索引

著者|author

冨澤美千子(とみざわ・みちこ)
横浜美術大学美術学部教授、同大学教職課程主任。博士(文学)。専門は教育学、教育思想史、カリキュラム研究。大阪大学大学院人間科学研究科臨床人間学講座教育人間学専攻博士前期課程修了、奈良女子大学大学院人間文化総合科学研究科社会生活環境学専攻博士後期課程修了。著書に『子どもの創造力を育む総合的な学習の時間』(単著、大学教育出版、2021年)、『学びあう食育――子どもたちのニュースクール』(共著、中央公論新社、2009年)、『子どもの側に立つ学校――生活教育に根ざした主体的・対話的で深い学びの実現』(共著、北大路書房、2017年)、『教育の知恵60――教師・教育者を励まし勇気づける名言集』(共著、一藝社、2018年)、『教職概論――理想の教師像を求めて』(共著、大学教育出版、2020年)、論文に「野村芳兵衛の綴方教育における『仲間作り』の意義と重要性」『カリキュラム研究』第25号、日本カリキュラム学会、2016年。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

戦後日本のコミュニティ・シアター― 特別でない「私たち」の演劇

戦後日本のコミュニティ・シアター

特別でない「私たち」の演劇

  • 須川渡(著)/2021年11月
  • 4500円(本体)/A5判上製370頁
  • 装丁:中本那由子

「演劇で食べていく」のみにあらずの演劇の形
戦後日本における、演劇に従事しない素人の演劇活動「コミュニティ・シアター」の実態を考察。岩手県を拠点とする劇団ぶどう座の「地域演劇」や、占領期の「円形劇場」運動、障害者施設での演劇実践など、多様なコミュニティのなかで繰り広げられる演劇の豊かな在り様を探る。2020年に逝去したぶどう座代表・川村光夫氏のインタビューも収録。
(ISBN 9784861107641)

◆日本演劇学会 2022年度日本演劇学会河竹賞奨励賞 受賞

目次|contents

はじめに

序章 コミュニティ・シアター概観

第1部 劇団ぶどう座の地域演劇
第1章 地域演劇の試行――劇団ぶどう座創設
第2章 サークル文化運動としての演劇実践――稽古場建設運動・『嵐と沼』・『町長選挙』
第3章 ローカリティを越える民話劇――劇団ぶどう座『めくらぶんど』
第4章 民話劇の系譜――劇団ぶどう座『うたよみざる』
第5章 地域演劇のこれから――銀河ホール創設からの広がり

第2部 コミュニティ・シアターの実験――円形劇場を中心に
第6章 日本占領期における「円形劇場」の試み――CIEによる普及活動を手がかりに
第7章 劇空間の革新――大阪円型劇場研究会・月光会(一九五二〜六二年)の理論と実践

第3部 秋浜悟史の演劇実践――東北から関西へ
第8章 秋浜悟史の劇作品における「故郷」――『冬眠まんざい』『啄木伝』
第9章 循環するドラマ――知的障害者施設あざみ・もみじ寮の演劇実践

資料
1 川村光夫 インタビュー
2 劇団ぶどう座および川村光夫年譜
3 大阪・円型劇場研究会月光会 上演リスト(一九五二~六二年)
4 秋浜悟史および知的障害者施設あざみ・もみじ寮における演劇活動年譜

おわりに

謝辞
初出一覧
主要参考文献一覧
索引

著者|author

須川渡(すがわ・わたる)
福岡女学院大学人文学部准教授。大阪大学大学院文学研究科修了。博士(文学)。専門は演劇学。主に東北地方の農村を中心とした戦後日本の地域演劇について調査研究を行っている。共著に『漂流の演劇――維新派のパースペクティブ』(大阪大学出版会)がある。

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する