牡牛と信号―<物語>としてのネパール

牡牛と信号

<物語>としてのネパール

  • 山本真弓/2002年11月
  • 2200円(本体)/四六判・290頁

小説のようなネパール現代史― 米国「開発専門家」が、ネパールの牝牛と米国の牡牛を掛け合わせ、乳の生産量を上げようとしたけれど、牡牛はネパールの牝牛と交わろうとしない。セックスしたがらない! 何ゆえに!? このブラックジョークの意味するところは?
日本図書館協会選定図書
(ISBN 4921146608)

推薦の言葉

ネパールのこんぐらかった現実を、山本さんは分析するより先にまるごと生きる。
ひとりの社会学者として、また母親として、女として、ときには野次馬として。
―谷川俊太郎(詩人)

目次|indexs

大嵐の日、カトマンズで 佐々木幹郎
<美しい>カトマンズ
ある陰謀
ニュータウンのなかのカーペット工場
「ガイジン・ナンバー」の後部座席
アニータ
リトル・アメリカ
牡牛と信号
辞めた理由
女の年齢
ウッタムの死
イスラム教徒がやってきた
国境の街へ(一)
国境の街へ(二)
国境の街へ(三)
改宗
再生

著者|author

山本真弓(やまもと・まゆみ)
1958年大阪生まれ。87~89年までインド留学およびネパールでの現地調査。95~97年まで、カトマンズの日本大使館勤務。現在、山口大学人文学部助教授。
著書に『ネパール人の暮らしと政治』(中公新書)、『ジャワハルラル・ネルー大学の学生たち 南アジアからの視点』(拓植書房)など。訳書に『ブータンの政治』(レオ・ローズ著、明石書店)。

担当編集者から

谷川俊太郎さんが春風社を気に入ってくれ、多聞君の装丁のもと、こんな素敵な本が出来ました。小説よりも面白い奇奇怪怪なネパール現代史。[-三浦-]

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

Languages and Language Policies in Insular Southeast Asia : Focusing on the Philippines and Malaysia 

Languages and Language Policies in Insular Southeast Asia

Focusing on the Philippines and Malaysia

  • 河原俊昭/2002年11月
  • 5950円(本体)/A5判・210頁

島嶼部東南アジアの国々は、多言語社会であり、そこでは土着の言語、旧宗主国の言語、移民の言語、ピジン・クレオールなどが見られる。各言語は日常の社会活動の中で、二つの機能(実用機能と自己確認機能)を示すと同時に、互いに機能を補足しあっている。そうした状況下での、東南アジア諸国の言語政策を問う。(*本文は英語)
(ISBN 4921146640)

目次|indexs

1 General Linguistic Situations of Insular Southeast Asia
1.1 An Overview of Sociolinguistic Situations
1.2 Languages Spoken in Each Country
1.3 An Overview of the Historical Background of Sociolinguistic Situations
2 Lingusitic Situations in a Filipino Family and Two Functions of Language
2.1 A Case Study of a Filipino Family
2.2 Function of Language
2.3 Two Functions in a Society
2.4 Development of Two Functions as a Whole
3 Linguistic Situations in a Malaysian Family and Linguistic Verticality
3.1 A Case Study of a Malaysian Family
3.2 Diglossia
3.3 Practical/Identifying Function and Verticality
3.4 Verticality of Sociolinguistic Structure
3.5 Characteristics of Verticality
3.6 Competence Disparity and Elite Closure
3.7 Identifying Function (Dummy High)
4 Language Policy
4.1 What Is Language Policy?
4.2 Language Policies in Developed Countries and Developing Countries
4.3 Analysis of Language Policies
4.4 The First Point: The Selection of a New Common
4.5 The Second Point: The Replacement of Colonial Language
4.6 The Third Point: The Replacement of Immigrant
4.7 Appeal of Nationalism
4.8 Education
4.9 The Fourth Point: The Sophistication of Language
4.10 Identifying Function and Pidgin/Creole
5 Lingusitics Verticality: Its Comparison and Its Transition
5.1 Comparison of Gactors Deciding Language Policies
5.2 Structure of Linguistic Verticality
Conclusions and Suggestions

著者|author

河原俊昭(かわはら・としあき)
1950年石川県生まれ。東京大学文学部卒業。金沢大学教育学部教育学科研究科修了(教育学修士)。金沢大学社会環境科学研究科修了(社会環境科学博士)。現在、金沢星陵大学教授。
著書に『アジア英語辞典』(共著、三省堂)、『異文化理解の座標軸』(共著、日本図書センター)、『自治体の言語サービス 多言語社会への扉をひらく』(春風社)など。

担当編集者から

河原先生は東南アジアの言語事情・言語政策を研究。とくにフィリピンとマレーシアに詳しい。そのきっかけはフィリピン人の奥様との出会い、とのこと。[-山岸-]

 

※品切れ重版未定

L’INTERACTION EXOLINGUE:ANALYSE DE PHENOMENES METALINGUISTIQUES

L’INTERACTION EXOLINGUE

ANALYSE DE PHENOMENES METALINGUISTIQUES

  • 石川文也/2002年12月
  • 8476円(本体)/A5判・576頁

フランス語を外国語として学習する日本人が、フランス人とフランス語を使っておこなう日常会話の中で、実際にどのようなメタ言語が言語習得に関わっているのか。日常会話で使われるメタ言語は、フランス語クラスで使われるメタ言語とどのように異なっているのか。これらの問題を分析的に考察する!(*本文フランス語)
(ISBN 4921146594)

目次|indexs

Introduction
Chapitre 1. Description des situations du point de vue de l’echange verbal
Chapitre 2. Mise en lumiere de la structure des interactions
Chapitre 3. Les conceptions du metalangage
Chapitre 4. Analyse du metalangage dans le discours de la classe de langue
Chapitre 5. Specificites enonciatives du discours en classe de langue
Chapitre 6. Aspects metalinguistiques de l’interaction entre natif et non natif en situation «naturelle»
Chapitre 7. A la recherche de traces linguistiques indicatives de l’appropriation de la langue en situation «naturelle»
Conclusion

著者|author

石川文也(いしかわ・ふみや)
東京大学教養学部卒業後、スタンダール=グルノーブル第三大学で社会言語学を、ジュネーヴ大学とヌシャンテル大学で語用論を中心とする言語理論と言語取得論を、パリ第三大学=新ソルボンヌ大学でディスクール分析を学ぶ。パリ第三大学=新ソルボンヌ大学外国語としての フランス語教育論専攻において博士(言語・文化教育論)を取得。専門は ディスクール(会話)分析。現在、立教大学教授、パリ第三大学=新ソル ボンヌ大学研究グループDELCA-DILTEC研究員。

担当編集者から

大学卒業後、いったん社会に出てから大学院へ。パリ大学で博士号をとった石川先生はかなりの映画通。立教大学では、映画を題材にした講義も行う。[-山岸-]

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

おばあちゃん、イギリスへおいで

おばあちゃん、イギリスへおいで

  • 早坂慶子/2002年11月
  • 1500円(本体)/四六判・320頁

母を気遣う娘のこまやかな目線がとらえた異文化体験記。86歳の母親をノッティンガムに誘う娘からのファックスレター105通。「おばあちゃん。ここはお年寄りが多い街ら しくバスでも通りでも、きれいなおばあさん をよく見かけます。張り合ってみるチャンス ですよ…」(本文より)
日本図書館協会選定図書
(ISBN 4921146527)

目次|indexs

第1部 イギリス生活の始まり
第2部 ノッティンガムは素敵な街
第3部 楽しく、たくましく
第4部 ケンブリッジとブタペストにて
第5部 東京の兄たちへ

著者|author

早坂慶子(はやさか・けいこ)
国際基督教大学大学院博士前期課程を経て、現在は北星学園大学社会福祉学部教授。
専門分野は英語教育・応用言語学。Spoken/Writen Discourse(話し言葉・書き言葉の談話分析研究)に取り組んでいる。
著書にBasic Practice in English Pronunciation, Practice in English Reduced Forms(いずれも共著)など。

担当編集者から

おばあちゃん(著者のご母堂)の話をされるとき、本当にやさしいお顔の早坂先生。表紙カバーの色校正刷りを見たおばあちゃんが歓声を上げて喜んだとか。装丁の多聞君もそれを聞いて大喜び。(山)

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

ごめんください。ワタクシ国会議員学生秘書です。

ごめんください。ワタクシ国会議員学生秘書です。

  • 丹羽文生/2002年10月
  • 1314円(本体)/四六判・140頁

「給与詐欺」「口利き」「名義貸し」…。国会はいま、秘書が絡んだ不正疑惑に揺れている。秘書というだけでダーティーなイメージがつきまとう。しかし、国民のためにという強い信念をもって活動する政治家もいる。高い志を心に秘めた秘書も大勢いる。本書が国民の政治不信を取り除くための一助になればと、ひとりの男が立ちあがった。若き学生秘書の笑い満載の実録。国会議員のヒミツ(!)、教えます。
(ISBN 4921146551)

目次|indexs

Ⅰ バラエティあふれる秘書活動
銀座のクラブのおねえさんが秘書に抜擢!?
陳情処理は最もだいじな仕事
ホストに変身!
国会活動レポート・編集の心得
大騒ぎの国会建学
ミニ後援会花ざかり
「おやじのため」でなく「自分のため」
秘書の一日
Ⅱ イメージとちがう国会議員の生活
国会議員の仕事とは?
国会議員は真面目!?
“タダの人”にならないために
質素な食生活
国会議員の生活資金はサラリーマン並!?
代表質問に感動
Ⅲ 国会のオキテ?
先生と言われるほどのバカでなし
年上でも女性でも審議中は「君」づけ
国会乱闘における与野党の戦略
棒読み禁止
汚いヤジが飛び交う本会議場
失業したのになぜ万歳?
Ⅳ 選挙は血を流さない戦争
公示前から始まっている
当落予想に惑わされるな
ボランティアの功罪
誹謗中傷合戦
「みなさんのおかげ」と「じぶんのせきにん」
Ⅴ 永田町の常識、世間の非常識!?
黒はエライ色
赤絨毯に寝ころびたい
議員バッチは通行証
議員専用エレベーターの怪
「飯が違う」
政治資金パーティーはやめられない
師弟対談 政治ってオモシロイ! 中津川博郷vs丹羽文生

著者|author

丹羽・文生(にわ・ふみお)
1979年生まれ。現在、国士舘大学大学院政治学研究科政治学専攻修士課程に在籍するかたわら、選挙区(東京都第十六区)担当の秘書として、お茶くみ、掃除、肩もみなどの雑務はもちろん、政策調査、選挙活動にも精力的に取り組む。

担当編集者から

政界のジャニーズ、丹羽文生君の日々奮闘努力ドキュメント。ボク三浦は、『ごめワタ秘書』出版記念パーティーで熱弁をふるう丹羽君に思わず涙してしまった。こんなに熱い若者がまだこの日本にいたのかと。[-三浦-]

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

ロマンとしてのスポーツ 

ロマンとしてのスポーツ

  • 加藤元和/2002年10月
  • 2200円(本体)/四六判・上製・300頁

スポーツの醍醐味は、知的快楽だ!スポーツは恋愛に似ているか?ゲームとスポーツはどこが違うのか?武士道とスポーツマンシップの相違点は? スポーツ史から見た人間の <あそぶ>を追求する初めてのスポーツ文化エッセイ集。
日本図書館協会選定図書
(ISBN 4921146543)

目次|indexs

○スポーツとは楽しみの意味
○羊飼いはバットとボール好き
○十字軍とテニスの意外な関係
○ゴルフに取りつかれた男たち
○漫画とスポーツ
○武士道としてのスポーツマンシップ
○一球のエレジー
○現代スポーツという矛盾

著者|author

加藤元和(かとう・もとかず)
スポーツ史家。京都教育大学名誉教授。
東京教育大学体育学部卒業。ドイツ体育大学ドクターコース中退後、東京大学大学院博士課程教育学研究科修了。大阪体育大学教授、金沢大学教育学部教授、京都教育大学教授を歴任。現在、大阪体育大学短期大学部特任教授。
日本体育学会理事、評議員、同体育史分科会会長を歴任。
同人誌『石頭』を二十数年にわたり主宰。

担当編集者から

歌人でもある加藤先生の雅号は石頭太郎。本書にも数首収録してます。(山)

 

この本を注文する

〔品切重版未定〕

有料老人ホームのすすめ 

有料老人ホームのすすめ

  • 大久保貞義/2002年10月
  • 1429円(本体)/四六判・280頁

これからは、有料老人ホームの時代です― ロイヤルハウス石岡の事例から、有料老人ホームに暮らす人々、家族の声をお届けする。有料老人ホームの入居者の生の声・家族の声を多数収録。
(ISBN 492114656X)

目次|indexs

見学と体験入居のすすめ
満足のいく有料老人ホームとは
それぞれの決断
痴呆症になったら
介護する人のストレス
多様な人生に多彩な満足を
公的介護保険が日本の福祉を変える

著者|author

大久保貞義(おおくぼ・さだよし)
東京大学教育学部卒業。スタンフォード大学大学院、プリンストン大学大学院に留学。東京大学教育学部非常勤講師、北里大学非常勤講師、自治医科大学非常勤講師、文部省定時制高校快晴専門懐疑委員。
主な著書に『老いゆくこころとからだ』(近代文芸社)、『有料老人ホームの活用法』(ぎょうせい)など。

担当編集者から

装丁はゼロクターヴの植松さん。著者の「こんな書体で」という希望を上手に取り入れてくれました。[-山岸-]

 

この本を注文する

〔品切重版未定〕

デューイ・人間性実現への教育―米国カリキュラム開発を考える

デューイ・人間性実現への教育

米国カリキュラム開発を考える

  • 海谷則之/2002年10月
  • 2857円(本体)/A5判・300頁

<デューイ>は子どもを救えるか? 教育哲学者の泰斗・デューイ。その思想を発展的に継承し、教育の荒廃が進むアメリカにおける改革へのとりくみを検証しつつ、人間性実現への途を探る。
(ISBN 4921146578)

目次|indexs

第一章 デューイにおける人間性の科学と教育学
第一節 人間性の構造―習慣・衝動・知性の構造的連関
第二節 習慣と衝動
第三節 衝動と知性
第四節 習慣と知性
第五節 人間性実現への教育
第二章 性格教育とカリキュラム
第一節 知的優秀性の開発
第二節 学び方の学習―「構造」の習得
第三節 ブルーナーにおける性格教育の目標
第四節 カリキュラム開発と生活経験の重要性
第五節 教育の社会的最適性と個人的最適性
第三章 教育におけるインタレストとディシプリン
第一節 デューイにおけるインタレストとディシプリン
第二節 ウィルソンにおけるインタレストとディシプリン
第三節 新しいディシプリン概念
第四節 理論的ディシプリンと実際的ディシプリン
第五節 人間中心カリキュラム
第四章 学問中心カリキュラムとその克服
第一節 カリキュラム編成の原理
第二節 フェニックスとシュワブのディシプリン論
第三節 知識の論理的分類
第四節 学習経験の選択と教育目標の設定
第五節 学問中心カリキュラムの問題点
第六節 パイデイア・プログラム
第五章 優秀性追求のカリキュラム改革
第一節 危機に立つ国家と教育
第二節 優秀性の概念
第三節 優秀性の四つの意味
第四節 優秀性達成の戦略
第五節 一般教育と専門教育の相互依存
第六章 公立高校のドロップアウト問題と対策
第一節 優秀性追求の教育とドロップアウト問題
第二節 ドロップアウトの現状
第三節 ドロップアウトの社会経済的・文化的要因
第四節 ドロップアウトの理由
第五節 ドロップアウト対策
第六節 公立学校の再建―自由競争と教育的責任の原理
第七章 乳幼児の精神発達と教育
第一節 乳幼児の精神発達と母親の役割
第二節 ボウルビィのアタッチメント理論
第三節 言語的・社会的刺激の重要性
第四節 教育する家庭
第五節 幼児教育プログラムの人間化
第八章 貧困対策と幼児教育の改革
第一節 子どもたちと大人社会との新しい関係
第二節 ヘッドスタート計画
第三節 母親の関与と家庭プログラム
第四節 幼児の秘密
第五節 家庭改善のための総合的サービス

著者|author

海谷則之(うみたに・のりゆき)
1943年宮崎県生まれ。龍谷大学大学院文学研究科博士課程単位取得。現在、龍谷大学文学部教授(教育哲学・宗教教育学)。
著書に『苦海を越えて』(探求社)、『現代教育への視座』(八千代出版、共著)など。

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

大地にしがみつけ―ハワイ先住民女性の訴え

大地にしがみつけ

ハワイ先住民女性の訴え

  • H.K.トラスク著・松原好次訳/2002年7月
  • 2800円(本体)/四六判・370頁

観光客よ、ハワイにはもう来るな! 土地や言葉を奪われたハワイ先住民が、アメリカ帝国主義を批判し、文化の売春を強いる観光産業を糾弾。先住民復権運動の最前線にいる著者が、先進国の傲慢さを鋭く斬る!
(ISBN 4921146500)

推薦の言葉

観光客よ、ハワイにはもう来るな!
ハワイ先住民の怒りは、深く激しい。先住民の破滅に手を貸し、「文化の売春」を強要しているのは、観光客だからだ。ハワイを侵略して幻想の楽園に仕立て上げたアメリカと、それに悪ノリしている日本人の罪は重い。
―本多勝一(ジャーナリスト)

目次|indexs

第1部 楽園ではないハワイ
第1章 先住民の娘から
第2章 白人よ、「われわれ」とは誰のこと?
第3章 愛らしいフラ・ガールの手―観光産業と先住ハワイ文化の身売り
第2部 「白人大学」のハワイ先住民
第1章 ハワイ大学における人種差別―個人的かつ政治的な見解
第2章 人種差別主義と学問の自由
第3章 先住民学生の連帯―ハワイ大学の場合
第3部 先住民から見たハワイの歴史
ハワイ王朝転覆の真相
第4部 主権を求めて
第1章 先住ハワイ民族と人権
第2章 太平洋諸島の政治―帝国主義と先住民族の自決
第3章 新しい世界秩序
第5部 大地にしがみつけ
第1章 ハワイ先住民のナショナリズム
第2章 女性の力と主権回復運動
第3章 新植民地主義と先住民族

著者|author

ハウナニ=ケイ・トラスク
ハワイ大学教授。アメリカ合衆国本土のウィスコンシン大学で政治学の博士号を取得後、ハワイ大学のアメリカ研究学科を経て、現職に就く。ハワイ王国転覆の経緯を描いたドキュメンタリー・フィルムの制作にあたっては、プロデューサー兼脚本家として参画。ハワイ先住民運動指導者の一人として、国内国家を目指した主権回復運動に取り組んでいる。

訳者|translator

松原好次(まつばら・こうじ)
湘南国際女子大学短期大学教授。専門は言語社会学、特に先住民族言語の復権運動。
著書に『Indigenous Languages Revitalized?』(春風社)、『グローバル・コミュニケーション論』(ナカニシヤ出版、共著)。

担当編集者から

トラスク教授に原書の構成変更を願い出たが、最初は断られる。再度、日本語版編集意図をメールして、快諾。トラスク教授も絶賛の装丁は、矢萩多聞さん。[-山岸-]

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する

倭寇 商業・軍事史的研究

倭寇

商業・軍事史的研究

  • 太田弘毅/2002年7月
  • 13000円(本体)/A5判函入・602頁

14~16世紀にかけて活躍した海賊集団・倭寇。その密貿易商としての実態、八幡大菩薩信仰とのかかわりを漢文史料の忠実な読解から明らかにする大著。
(ISBN 4921146519)

目次|indexs

第一部 倭寇による詐術の行動形態
一 朝鮮半島における詐術の形態―倭寇が装った現地人の姿―
二 倭寇の中国大陸への接近・侵入―ニセ中国人としての行動形態―
三 倭寇が装ったニセ中国人―中国船舶入手問題を中心に―
第二部 倭寇と中国人との結託関係
一 倭寇の求めた麦と米―前・後期それぞれの差異―
二 北シナ・南シナと倭寇―それぞれの勾引・接済関係の比較検討―
第三部 倭寇による密貿易と日本刀
一 倭寇船舶による商業活動の一形態―「清雅」の品と、「刀鎗之類」の売りさばき―
二 日本刀の行方―倭寇史の一齣―
三 倭寇が密輸出した刀と扇
第四部 倭寇による密貿易と火器用軍需物資
一 南北朝内乱と征西府の密輸―明国諜叛事件に関連して―
二 倭寇による焔硝の密輸入―中国から日本へ―
三 倭寇をめぐる焔硝と硫黄と火薬
四 倭寇王王直をめぐる火器と軍需物資・再論
五 王直と暹羅貿易―軍需物資を中心に―
六 王直による外国産鉄の日本運び込み―「暹羅鉄」を中心に―
第五部 倭寇と八幡大菩薩信仰
一 八幡大菩薩信仰と「バハセン」―後期倭寇船舶=「八幡船」説の提唱―
二 応永の外寇と神国思想―神功皇后・八幡大菩薩の再現―
三 応永の外寇と「第三の神風」―神国思想の発展―

著者|author

太田弘毅(おおた・こうき)
1939年宮城県仙台市生まれ。早稲田大学第一文学部東洋史専修卒業。同大学院文学研究科東洋史(修士課程)修了。現在、東北女子大学教授。
著書に『蒙古襲来―その軍事史的研究―』(錦正社史学叢書)。

担当編集者から

著者も本も超堅物(笑)でも歴史マニアは必読! 面白いですよ。高いけど。[-内藤-]

 

この本を注文する

Amazonで注文する Hontoで注文する 楽天ブックスで注文する